そらのおとしもの (12) (角川コミックス・エース 126-27)

  • 285人登録
  • 3.98評価
    • (16)
    • (21)
    • (15)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 水無月すう
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047157118

そらのおとしもの (12) (角川コミックス・エース 126-27)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シナプスから「廃棄処分」の決定を下されて行き場をなくしたカオスは、「愛」とは何かという問いを抱えながら、たった一人で海に飛び込んでいきます。後半は、智樹の母親の智代が帰宅し、この息子にしてこの母ありと言うべきヘンタイっぷりを披露します。

    本編は、カオスをめぐるエピソードはいったん中断というところでしょうか。今後のストーリーにどのタイミングで絡んでくることになるのか楽しみです。身体測定のエピソードは、安定のヘンタイっぷりです。まさか「声」に注目するとは、予想の斜め上でした。

  • 9784047157118 184p 2011・6・4 初版

  • カオスの続きが気になりますが焦らしますか><

  • 本編ちょびっと。さよならカオス。

    やはりウリはお母様。桜井家の血筋に涙を誘う。

  • カオスは顔見せでまた海に帰っていったとさ…。おーい。
    それでもって、まさかエンジェロイド合戦が楽しいとのたまう天空の主。すでに目的を見失いつつある?
    でも、デルタのデレはよいものでございました。

  • ギャグ

  • ちょっとカオスがかわいそうじゃないか?

  • 母という存在の偉大さに心打ち震わすばかりです.親子の絆,それを感じさせてくれる巻でした.ナイス桜井

  • 智樹の両親が!!
    ナイス桜井・・・!
    っていうか、母ちゃん似とか(笑)

  • 何という会長無双。素晴らしき会長巻。
    会長好きにおすすめの第12巻です。

    カオス編は一旦お終い。
    上靴を抱きながら泣くカオスはかわいそうすぎます。
    早く幸せにしてやってください。

    あとは全てギャグです。
    会長が全て関わっています。ほぼオチ担当。可愛い。可愛すぎる。

    以上、会長好きの妄言です。

全11件中 1 - 10件を表示

そらのおとしもの (12) (角川コミックス・エース 126-27)のその他の作品

水無月すうの作品

そらのおとしもの (12) (角川コミックス・エース 126-27)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

そらのおとしもの (12) (角川コミックス・エース 126-27)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする