テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)

  • 3894人登録
  • 3.80評価
    • (277)
    • (524)
    • (430)
    • (41)
    • (5)
  • 369レビュー
  • エンターブレイン (2011年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (194ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047275157

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 皇帝にヘビーな依頼をされてしまった矢先、ワープしてしまったルシウス。
    慌てて戻ろうとするものの、何故か帰る事が出来ない!?
    落ち込むルシウスだったが、そんな彼の前に素敵な女性が現れて…。

    大事な話の途中で相変わらずワープしちゃったルシウスが運命の出会い!?
    しかしこのさつきちゃん、驚くほどのハイスペックだった。
    小学生から古代ローマに興味示してそのまままっしぐらって…。どんだけハマったんだ。
    でもおかげで初めて意思の疎通ができる相手ができて、ルシウスよかったね。
    このまま恋愛方面に進むなら悲恋のフラグですかね?
    とりあえず帰ろうとしてありとあらゆる水回りに入り込んだルシウスが変態扱い全開で笑った。

  • 伊藤温泉の大天才。
    才色兼備にして古代ローマオタクのさつきちゃん登場。

    「こんなに美しい平たい顔族に会ったのは初めてだ…」
    平たい顔族がつくと、何言われても
    褒められた感じがしない[笑]

    いつものごとくローマに帰れずとまどうルシウス。
    温泉旅館でカタコトの日本語を使ってるのがかわいい!
    馬にも惚れられ、恋心もほんのり♡

  • さつきさんの登場で、話が更に面白くなってきた。。

  •  4巻目にして主人公・ルシウスがローマに帰れず日本で暮らすことになる、と物語が大きく舵を切ることになり、ヒロイン「さつき」も登場。古代ローマを激しく愛しラテン語も操る歴史学者にして温泉芸者という二つの顔を持つ美しい女性…どんだけ都合のいい属性テンコ盛りにするの!?と思わずツッコんでしまいましたが、それ以上に風呂以外の文化や生活に衝撃を受けるルシウスが可笑しく、雑巾がけにムキになる様子はまるで子供(笑)

  • 古代ローマの浴場技術士が、現代日本に飛ばされて着想を得て帰っていく話。

    最初は面白かったのだが、着想自体がかなり出落ちの要素が強く、何度も繰り返すとどうしても飽きる。
    その飽きを克服するだけの発展はしていない印象。
    面白く無い訳でもないのだけれどね。

  • 今回は長編。長期滞在する羽目になったルシウスの前に、ついにラテン語の話せる平たい顔族さつきちゃんが登場。「誰が好きなの?」「あたしカエサル♡」かなりのツワモノです。TVが映るのはユピテル神が雷の力を放出しているくだりで噴きました。今後は恋に発展していくのでしょうか?大穴で最後に登場した彼女?との三角関係も?(笑)

  • どうしてこんな話を??って感じがするのだけど、著者のヤマザキさんなりのこだわりが分かるので感心してしまう。
    今回も一冊丸ごと笑ってしまいました。
    真面目だから面白い。

  • ついに4刊。どーなるのかと思ってたら今度は長期滞在(笑)美人さんとの今後が気になる。

  • ルシウス、ディアナに会う。露天風呂でアクロバティックなことをするルシウス。帰れないルシウス。温泉で働くルシウス。馬に好かれるルシウス。その馬が……

  • これまでとテイスト変わった?長編。続きが気になる!!

  • 何という事だ!堂々とレジに持っていける!!
    いつもコソコソと他の本に挟んでいた恥ずかしい日々は一体…。

    今回は初の長編。そして初のヒロイン(?)登場。
    ルシウスも凄いが、さつきちゃんもなかなかのツワモノだと思う。
    「誰が好き?」「カエサル!」どんな小学生だよ(笑)
    さつきちゃんみたいな小学生とお友達になりたいです。。。

    日本に長期滞在するはめになったルシウスは
    今度はどんな事を吸収して帰っていくんだろう。続きが楽しみです。

  • あっはっは。ムチャだけどぼくは好きです。

  • アエリウスが急死し、ハドリアヌス帝から風呂の中である大役を任されたルシウス。
    しかし、運悪く皇帝と話している最中に現代日本へとワープしてしまう。
    しかもそこでディアナのごとく美しき女性と出会って...。

    え、もしかしてこれはまさかの恋の予感!?(笑)
    いいじゃないさつきちゃん! 美人だし、言葉通じるし、なにより古代ローマオタクだし!(笑)
    なんかもうこのまま一緒にローマ帰っちゃいなYO!というくらい、バッチリなお嬢さんなんですが! これはすごく期待したい!

    しかしルシウスもほんと器用だよな...。
    言葉通じないのに、旅館でちゃんと(?)働けてるし(笑)
    ルシウスが引いてくれた、神経質なまでにピッタリ敷かれた布団で私も寝てみたいです(笑)

  • これまでの平たい顔族にワープ→何かを学習→それを応用してローマの問題解決のパターンから長期連載向けの内容になったのはいいのですが、かなり無理がある感じがする‥‥
    あまりこの漫画に萌えとか撒き餌の要素はいらないのではないかというのが正直な感想です。
    映画化に向けて仕方ないのかもしれませんけど。

  • 今回から新展開が始まり面白くなってきました。お風呂ネタだけでよく続くな〜。

  • 現代の日本に長期滞在することになって、新たな展開。それにしても、ラテン語の発音は、本当に現代にまで伝わっているのだろうか。

  • 朗誦ろうしょう アエリウス・カサエル 月の女神デァアナの湯浴みゆあみ…⁉︎ 櫓やぐら 新種の変態…⁉︎ 東林館≠東海館 ネロ帝の作った古い競技場と墓地がある淋しい場所 伊東温泉の大天才=小達さつき(28) 質実剛健で不屈の男 ジュリアス・シーザー=ユリウス・カサエル 端緒となり 元老院 部屋の中は古代ローマ帝国一色 足湯 半纏はんてん 舅しゅうと 姑しゅうとめ はなやなぎ花柳流の日本舞踊 サンバやサルサのように本能に全てを委ねて体を躍動させる踊り 所作を保ち続ける忍耐力 徹底的に制御された精神性と身体性 社交術 驚異的なマルチ人間 いくせいそう幾星霜を重ね 不安と猜疑心に満ち満ちていた 素っ頓狂 その意図するところがさっぱり飲み込めなかった 芸妓の心得 判断保留 あらが抗しきれずに 都々逸とどいつ マイケル・ジャクソンが芸者コスプレしてるみたい 扮装 馬車馬の如くダッシュ 伊東市指定文化財でもある美しい東海館の昭和の趣き溢れる広いお風呂 バイアエ 遥かにハイグレード 凛とした身のこなしで接し、その旅情へ華を添える 知的で清楚 天から二物も三物も授かった女性 日舞にちぶ 名取なとり 二足の草鞋を履いて 才色兼備 職人気質かたぎ あらわ著わす いかずち雷 太刀打ちできぬ ごうしゃ豪奢な装飾品 富裕民 お日柄の良い日 鞍くら 按摩技術の粋が集結された 大雑把な上に無責任極まりない処置

  • 日本の銭湯へ。
    テレビなどをはじめて見る
    旅館で働く。

  • もう我慢できなくて一気読み。そして、本シリーズ初の長期「平たい顔族」世界滞在。ラテン語を解する天才女性との出会いが、この物語に期待感を持たせる。「JIN-仁-」とは逆パターンの古代ローマ人と現代女性のラブロマンスになるのか? 次巻が楽しみ~

  • 優れた技術者は、優れた観察眼から生まれる。

  • 漫画。シリーズ。風呂。ローマ帝国。運命の人に出会う?

  • 借りたもの。
    「その時、歴史が動いた」状態――
    遂に平たい顔族と親密なコミュニケーションを取る機会に恵まれた(?)ルシウス!
    この巻を通して、ルシウスの凄い所を再認識する。
    ローマ文化(主観)と異文化を比較しながらも、異文化を肯定的に受け止めている事だと思った。ローマと属領州というヒエラルキーの視点を持ちながらも、見下してはいない……貴族ではなく職人という立場故か、労働を卑下しない事もあるためかも知れない。
    ルシウスの電気への衝撃とその解釈に感動。
    一言だけだが、大プリニウスについても……それに関する補足コラムも面白い。

    遂にヒロイン(平たい顔族と馬)という、怒涛の展開に次巻が気になって仕方ない。
    平たい顔族のヒロインに、ヤマザキ女史を重ねようとするのは、早計だろうか……?

  • 4巻目にしてようやく会話できる人に出会えてよかったね、と何故かほっとしながら読了。

全369件中 1 - 25件を表示

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)に関連する談話室の質問

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)に関連するまとめ

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

テルマエ・ロマエ IV (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする