ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 志麻友紀
制作 : 氷堂 れん 
  • エンターブレイン (2010年5月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047265196

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2011年1月19日読了

    1巻にも増してリョウとツキの関係が親密な気がする(>_<)
    ライガとティーガが一緒にいるにもかかわらず、ツキは「要らない」扱いだし…。リョウがいなくなって動揺しているので自己中とは違うとは思うけど、さすがにそれはないだろうよ…と2人が可哀想になった。あの2人が後々それでいい雰囲気になるから許せるけど…(笑)
    ティーガとライガの関係はかなりウマウマー(´q`)なので、いつかどうにかなってほし(黙れ)

    今回はユニコーンが主体のお話。
    まー相変わらずハクタクが可愛くないこと!そして、変貌してしまったとはいえ、イサパパの言動もひどいwww それに反抗したイサはすごくかっこよかったです\(^o^)/
    あと、伝説と言われる賢者様・サガのご登場。見た目に反して豪快な性格で、草の一族なのに腕っぷしも強いらしい。ちょっと天然ぽい感じもするけど、いいお父さん的なポジションに落ち着きそう。ハクタクにも心当たりありそうな感じだし、だてに長生きしてないね(笑)

    一行の旅はイサを加えて続くわけですが。
    新月の夜にツキが変化すると、周りの動揺っぷりが面白くて堪らないんだけどwww 獣人には相当な威力があるみたいですね~。そんな獣人を見て、守らなきゃと思う反面ムッツリなリョウwww
    見てるこっちとしてはとっとと自覚しちゃえよ~と思うんだけど、そういう色恋には朴念仁っぽいので暫くは生温く見守ることにします(笑)

  • 2010/05/18:新キャラの馬さんが(人型も)かわいい~♪
    森の熊さん(笑)はちょっと怪しげなおっさん賢者とますますにぎやかになってきました。
    今回で兎さんの目的が見えてくるかと思いましたが、残念ながらはっきりせず。
    次で分かるかしら?

全2件中 1 - 2件を表示

志麻友紀の作品

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)を本棚に登録しているひと

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ビーストプリンセス -白き馬と月の輝く森で- (B’s‐LOG文庫)の作品紹介

ライガとティーガを仲間に加え、旅を続けるツキとリョウ。「月の王女」を狙う追っ手から逃れ、森へ入った一行は、たくさんの獣たちを虐殺した密猟者集団と遭遇する!怒りに我を忘れたツキが暴走し、ライガとティーガが追いかけるが、突然熊の獣人が現れ、襲ってきて…!?一方、その場に留まり、ヒトの身では彼らに追いつけない自分を歯がゆく思うリョウは、人型になれない一角獣の獣人・イサと出会うが…?賢者の目覚め、退化の病、忍び寄る破滅の気配-新たな"月"の伝説を導く第2弾。

ツイートする