まおゆう魔王勇者 (4) この手でできること

  • 432人登録
  • 4.21評価
    • (55)
    • (67)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 橙乃ままれ
制作 : toi8 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2011年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270985

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることの感想・レビュー・書評

  • 聖鍵遠征軍と魔界との戦争の火蓋がついに切って落とされました。強力な兵器を携えた巨大な聖鍵遠征軍に対し、魔界軍は兵力も人数も劣っており、その上、頼みの綱の勇者も本来の力を発揮できない絶望的な状況に陥ります。

    それでも、人間と魔族の共存への最後の可能性である開門都市を守るため、勇者が、魔王が、メイド姉が、女騎士が、女魔法使いが、火竜公女が、青年商人が、紅の子弟たちが、それぞれの意思と希望を胸にこの困難に立ち向かいます。

    魔王に反旗を翻した蒼魔の刻印王達を倒したのは良いのですが、その混乱に乗じて聖鍵遠征軍は魔界攻撃に向けて橋頭堡を確保し、まずは開門都市を攻めに掛かります。

     圧倒的な兵力と武力に対して、勇者や魔王、南部諸国の王や魔族、その他の者達が自分達にできることで立ち向かっていくのですが、中でもかつて魔王によって教育された子弟やメイド姉の活躍がめざましい。
    特に初めて登場した時は妹と2人で怯えるばかりだったメイド姉なんて、今や魔族の族長や王弟元帥とも渡り合い、世界の運命、もしくは成り立ちに大きく関わっていこうとしている

  • そろそろ書くことがなくなってきたw
    正直まおゆうは若干長いというか、俺の中での一番のクライマックスは人間宣言のとこで、あとはメイド姉の成長が面白い感じだから中だるみ感は否めない。

  • 相変わらず軍事的部分は自分が知らないこともあり大いに楽しめた。
    本格的にファンタジー感が増してきて、中世で経済戦争や農耕技術を用いたらどうなるか、という部分が好きだった自分からすると、ほんの少し残念。

  • 3巻からだいぶ間が空いてしまった。マスケット銃を手に入れた聖鍵遠征軍の進行が始まり、登場人物たちはそれぞれの戦いに身を投じる、第4巻。
    不安や恐怖にさらされた無力な不特定多数を「悩める子ら」なんて言ったりする。そして物語上の勇者は超人的な力やなんかでズバババンと世界も人もを救って見せるのがお約束。ただ最近は「悩める勇者」も若干お約束化している気がする。
    この作品においては主人公たる勇者を差し置いて、能力的にはずっと無力な登場人物たちが眩しい。悩み考え、できることとやるべきことを知り、行動する。役割だけで呼称される人物たちが、まさしく人間的であり生き生きとしている。これまでもそうだったが今作は特にそう感じる。

  • 聖鍵遠征軍が大量のマスケット銃兵とともに南部連合に侵攻。そして戦いの舞台は人間と魔族共存の証明である開門都市に。

  • 「5」にまとめる。

  • メイド姉はじめ、それぞれのキャラがとても魅力的に感じた巻。

  • だーーーーーー

    そこで、その引きで!

    次巻に続く、はひどい!ひどすぎる!!

  • いよいよ、終わりに向けて動き出しました。

    かつてない大きな戦いが始まります。

    魔王と勇者をはじめとする多くの人々は、その絶望的な戦争の中でも、決して諦めることなく、理想論に甘えることなく、より良い未来を探ります。

    まおゆうのいいところは、ゲーム的な設定でありながら、裏技のような展開がないところです。

    あくまでもまおゆうの世界の現実を見つめ、その世界での現実的な選択肢を模索するのです。しかも、それは安易な諦めではなく、力を尽くした最善(と思える)な選択肢なのです。

    どんな状況下でも諦めずに努力する。そんな登場人物たちに元気をもらえる一冊です。

  • メイド姉がさらに荒ぶる第四巻!
    そこに痺れる!憧れるッ!!
    …とおどけてみたものの、ストーリー的にはシリアス真っ最中。
    はてさて、ラスボスも見えてきたけど、どうやって集結して行くのか…
    第五巻までの一気読み確定しましたw

  • メイド姉と奏楽師弟が大活躍。
    東の砦将の副官も見せ場を作ってた。
    ファンタジー色が強い巻とも思ったけど、戦争論や戦後処理についても掘り下げられてて今までと同様に楽しめた。

  • 書籍版を購入してるのに、あらたに購入した電子書籍版で読了。

    物語の展開は勇者や魔王の個人介入できるレベルを大きく超えてうねるようにすすんでいく。
    その中で魔王のまいた種(各弟子)が芽吹いていく感じはわくわくする。
    なかでもメイド姉の成長っぷりがもう主役級。

    女魔法使いのセリフが伏線かなーとは思うのだけれど、難解でイマイチ読み解くことができず....。
    最後まで読んだ後なら「ああ、そういうことなのねー」と納得できるのかもしれないが;;

    いよいよ次で最後、勇者と魔王が見る丘の向こうの景色はどんななのか。。楽しみです。

  • 毎度思うが、こんなに多面的な話を破綻無く進める作者の力量に感服しながら読んでいます。

    同盟のしかける経済戦争が面白い。
    機械系の人間なのでこういうのにはうとかったが、楽しく読むことができた。

    戦争中だからか、熱くなるシーンが多かった。
    銀虎公とか、ああいうシーンに弱いんだよなあ。
    メイド姉の宣言も鳥肌が立った。
    勇者がかっこよくなってきた。
    いまいち浮いている魔法使いが、5巻で何をしてくれるのか。

    楽しみです。

  • ☆☆☆$$非常に面白かった。$$っ序盤にj比べ、難しいk直面について、色々考えさせられた。$$メイド姉についても、今後に期待できる。$$今のところ、非常に良いシリーズである。

  • 聖鍵遠征軍が魔界への入り口に到達して本格的に血を流す戦争に入った。
    キャラも肩書きだけなのにこれだけ立っているのが素晴らしい。
    意外と恋愛系の話はなくなってしまったけれど面白く読める。

    読み始めると一気に読ませてしまうのが面白いところなんだと思う。
    戦争する上で補給とか技術の革新とかちょっとずるいところはあるけれど歴史みたいなものがおおまかにミクロに詳しくて特に興味深い。
    宗教戦争っぽくなってきたなあって気がする。

  • マスケット隊を拡充した聖王国は、第3回聖鍵遠征軍を組織、魔界へと侵攻を開始する。勇者は女魔法使いの提案で力をセーブして遠征軍に参加する。開門都市での戦闘は、マスケット隊が優勢で、銀虎公が命がけで魔王をまもり撤退し、城壁内で耐え忍ぶ。
    同盟は、聖光協会の独占する為替業を、銀行で行うため取付騒ぎを引き起こす。
    土の氏族と炎の氏族の争いから、一人のか弱い精霊が命を捧げ、理想郷を守った。理想郷の末裔の魔族では、それを物語として伝えた。土の氏族の末裔の人間は、過去を美化するためにその精霊を神として祀った。
    この歴史を知ったメイド姉は火竜大公から「ひかりのたま」を借り受けるため、遠征軍のどれかを退かせることを約束し、旧蒼魔族領地で王弟元帥と対峙する。

  • 大枠では面白く読めるのですが・・・

    物語にハマるのに不可欠な説得力が、かなり不足気味…で「興ざめ」レベルにまで落ちてしまってます。

    「マスケット隊と戦うのに、何で塹壕使わないの?」
    「王弟元帥なら、メイド姉の率いる兵力がどのくらいのものか、斥候くらい使って調べるんじゃないの?」

    続きはもういいかな…残念。

  • 3巻に続いて4巻も読破!!次の巻で物語は終了するのか一読者としてチョット心配。

  • 今回は特に台詞回しが良かったと思う。
    やはり誰かが死ぬシーンてのはストーリー的に盛り上がってしまうけど、戦争の描写とあわせつつ台詞の言葉選びや掛け合いがいい。
    もうすぐ終わりだろうけど最後まで楽しみ。

  • やっと、ここまで来たか。物語も終盤、どうやってまとまっていくのか楽しみだ。巻末の解説もなかなか興味深い。TRPGに関しての記載が特に目を引いた。単なる暇潰しではなかったんだな(少し反省、本とは関係ないが)

  • クライマックスへ向けての加速。

    正直、ネタ話だとしか思っていなかったが、何気にヘビーなテーマになってきた。
    色々と勘ぐれば黒い面も見えてはくるのだが、地の文がない、という特殊な構成がいい感じでライトにしているのかもしれない。

    そして、メイド妹にもっと活躍を(をい
    (いや、メイド姉がかっこよかったもので)

    主役、どこや。

  • メイド姉がカッコいい!物語終盤でのこんどは勇者様なしで私と貴方様で争いましょうのくだりは、まおゆうで1番カッコいいと思います

  • 「まおゆう」第4巻。
    開門都市戦役の巻。

    ネット上の作品からかなり加筆修正され、丁寧な話運びになっている。
    (その分、原作のとてつもない疾走感は弱まっている。
    それぞれに良い点があるので両方読むのが楽しい。)

    追加されたエピソードでは奏楽師弟と聖鍵遠征軍兵との交流が良かった。
    ある属性について個人個人を知っているのと知らないのとでは、印象が全く変わってしまう。
    ○○社の人、○○県民、日本人、男・女、若者・高齢者…そんな大枠の属性で語るのではなくて、誰々、と名前がつくことで見えてくるものがたくさんあるはず。

    4巻は若干誤植があったが欄外の註釈も気にならず素直に読めた。
    三田誠氏による解説も『まおゆう』の特性が分かりやすく面白かった。

  • メイド姉がんばれ。

全26件中 1 - 25件を表示

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることのKindle版

ツイートする