まおゆう魔王勇者 (4) この手でできること

  • 435人登録
  • 4.21評価
    • (55)
    • (67)
    • (21)
    • (2)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 橙乃ままれ
制作 : toi8 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2011年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047270985

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 毎度思うが、こんなに多面的な話を破綻無く進める作者の力量に感服しながら読んでいます。

    同盟のしかける経済戦争が面白い。
    機械系の人間なのでこういうのにはうとかったが、楽しく読むことができた。

    戦争中だからか、熱くなるシーンが多かった。
    銀虎公とか、ああいうシーンに弱いんだよなあ。
    メイド姉の宣言も鳥肌が立った。
    勇者がかっこよくなってきた。
    いまいち浮いている魔法使いが、5巻で何をしてくれるのか。

    楽しみです。

  • 伏線…というか同じ時間軸で多くの登場人物たちが行動しているので、それらがどう繋がるのかということが凄く面白い。時々忘れそうになることもあるけれど。
    開門都市を巡る駆け引きや武力衝突が中心の巻だった。

    わたしの好きなあの人がなくなってしまったのは残念だったが、口上を述べるところや、仲間へ願いを託すシーンはかなりグッときた。登場人物たちが必死で戦争を止めようとしているのに、戦闘シーンが面白いとは不思議なものだ。

    この戦争がこの先どうなるのか、丘の向こうはどうなっているのか、最終巻を早く読みたい。

    あ、今回挿し絵が凄く良かったです!火竜公女ってモンスター娘テイストだったのね。もっと爬虫類っぽい竜娘だと思ってた。

  • 聖鍵遠征軍と魔界との戦争の火蓋がついに切って落とされました。強力な兵器を携えた巨大な聖鍵遠征軍に対し、魔界軍は兵力も人数も劣っており、その上、頼みの綱の勇者も本来の力を発揮できない絶望的な状況に陥ります。

    それでも、人間と魔族の共存への最後の可能性である開門都市を守るため、勇者が、魔王が、メイド姉が、女騎士が、女魔法使いが、火竜公女が、青年商人が、紅の子弟たちが、それぞれの意思と希望を胸にこの困難に立ち向かいます。

    魔王に反旗を翻した蒼魔の刻印王達を倒したのは良いのですが、その混乱に乗じて聖鍵遠征軍は魔界攻撃に向けて橋頭堡を確保し、まずは開門都市を攻めに掛かります。

     圧倒的な兵力と武力に対して、勇者や魔王、南部諸国の王や魔族、その他の者達が自分達にできることで立ち向かっていくのですが、中でもかつて魔王によって教育された子弟やメイド姉の活躍がめざましい。
    特に初めて登場した時は妹と2人で怯えるばかりだったメイド姉なんて、今や魔族の族長や王弟元帥とも渡り合い、世界の運命、もしくは成り立ちに大きく関わっていこうとしている

  • そろそろ書くことがなくなってきたw
    正直まおゆうは若干長いというか、俺の中での一番のクライマックスは人間宣言のとこで、あとはメイド姉の成長が面白い感じだから中だるみ感は否めない。

  • 相変わらず軍事的部分は自分が知らないこともあり大いに楽しめた。
    本格的にファンタジー感が増してきて、中世で経済戦争や農耕技術を用いたらどうなるか、という部分が好きだった自分からすると、ほんの少し残念。

  • 3巻からだいぶ間が空いてしまった。マスケット銃を手に入れた聖鍵遠征軍の進行が始まり、登場人物たちはそれぞれの戦いに身を投じる、第4巻。
    不安や恐怖にさらされた無力な不特定多数を「悩める子ら」なんて言ったりする。そして物語上の勇者は超人的な力やなんかでズバババンと世界も人もを救って見せるのがお約束。ただ最近は「悩める勇者」も若干お約束化している気がする。
    この作品においては主人公たる勇者を差し置いて、能力的にはずっと無力な登場人物たちが眩しい。悩み考え、できることとやるべきことを知り、行動する。役割だけで呼称される人物たちが、まさしく人間的であり生き生きとしている。これまでもそうだったが今作は特にそう感じる。

  • 聖鍵遠征軍が大量のマスケット銃兵とともに南部連合に侵攻。そして戦いの舞台は人間と魔族共存の証明である開門都市に。

  • 「5」にまとめる。

  • メイド姉はじめ、それぞれのキャラがとても魅力的に感じた巻。

  • だーーーーーー

    そこで、その引きで!

    次巻に続く、はひどい!ひどすぎる!!

全26件中 1 - 10件を表示

橙乃ままれの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることの作品紹介

人間の魔界遠征軍が"開門都市"へ侵攻。人間と魔族の希望の火は消えるのか。

まおゆう魔王勇者 (4) この手でできることのKindle版

ツイートする