乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)

  • 3562人登録
  • 4.36評価
    • (661)
    • (386)
    • (177)
    • (13)
    • (3)
  • 312レビュー
著者 : 入江亜季
  • エンターブレイン (2009年11月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047261457

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)の感想・レビュー・書評

  • 今さらながら、登録。きれいです。絵も。言葉も。

  • 全7巻。
    スニーカーを履くと大人の女性に変身できる乱は、友達のいない小学校生活からよく変身していた。
    大人の男性凰太郎に気に入られ、付き合っていたが、町に害をなす虫が入ってきて、町を救うために乱の一族が戦う物語。

    魅力的なキャラクターたちとキラキラした絵がよい。
    乱の恋の行方と成長もよい。

  • 全7巻の大まかな感想は・・・
    最大の魅力は絵!
    大人カップル・子供カップル、どちらも捨てがたい。
    多すぎるキャラクターと設定をストーリーに活かしきれていないのが残念。

  • 森薫さんの本で入江亜季さんを知って買って読んでみた。私には合わない。話や出来事の因果関係がよく分からない。後の巻で説明されているのかもしれないけど、我慢して読みすすめるだけの忍耐が私にはない。作者が分かりやすく書けないのか、わざと分かるように書いていないのか不明だけど、かなり読み手を選ぶと思う。私は「この人たちはいったい何をやってるの?」という感じだった…。

    ---------
    追記
    3巻まで読んだ。でもやっぱりダメだった。

  • 妹に勧められて、7巻一気に読みました。1話、2話くらいまではストーリーが全く見えず、ついていけるかな……と思ったりもしたはずなのに、いつの間にか引き込まれていました。最初から最後まで、一本の縄で繋がってるかんじ。登場人物みんな魅力的で大好き。面白かったです。

  • おとなになるってこういうことだったりもするんじゃないんだったっけ、ということを考える。

    全7巻。登録はこの1巻のみで。
    さいしょはこの作者の短編集がとても良くて、あともう出てくる女のひとたちみんなかわいいし、おっさんじいさんもかわいいし、その流れで買ってみて、とても面白くて、ただこういう長編になるととちゅうで広げた風呂敷回収できなくなるんじゃないの不安症におちいりやすい人間なのでもう途中から不安で不安でフアンフアン、パンダのファンファンみたいに(このネタどっかで見たな。稲中だっけ)なってしまってそしていつの間にか5、6年経っているのである。そしてようやくの完結。最終巻がとってもとってもよかった。自我がめばえるというか、それとはちょっと違うか。こないだヨルタモリで三谷幸喜が自我がめばえたのが20歳くらいとか言ってたのが大変おもしろかったのと同時にあれ、だったらおれは?となって一気に怖くなった(もしかしてまだ自我ないんちゃうかといっしゅん考えた。間違っていないかもしれない)。ええとちゃうちゃう、そうじゃなくて、がらっと世界の見え方が変わるような瞬間がそれはもうビシッと描きこまれていて、そこにそれまでの、下手をするとわたくしのように不安でやきもきしてしまっていたようなあれやらこれやらがそこに収斂している、そう読めた。ともかく、とてもよい漫画だったと思う。

  • 乱ちゃんのキラキラが眩しくて愛おしい。

  • モノクロ漫画なのに、すべてがフルカラーで動きだし輝きだしそうなほどの、精緻な描きこみ量…!すごい!
    ページをめくるごとにうっとりしてしまうので、読み切るのに時間がかかりました。

  • 乱のきらきらとかがやく瞳が、高揚感をもたらす。そして凰太郎がいじらしい……。

  • 絵がキラキラしてて大好き。
    長編だとどんな感じになるのか。楽しみだな。

  • 自由奔放な魔女、漆間乱が主人公。

    ドタバタしてるだけの一巻だったので続きを読むかちょっと迷ったけど、4巻辺りから楽しめたかな。

    絵が凝ってるなぁ。

  • 入江先生の長編!ときいて買わずにはいられなかった。なんて可愛い魔法家族!!

  • 天真爛漫な乱ちゃんが魔法を使い、いろんな問題を引き起こしてます(笑)大人になった姿がとても美人!不思議な設定と、動物に変身出来る魔法、可愛らしい女の子に強いお兄さんに色ボケなお金持ちと色々ツボです^^

  • 「おすそわけしませんと」の響きが好きです。
    キャラの眼力が好きです。

  • 特殊な力を持った魔法使いの一家の生活を、破天荒な乱を中心に描いた作品。

    周囲の人物が限られた範囲でしか登場せず、各話で起こる出来事は一般的な魔法使いものよりも日常ものに近い印象を受けるのこの作品の魅力であると思える。中心となる乱の破天荒な行動も子どもとして当然と言えるある一貫した思いに基いているし、魔法を持つという特殊性はあるが、乱とその家族を描く作品である。一点、母に関わる事実だけはその規模から大きく外れているので、今後それをどのように結びつけていくのかに期待したい。

    1巻に収録されている話は毎回少しずつ新たな事実がわかっていくので、全体的な構成もうまい。

  • 話がふわふわキラキラしてて、可愛い!乱ちゃんが無垢でかなり好感度持てる。これは久々に大ヒットな予感です。

  • おもしろい!!
    私的には、乱ちゃんと日比くんとの関係を応援したい!
    日比くん一巻じゃあんな憎たらしい奴だったのになぁw

  • 独特で個性的な絵柄と世界観!
    ハマる人はハマっちゃいます!
    萩尾望都とか好きな人にオススメかも?

  • こういう世界観だから!みんなしっかりついてきて!って感じでグイグイ引き込まれる。

    絵柄がキラキラしててすごい。
    乱ちゃんがあんなにセクシーなのがすごい。
    でも純粋。

  • 尻上がりな傑作でした。読んで良かった。
    連休とかに、全7刊一気読みすると、きっと、大切な人がさらに大切になる。

全312件中 1 - 25件を表示

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乱と灰色の世界 1巻 (BEAM COMIX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする