キバセン! (ファミ通文庫)

  • 19人登録
  • 3.88評価
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : ゆうきりん
制作 : まりも 
  • エンターブレイン (2010年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047266100

キバセン! (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 架空のスポーツ騎馬戦に打ち込む熱血青春スポ根話。帯には「青春ブシドーグラフィティ」って書いてあるけど、私のような戦国好きがニヤニヤできるようなネタはさほどありません。

    基本、私は相手の気持ち無視してぐいぐい勝手に話を進めていくタイプのヒロインって嫌いなのですが、この話のヒロインはそういうタイプなのに読んでて不快感を感じませんでした。
    それまでにヒロインの魅力をうまく描写してくれてたからよかったのかな?

    スポーツ騎馬戦という着眼点も面白いと感じたし、話の展開も自分好みだったので、続きが読みたくなるお話でした。

    もう少し戦国ネタ濃くてもよかったかな~と思ったので★4つ。

  • キバセン→騎馬戦と脳内変換できないというか、そもそも騎馬戦を知らない高校生って設定は、『咲-Saki』においていわゆる健全な麻雀が全国的に高校生に普及しているっていうのと同じような、作品世界だけの特殊な設定なのか、それとも最近の高校生は本当に騎馬戦を知らないのか、気になる。

全3件中 1 - 3件を表示

ゆうきりんの作品

キバセン! (ファミ通文庫)の作品紹介

ある日、俺こと竹田晴海は川原で奇妙な場面に遭遇した。あそこの、丸めた新聞紙で小学生を叩いて追い回している女は、あの道明慈美幸か?学校では品行方正・才色兼備の超美少女で名の通った彼女が、まさかの児童虐待!?と焦った俺は、思い切って彼女に声をかけたんだが…まぁ今思えば、これが間違いだった。美幸が放った「うま、ゲット!」なる台詞がこんな結果につながるとは!合戦場を駆け抜ける青春ブシドーグラフィティ、堂々開戦。

ツイートする