イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)

  • 48人登録
  • 3.62評価
    • (2)
    • (5)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小野上明夜
制作 : さらちよみ 
  • エンターブレイン (2012年4月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047279988

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1巻に比べて、エリッセがキャーキャーうるさいのが減って読みやすくなりました。ディガンもエリッセを気に入っているみたいだけど、エリッセの「先生」がグラシカルを指しているって勘違い。もうちょっとだけいたら、自分を指すっていうのが分かったのにねー。

    エリッセの太陽が暴走して、それを見に、マッド・キャンディことジャノンがやってきましたけど、彼のおかげ?でエリッセの太陽が目覚めて、それがまた最強って感じで面白くなってきました。

    ジャノンは撃退しましたけど、またやってきて、ジャノンの刺激してくれたら楽しいかも。ちょっと面白くなってきました。

  • 一巻よりもバトル要素が高くて楽しめた。
    あと、エリッセが沈みがちでよかった。(よかった?)
    きゃーきゃー言われるのが、苦手だった模様。

    ディガンの報われない感じがイチオシポイント。

全2件中 1 - 2件を表示

小野上明夜の作品

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)はこんな本です

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

イノセント・スター 真っ赤に笑う超新星 (ビーズログ文庫)の作品紹介

『暗黒星』ディガンのおかげ(?)で禁呪を退けたエリッセ。これで平和な生活が送れると思っていたのに、「育ってから喰らう!」と豪語するディガンが教師となって、ずっと一緒の生活に。むしろ状況悪化!?と嘆くエリッセだったが、ある日"太陽"の力が暴走し、全世界に知れ渡ってしまった。そんな彼女を狙い、やってきたのは超最凶の男『マッド・キャンディ』ことジャノン・グラスで-。

ツイートする