乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

  • 6537人登録
  • 4.43評価
    • (1353)
    • (788)
    • (244)
    • (21)
    • (6)
  • 644レビュー
著者 : 森薫
  • エンターブレイン (2009年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047260764

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
青桐 ナツ
有効な右矢印 無効な右矢印

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 絵が細かくてすっごい綺麗。書き込み量に圧倒される。
    登場人物が多いけど、顔がちゃんと描き分けられてるので混乱することは無い。
    優しい人が多いので、読んでいて心地よいストーリー。
    今後の夫婦関係が楽しみ。

  •  19世紀のカスピ海周辺の中央アジア遊牧民女性アミル(20歳)の、定住民であるカルルク(12歳)への嫁入りで物語は始まる。

     夫婦の内実には程遠く、それでなくとも夫婦としてよちよち歩きを始めたばかりの2人。文化の違い、年齢の違い、男女に求められる役割や立場、その考え方の違いが2人を翻弄し、そして変えていくことになるのだろうか。

     遊牧民出身で、馬術・弓術に長け一見強い女にも見えるアミル。しかし、その実は、未だ少年の夫にも頼り、また好かれようとして甲斐甲斐しく振る舞ってしまう。何ともキュートな女性である。

  • 面白い。19世紀カスピ海近くの砂漠地帯が舞台。こういう共同体、というかムラ的な生活を描いた漫画ってノスタルジックで良い。漫画もめちゃくちゃ描き込まれてるし…画が豪華。主人公がかっこいい。おねショタ好きにもたまらないかも、これは。

  • 8巻まで読了。中央アジアを舞台として人と人とのつながりをゆったりと描く作品。主役のアミル・カルルハの年の差夫婦を始め、皆魅力的に描かれている。作者の緻密な絵で描かれる世界観が良い。

  • 女性が主役の自分好みの本。中央アジアの暮らしに密着した(著者は行ったことないらしいが)物語なのも素敵。

  • 現在8巻。
    少年カルルクの元に嫁に来たのは遊牧民の娘の二十歳のアミル。
    中央アジアを舞台にこの年の離れた夫婦が次第に心通わせていく物語を軸に、そのまわりの人たちや他の嫁たちを交えた日常を描く。

    細かく描き込まれた絵に中央アジア文化への愛情を感じる(前作のイギリス愛だけじゃなかったんだと驚いた)。
    かっこいいアミルや婆様など、魅力的なキャラクターやストーリーが良い。

  • 私が「ハルタ(元・Fellows)」という雑誌を買うきっかけになった、フェチズムの塊・森薫先生の作品です。
    中央アジアを中心にした舞台設定で、それぞれの地域の夫婦や夫婦になろうとしてる人物の話です。
    森薫先生の熱量と画力がふんだんに盛り込まれた謎の装飾の書き込みの凄さ、絨毯や刺繍のフェチズム満載の絵と犯罪級の飯テロ感をかもし出す食事絵をひたすら楽しめます。
    ストーリーは起伏こそ少ないものの(先生はそこが悩みらしい)様々な乙嫁達の思いや、じわじわと距離を縮めていく二人の恋愛模様が、もうおもいっきり胸をギューーッとさせる勢いで描かれています。毎回読みながら萌えすぎて泣いています。
    個人的にオススメなのは最新巻(8巻)のパリヤさんのお話です。頑固で頭の中で考えていることを素直に口に出す事ができず、いつも不機嫌という印象を与えてしまう、パン作りが上手で根はいい子のパリヤさんに遂に結婚相手候補が現れた…といった感じです。
    たまらなく愛おしくなってくるので、是非。

  • 作家さんがとにかく楽しんで描いているのを全身で感じられる作品。好きは素敵。

  • じゃらじゃらしたのってイベントごとの時だけかと思ってたけど、いつでもつけることにびっくりした。可愛い!

  • 絵の美しさからずっと気になっていた作品の第一巻。中央アジアが舞台の作品は少ないので、時間以降も楽しみ。歳の差カップルのアミルとカルルクの可愛らしい夫婦の様子に癒されました。

  • 高い漫画なので、連載が終わって
    しばらくたってから中古品を一気買いするつもり
    でしたが、どうにもこうにも面白そうなので
    買い始めてしまいました。
    只今4巻まで揃いました!
    時代や情景を丁寧に描写しつつ、本筋の夫婦の物語をしっかりじっくり語っております....
    素敵な絵本を読むように、漫画の隅々まで眺めております。続きが楽しみです。

  • 20歳の嫁・アミルと12歳の夫・カルルク夫婦を中心とした19世紀中央アジアの話。

    民族の習慣とかをお話に絡めてて面白いです。
    特別な盛り上がりが毎回ある訳では無いけれど、満足して一話ずつを読み終える感じがします。

    アミルの実家との対立が気になります。

  • 8歳年の離れた夫婦と取り巻く生活。
    中央ユーラシアが舞台なのにスーッと世界観に入っていってしまう。エイホン家の人たちになんともほっこりする。

    アミルがしっかりしているのに可愛らしくて乙女で見習わないとって思わずにいられない。

  • 裸で寝たほうがあったかいですよ
    エロい!

  • アミルが狩りをするシーンがとても印象的でした。色々と物語に複雑な背景もあるようですが二人の幸せな結婚生活を見守っていきたくなりました。後書き込みが物凄いなと感じ家の柱を木彫りするシーンには思わず息を飲みました。とにかく圧巻されました

  • 遅ればせながら読んでみましたー。
    アミルさんいいですね。
    年上女房!
    森薫先生のキャラメイクはいつもさすがです。

    続きも追いかけます。

  • ぞっと読みたかったこの作品。作者さん、この衣装やら生活空間やらが本当に好きなんだな~というのが伝わってきます。細かいところまで楽しんで描いているというか。
    アミルの可愛い姉さん女房ぶりがとても好きです。
    年の差夫婦が微笑ましい。大家族がにぎやかで楽しそうです。

  • 20歳の嫁と12歳の旦那のお話。まだ夫婦らしくないけどお互いを思いやったり尊重したり、恥じらったりしていて素敵な関係だなと思います。
    続きの近々読むぞー!

  • 評判になっているので読んだ。

    第一印象は魅力的な画だなーと。
    内容は、派手な演出や展開はない。
    しかし人と人の間にある優しさと強さを感じる物語が展開されていく。
    噛み締めるほどよき物語になりそう。

  • ああ、おもしろい
    全部が生きてる!!

  • 新聞に書評が載ってて気になった。

  • アジア/時代漫画
    17.02.27 09巻up

    1-09巻 続

全644件中 1 - 25件を表示

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)に関連するまとめ

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)のKindle版

ツイートする