わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至ります

  • 1370人登録
  • 3.74評価
    • (97)
    • (190)
    • (158)
    • (25)
    • (4)
  • 191レビュー
著者 : ゆるりまい
  • エンターブレイン (2013年2月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047286832

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中崎 タツヤ
OJTソリューシ...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますの感想・レビュー・書評

  • これほどではないけど、捨てたスッキリする気分や、物が無いと掃除が楽、ガランとした部屋の気持ちよさはわかる。

  • これを読むと片付け欲が刺激される。
    身の回りの不用品が目に留まるようになる。

  • “「なんにもないぶろぐ」コミックエッセイ化!汚部屋脱出。”―帯より。

     ◇捨てたい病を発症しました……
      第01話 気づきはいつも突然に
      第02話 失恋 ~その時私は捨ての快感を知りました~
      第03話 捨ての加速
      第04話 大人になるということ ~悟り編~
      第05話 ブラック企業と汚部屋
      第06話 プロポーズは念入りに
      第07話 職を捨て、家を出よう
      column 認知症と祖母

     ◇東日本大震災を越えて
      第08話 3・11
      第09話 大事なものがみつからない!
      第10話 本当に必要なもの
      第11話 必要なのか捨てられないだけなのか
      第12話 生まれ育った家だから
      column 大切にするということ

     ◇汚部屋脱出!「捨て」への情熱
      第13話 もう恥ずかしくない
      第14話 猫が走り回る家
      第15話 “なんにもない”快感
      第16話 引っ越しは短時間で

     ◇片づけられない家族と片づけ魔の自分
      第17話 持たない女になりたくて
      第18話 我が家のルール
      第19話 周りの反応
      第20話 捨てのK点越え
      第21話 家がキレイだと本当に幸せになる?

     ◇おうち拝見コーナー

  •  ほんとになんにもないいえ!
     逆にここまで絞り込めるほど好きなものが明確であるともいえる。
     すごい。綺麗だ。

  • 相変わらずの捨て魔ゆるりまい。でも、わかる気もするんだょなぁ。と思わされる瞬間多々あり!面倒くさい。とにかく面倒くさい。とにかく面倒な掃除を楽にしたいがために、どんどん捨てる。

    そしてどんどんラクになって、どんどん綺麗になる快感。

    捨てられない私だけども、わかる気もする。

    捨てられないのは服と靴とバックなどのオシャレ用品だけで、意外とキッチン系はバンバン捨てられる^_^!笑!!

    おかげで引き出しとかがスッキリするのは気持ちいい!っていうのわかる!!!

    これの究極のスタイルなんだろうな。

    唯一ゆるりまいと同じような感じなのが下着三着っていうね。笑!!!ここにあまり重点おいてない私。笑!!!!!

    うん、やっぱそういうのからどんどんやっていくといつかそこにたどり着くのだろうか?

  • 著者の実家が汚屋敷だった事からの反動‥と言うか、これは病気ですね。

    私も捨てるの大好きで、出来るだけ何もない部屋が好きだから著者の気持ちも分かるけど、ここまでくるとやっぱり病気かも。

    でもそれはそれで、本人と家族(かなり揉めたようだけど)が良ければいいのかな。

    ここまで極端な事は出来ないけど、「厳選したお気に入りを少量持って大切にする」という考え方にはすごく共感!

  • そこまでなくさなくても…とおもった

  • 写真で見るとミニマリスト。でもその考えを読むと、特に震災前後の話を読むと、なるほどと納得する。

    極端にいるかいらないかでは区切れないこともあるし、片付けの流儀はこんまり派なのでw
    片付けに凝る人は、一度は捨てまくる時期が訪れるのね。こんまりさんはときめくものにたどり着いたし、この人は何もないない状態が心地よくて、道具は長く愛用できるものに落ち着いたようだ。

    あとこの人が愛用している道具も後半にカラーでのせていて、こちらの方が私はすごく興味をひかれました。

  • なんにもない暮らしに憧れますが、家族との生活だとこんな感じなのか……とニヤニヤしながら読了!(笑)いまは、同居させてもらっている身なので、自分で暮らすようになったら、最低限のモノで暮らしたいと思う今日この頃である!シリーズの続きを読むかは分からないな。

  • 活字かと思ってたら、漫画だった。

  • 捨てたい!すっきりしたい!ものが捨てられないのは安心を得るためだよなぁとわかっていてもなかなかできない。思い切って何かを捨ててみたほうがいいんだろうか。過去の仕事の資料とかばっさりいってみようかな。

  • 【図書館本】図書館で見かけたので、そこにあった3冊を借りてきた。……なんというか、極端ですね。ちょっと怖い。あんなシンプルな部屋には憧れるけど、作者のような家族は嫌だ。こんまりさんもだったけど、家族との衝突は仕方ないと思う。まぁ、どっちもどっちだけどw うわー、と引いた目で見てしまったので(もちろん尊敬はあるけど)、あと2冊読み切れるか不安になってきたwww

  • 求めていたのはこの生活!!
    ってくらいスッキリしてるー
    お気に入りのものに囲まれた暮らし。
    移動図書館車にて。

  • 汚部屋出身の作者が何にもない部屋に住むまでの過程の話。

    この本を通して学んだのは
    ・白、薄茶、濃い茶でまとめてある部屋ってすっきりしていいな→実家の自室に役立てそう!
    ・モノを捨てられない家族もモノがなくてすっきりした部屋を見ると、捨てられるようになるんだなということ。(こんまりさんも自分がモノを捨て始めてすっきりした部屋に住むと家族も整理整頓するようになったと言っていたな)

    極端にモノを減らしているので、ここまでしなくてもと思う面もあるけど、真似したい部分もあった。
    読んでいたら、モノを捨てたくなってきた…!
    捨てられるモノはどんどん捨てていきたいなぁ。

    作者のブログ
    http://nannimonaiblog.blogspot.jp/?m=1

  • ドラマを見てすっかりハマり、
    本も読みたくなり手に取ったのだけど
    思っていたより重い内容だった
    まいさんの過酷な仕事内容であったり
    おばあちゃんの認知症であったり
    意外にゆるりでもなかったのね、と
    少々ショックでした。

    でも、震災にも負けず前向きに
    新しい生活をよりよく始める
    たくましいまいさんを尊敬します。

    本当に必要なものって、なんだろう
    自分に問いかけたくなる一冊でした。

  • この方は素晴らしき変態です。本当に素敵なお住まい!しかもご家族と暮らしていて実現できるなんて。理想をあきらめない努力と他者を許容する心の両立で実現されたのかと思いました。

  • 本の作者がどのような形に立ってものを捨てる性癖がついたのか、といった内容でとても面白かった。読んだらやる気が出ると言うわけでは無いけど、収納や整理、ものを捨てる際の参考になる。あと目からウロコだったのが、残すものは常に自分の好きなものというこだわりがあって、ただただものを捨ててなくすわけではなく、そういったものを大事に使うという生き方は素敵だなと思った。

  • 少し前にBSでやっていたドラマの原作
    単純に面白い
    見習わないと・・・・

  • 必要なのか、捨てられないだけなのか。キッチンのかたずけは私にとっては謎だ!

  • 汚部屋出身の著者が物を捨てたい病を発症し、
    東日本大震災で物が凶器と化して、安全な家とは…
    著者と夫、著者の祖母、母の4人と猫3匹暮らし
    東日本大震災、認知症の祖母、仕事、結婚の話
    ジーンとしたり、笑いもあり面白い。
    後半少し持ち物や部屋の写真あり
    物を極力減らしてはいるけれど、防災グッズ等の必要な物はちゃんとあって良かった。
    家具や食器は自分の気に入ったものを大切に使っている
    お気に入りに囲まれて自然体で暮らしてるような印象
    家に気持ちのいい風が吹いていそうで和む。

  • 夏帆がやってたドラマ、1回見て見るの止めたんだけど、原作通りだったのね。感心しました。それだけ。

  • 予想していた以上に面白かった。一話一話が短くて読みやすかったし、巻末のおうち拝見も興味深かった。

  • こんまりさんのホント併せて読むとより良いと思った

  • 捨て変態まい、夏帆ちゃんかわいかった。震災も物語の一部になっていて、でも重すぎないタッチで。明るく前向きなところがとてもよかった。

全191件中 1 - 25件を表示

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますに関連する談話室の質問

ゆるりまいの作品一覧

ゆるりまいの作品ランキング・新刊情報

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますを本棚に登録しているひと

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますの作品紹介

断捨離ブログランキング1位、汚部屋脱出。

わたしのウチには、なんにもない。 「物を捨てたい病」を発症し、今現在に至りますはこんな本です

ツイートする