ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)

  • 14人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 香月沙耶
制作 : 羽鳥 まりえ 
  • エンターブレイン (2010年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047266995

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読み終わったと言うか、途中であまりの失速とつまらなさに耐えきれなくなったと言うか?
    こんなにつまらない話だったか、これ?? という印象。
    よく考えたら、この作者の前のシリーズも、同じように途中で激烈につまらなくなってやめたのだった……。合わないのかなぁ。最初は面白いと思って読み始めるんだけどな。

  • ハッピーエンド万歳!

全2件中 1 - 2件を表示

香月沙耶の作品

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)はこんな本です

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)を本棚に登録しているひと

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)の作品紹介

『守護富貴華石』の据え換えも残すところあと2ヵ所。優しい触れ合いを経て、心を繋いだセラフィーナたちは、"壊しの王"と"咲かしの王"の真相を知るためアルダス王と対面した。だが父王に「おまえには教えたくない」と冷淡に拒絶され、歯がゆさを隠せないイヴァン…そんな時、花庭の『富貴花』がすべて枯れてしまった!手元に『守護富貴華石』のない状況で、セラフィーナとイヴァン、二人の"王"が導く答えとは-!?うるわしの国に舞う、華麗なドラマティック・ファンタジー最終巻。

ハミルティアの花庭 -うるわしの国と奇跡の七華- (B’s‐LOG文庫)のKindle版

ツイートする