春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)

  • 102人登録
  • 4.32評価
    • (13)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 朝倉世界一
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2012年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047281431

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 朝倉さんの物語は、生きている人も、もういない人も、その中間の人(?)も、暗いことも明るいことも憎しみなんかも、全部あたたかく包む。春。桜の散らない春。

  • 政府公認の傑作(正確には「文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査委員会推薦作品」)『デボネア・ドライブ』につづいて、またもや朝倉さんの世界を堪能できます。

    主人公は公務員。この意外な設定に期待して★★★★!

  • 朝倉さんいいなぁ、やはり。デボネアもめっちゃ良かったけど。

  • モノローグやダイアログより、表情を読みたい漫画。
    カメラマンの狸原さんまた出てこないかな。

  • 「デボネア・ドライブ」でもそうだったけど。
    この人の漫画はふとした実景カットだったり、乗り物カットの描写がめちゃくちゃ上手い気がする。
    描写力と言えば描写力だけど、なんつーかプロっぽい描き方が上手いとか、そういうのとは違くて。
    実景だったら実景を見てる人、乗り物に乗ってる人の心情を加味した主観的な見え方を描写するのが上手というか。
    何を言ってるのか自分でも良く分からなくなってきたが。
    その雰囲気だったり空気感を上乗せして感じることができるのかもしれない。
    朝倉世界一、あっぱれ。

  •  ゆる〜いおとぼけ具合がたまらない! ほんわかもホロリもニヤリも。たくさんの感情が詰まっていてお得感満載。

  • 何故だかわからないけれど、杉さんが絹さんを自転車の後ろに乗せて、坂を下っていくシーンでなんだか目頭が熱くなってしまうんです。

  • かろやかでじんわりあたたかくてちょっぴりおかしい。人は誰にも事情があって、外から見るとおかしみが滲んでいるものなのかもなぁ。読みながらにやにやしたり眉間にきゅっと力が入ったりしちゃって、電車の中で読まなくてよかった。

全8件中 1 - 8件を表示

朝倉世界一の作品

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)はこんなマンガです

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)の作品紹介

東京都渋谷区春山町。巻村鶴子は、区役所の春山町出張所の公務員として、新社会人の第一歩を踏み出しますが…。

春山町サーバンツ 1 (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする