鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)

  • 435人登録
  • 4.04評価
    • (32)
    • (37)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 五十嵐藍
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155589

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)の感想・レビュー・書評

  • 所々で不覚にも笑ってしまった。こういうの好き。

  • ふむ、吾朗ちゃんって昔はあんな感じだったのか。シリアスな要素なしで単なるハイテンションギャグのままでも良かったような気もするけど、まあそんなに気になるほどではないか。

    とりあえず姉貴がエロ可愛くてもう……よくエロスには恥じらいがないといけないって言うけど、あくまでイタズラとしての色仕掛けも良いものである。

    あとは肩車した姉貴が上から見下ろすシーンはちょっと良い感じにだったなぁー

  • [漫画] 鬼灯さん家のアネキ 2巻
    http://orecen.com/manga/hozuki02/

  • 姉萌え漫画第2巻
    新キャラも出てきて話の幅は広がった感じ
    だけど姉弟がやってることは1巻と変わらずw
    巻末に収録されてる出会いの話はありがちだけどよかったですね
    姉がエロに走った理由が分かりますw

  • TUTAYAレンタル

  • 今日の名言「面白くなれ私の一日」

    色々とふびんな子が多すぎる。だがそこがいい。
    あいかわらず姉貴はかわいかったです。うちに一人ください。

  • 一巻が面白かったのでウキウキ気分で購入。

    一巻に比べるとこっちが慣れちゃったとこもあってダルさも感じられるんだけど、
    4コマ漫画ってこういうもんなのかなあと思ったり。

    それでもサブヒロインの描写が全体的に丁寧になってたり、
    伴って水野さんとの絡みも増してて満足でした!

    あとお姉ちゃん一巻より大分優しくなったよね。

    やりすぎたと思ったのかなー、
    僕もやりすぎとは思ったけど今さら引き返さなくてもよかったのにw

  • 姉とは思えない、虐めてるんだか甘えてるんだかわからないラブラブっぷりが心地いい。実姉もまた素晴らしい。このシアワセものめ。
    おまけの出会いの頃のエピソードは後付けの補完材料みたいではあるけど、一応納得。安心して姉ラブできる。

  • 超シスコンの弟とサディスティックな姉とのお話(血はつながってない)の第二巻

    姉貴のサディスティックは相変わらずですが、今回は水野さんプッシュの話が多かったです。
    水野さん自宅に来ましたし、相変わらずのジト目ですし。
    それにしても水野さんが全くデレません素敵です。
    京ちゃんもより女性らしくなって素敵です。(まだ誤解は解けていないが)

    それと最後でこの兄弟の今の関係のなり初めがついに語られましたね。
    相変わらずツンとデレの配分が上手くて飽きが来ないです。

  • 9784047155589  132p 2010・10・4 初版

  • 【1、2巻の感想】

    1巻の冒頭の方は露骨なエロ押しな面がチラホラ。
    アネキの意地悪さばかりが目立つ。

    ワタシは序盤だけ読んで
    「ま、一過性の話題モノか…」
    と、読むのを投げ、積みました、が…

    暇だったので再び手に取り読み進めてみると、


    同級生の水野が本格的に登場し始めた頃から
    アネキを含めた登場人物の行動にスポットライトが当てられ
    少しずつワクワク。徐々にこの漫画の個性が出てくる。

    (最初の方は単発企画モノだったのか…?)


    弟に仲の良い(?)異性の友人ができてちょっと複雑な心境なアネキ。
    悪戯と悪戯の合間に見せるちょっと優しい一面。

    そして2人目の姉貴の登場。


    続き物の漫画として面白みを増し、2巻へ。

    2巻の最大の見所は、どうして姉貴がこんな悪戯をするのか、という理由付け。
    ただのエロどたばたコメディに終始しないところがこの漫画の魅力でしょうか。

    3巻でマンネリ化しないことを期待。

  • 2010 10/2読了。WonderGooで購入。
    そろそろこの兄妹の関係にも慣れてきたなー、と思いつつ読んでいたのだが、最後に載っていた中学生時代のエピソードを読んでからだとまったくイメージが変わった。
    弟くんはそんなヒッキー野郎だったのかとか、お姉ちゃんになるためにハルはこういう路線を選んだんだなあ、とか(まあ天性のものもあるんだろうが)。
    後で1巻も再読する。

  • 新しい人物とキャラがそれぞれ立ってきてて楽しいこれw あ、姉さん可愛いです。

全14件中 1 - 14件を表示

五十嵐藍の作品一覧

五十嵐藍の作品ランキング・新刊情報

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)のKindle版

ツイートする