黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)

  • 87人登録
  • 3.79評価
    • (5)
    • (10)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 嬉野秋彦
制作 : ミユキルリア 
  • エンターブレイン (2012年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047283022

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 口絵でディーがデレた!と思ったけどそんなことはまるでなかった。ですよねー。知ってた。そしてまだまだ隠し玉を持ってそうな感じのディミタール。イサークとルキウスの裏でのやりとり共々読んでて何とも楽しいです。我らがヴァレリア猊下はちょっと予習したりと僅かながら成長が窺えるのが微笑ましい。まぁでも弄られてナンボなところも否定できないが(笑)最後に挿絵のプジョール猊下、まったく太ってるように見えないじゃないですかー。むしろカワイイじゃないですか、やだー。

  • 話としては、まぁ普通のファンタジー の範疇な作品です。なぜ、3巻まで読んでいるかというと、物語のドキドキ

全2件中 1 - 2件を表示

嬉野秋彦の作品

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)はこんな本です

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)の作品紹介

セリバ・ビラノバの件のねぎらいのため、国王ジェフレン一一世より王宮に招かれたヴァレリアとカリン。その最中、同盟国ハイデロータから、新たに神巫として着任した彼女たちを正式に披露するよう催促の書状が届けられる。アーマッドを目の敵に軍拡を推し進める相手の目論見を察しながらも、あえて二人を差し向けることにする国王とオルヴィエト。イサーク率いる"封印騎士団"も共にした、この外遊の背後に潜む陰謀とは!?混迷へ向かうシリーズ第3巻。

黒鋼の魔紋修復士3 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする