鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)

  • 435人登録
  • 4.04評価
    • (32)
    • (37)
    • (20)
    • (4)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 五十嵐藍
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (124ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047155589

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 所々で不覚にも笑ってしまった。こういうの好き。

  • ふむ、吾朗ちゃんって昔はあんな感じだったのか。シリアスな要素なしで単なるハイテンションギャグのままでも良かったような気もするけど、まあそんなに気になるほどではないか。

    とりあえず姉貴がエロ可愛くてもう……よくエロスには恥じらいがないといけないって言うけど、あくまでイタズラとしての色仕掛けも良いものである。

    あとは肩車した姉貴が上から見下ろすシーンはちょっと良い感じにだったなぁー

  • [漫画] 鬼灯さん家のアネキ 2巻
    http://orecen.com/manga/hozuki02/

  • 姉萌え漫画第2巻
    新キャラも出てきて話の幅は広がった感じ
    だけど姉弟がやってることは1巻と変わらずw
    巻末に収録されてる出会いの話はありがちだけどよかったですね
    姉がエロに走った理由が分かりますw

  • TUTAYAレンタル

  • 今日の名言「面白くなれ私の一日」

    色々とふびんな子が多すぎる。だがそこがいい。
    あいかわらず姉貴はかわいかったです。うちに一人ください。

  • 一巻が面白かったのでウキウキ気分で購入。

    一巻に比べるとこっちが慣れちゃったとこもあってダルさも感じられるんだけど、
    4コマ漫画ってこういうもんなのかなあと思ったり。

    それでもサブヒロインの描写が全体的に丁寧になってたり、
    伴って水野さんとの絡みも増してて満足でした!

    あとお姉ちゃん一巻より大分優しくなったよね。

    やりすぎたと思ったのかなー、
    僕もやりすぎとは思ったけど今さら引き返さなくてもよかったのにw

  • 姉とは思えない、虐めてるんだか甘えてるんだかわからないラブラブっぷりが心地いい。実姉もまた素晴らしい。このシアワセものめ。
    おまけの出会いの頃のエピソードは後付けの補完材料みたいではあるけど、一応納得。安心して姉ラブできる。

  • 超シスコンの弟とサディスティックな姉とのお話(血はつながってない)の第二巻

    姉貴のサディスティックは相変わらずですが、今回は水野さんプッシュの話が多かったです。
    水野さん自宅に来ましたし、相変わらずのジト目ですし。
    それにしても水野さんが全くデレません素敵です。
    京ちゃんもより女性らしくなって素敵です。(まだ誤解は解けていないが)

    それと最後でこの兄弟の今の関係のなり初めがついに語られましたね。
    相変わらずツンとデレの配分が上手くて飽きが来ないです。

  • 9784047155589  132p 2010・10・4 初版

全14件中 1 - 10件を表示

五十嵐藍の作品

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)を本棚に「積読」で登録しているひと

鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)のKindle版

ツイートする