真昼に深夜子 2巻 (ビームコミックス)

  • 97人登録
  • 3.72評価
    • (2)
    • (14)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 宮田紘次
  • エンターブレイン (2011年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047269989

真昼に深夜子 2巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤンキーな手下が男前。
    みんなでチカラを合わせて片思いの女子を応援するが。。という話は切ないけど印象的。
    最後アッサリだが後味良いです。

  • 深夜子のせつない願いも叶って、きれいに完結です。
    もう少し真昼が小気味よく暴れる話が読みたかったかな。
    2巻はおとなしめでした。

  • 切ない。ラストはぶぁああああと胸に熱いものがこみ上げる。

  • 女の子ながら高校で番を張ってしまうほど元気いっぱいな真昼と、クールで大人で謎めいた深夜子が、望みを叶えるためにドタバタしながら色々な問題を解決していく……というシンプルなストーリー。
    以前に読んだ短編集「ききみみ図鑑」ではあまり際立って良い印象を受けなかったけれど、全二巻完結の短い長編で読んでみると全体のバランスが良い。長さのせいかモチーフのせいかはわからないが、この作者の本をもっと読んでみたくなった。そこを加味すると気持ち的には☆3.5くらいをつけたい。

  • 真昼と深夜子のドタバタ劇、完結。
    そういう締めでくるとは思わなかったなぁ。思わず涙腺が…。
    ギャーギャー騒いで笑ってびーすか泣く。
    典型的だけど、
    これだけ騒がしいのを女の子二人でやるってのが斬新だったかな。
    決して百合なんかじゃない、良き親友ってのがしっくりくる感じ。
    綺麗に終わってくれてスッキリ。
    欲を言えばあと1巻分くらい騒いでいて欲しかった。
    終わるためのコマが揃ったから終わろうって感じで終わった気も。

  • 人間真昼と幽霊深夜子の人助けストーリー。二巻の真昼は女の子度アップして可愛いねぇ。深夜子とのラストは良かった。ただ二巻で終わったのは残念。

  • もうすこし続いてもよかったのかな~とは思いました。
    ちょっと急ぎすぎた感はありますし。
    でも面白かったですよ。

    「あと1~2巻ぐらい続いてほしかったな~」
    って思うくらいがちょうどいいのかも。

  • 1,2巻通して真昼かわいかったなー、もう少し二人のドタバタも見たかったけど、無事おわって良かったです。次回作に期待です。

全9件中 1 - 9件を表示

宮田紘次の作品

真昼に深夜子 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

真昼に深夜子 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真昼に深夜子 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする