狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)

  • 154人登録
  • 3.88評価
    • (7)
    • (7)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 日日日
制作 : x6suke 
  • エンターブレイン (2010年3月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (411ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047263987

狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9784047263987 412p 2010・4・9 初版

  • 裏社会編完結。二冊と言ってもかなりボリュームがありました。暗躍するバルトロ、復活の雷蝶、死なない少女の過去など読み応え十分でした。銀夏もがんばったけど、千花ちゃんの啖呵はよかったなぁ。置かれた状況は厳しいかもしれないけど、願わくば彼女にも心からの笑顔で迎えられる終幕を。そういえばメインヒロインって誰でしたっけ(笑)まさかヒロインがボールなわけないじゃないですかー(棒読み)

  • まさかの乱命。その後の死神3番=雷蝶の動きに眼が離せん…!w

  • 20100623読了。やっと集まったー。よかったよかった…ではすまなさそうだが。

全5件中 1 - 5件を表示

狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)のその他の作品

日日日の作品

狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)はこんな本です

狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

狂乱家族日記 拾参さつめ (ファミ通文庫)の作品紹介

正夢カジノの支配者決定賭博に敗れた乱命は、SYGNUSSを拉致し次なる「計画」を発動した。それは、正夢カジノを日本列島から切り離し浮島「鬼ヶ島」にする、という驚愕の計画だった。力と暴力が全ての悪の理想郷「鬼ヶ島」で、乱命のそして銀夏、千花の錯綜する想いの行方は!?一方、帝都では、バルトロ=閻禍の陰謀が着々と進行していた!新エピソード「裏社会編」後編。まだまだ目が離せない!馬鹿馬鹿しくも温かい愛と絆と狂乱の物語。

ツイートする