海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)

  • 26人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 緑川愛彩
制作 : 明咲トウル 
  • エンターブレイン (2011年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047276253

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今度は、ヒーローに迫る、か。

  • ファドの過去について掘り下げられています。
    成長してるんだな、っていうのが一番の感想です(*´▽`*)
    いつまでも見守っていたいバカップルですよ。
    幸せになって欲しいの一言に限ります。

全3件中 1 - 3件を表示

緑川愛彩の作品

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)はこんな本です

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)を本棚に登録しているひと

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)の作品紹介

"乙女の力"の実体を知り、悩むボニーは何をするにも空回りの日々。そんなボニーを乗せたメレアグリナ号に、ガルトリアの船が接近。入り江に船を隠し、街で情報を得ようとするディアス海賊団だったが、そこはファドの母によく似た王女のいるアラゴンで!?おまけに、乙女信者のレオノールとファドに復讐を誓う弟・アルヴィンがボニーたちの背後に迫り-?ときめきと冒険のファンタジー、激動の第5弾。

海が愛したボニー・ブランシェ -運命と踊る冬薔薇の都- (ビーズログ文庫)のKindle版

ツイートする