五色の舟 (ビームコミックス)

  • 403人登録
  • 4.16評価
    • (45)
    • (50)
    • (15)
    • (3)
    • (2)
  • 33レビュー
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2014年3月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047295476

五色の舟 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作未読なるも、家族が不意に買ってきたので読む。
    近藤作品は割と好きなので、スルッと入り込めた。

    第二次世界大戦末期の西日本で、
    血の繋がらない疑似家族が見世物で生計を立てている。
    一家の主は
    未来を予言する、牛と人のハイブリッド「くだん」を
    買い取ろうとするが……。

    無惨な世の中に抜け殻を置いて、
    幸福な別の時空に足場を移す=「舟」を乗り換える、
    という発想が凄い。
    悲しいし、切ないけれど、
    夢でも幻でも仮初めでも、彼らが幸せなら、
    そちらの世界が永遠に続けばいいと思った。

  • 戦時中の広島を背景に描かれる、見世物小屋で生計を立てる旅一座の物語。
    一座の各員は、身体の一部が欠損していたりして哀しい生い立ちを背負うものも多い。
    彼らは互いに血の繋がりはなくとも家族として互いに強く結び付いており、悲壮感は感じられません。
    淡々と静かに描かれる彼らの姿は、とても純粋で愛おしささえ感じられます。

    一座の中心の「父」は、あらゆる未来を見通す「くだん」と呼ばれる人面牛の噂を聞きつけ、一座に加えようと岩国へと向かう。
    広島を襲う悲惨な未来を淡々と語る「くだん」。
    その運命を避けるための方法を「くだん」は語り、物語は大きく動きだします...

    優れた原作と近藤ようこの魅力が見事に調和した結果、大変な傑作が生まれたように感じます。
    近藤ようこの、独特のリズム感と、空間・余白の使い方の上手さは本作でも健在です。
    無駄をそぎ落とした1コマ1コマは、読み手の想像力を刺激し、時にハッとするような美しさを放っています。

    読了後に冒頭のカラーページを読み直したところ、初めて意味が繋がり、心臓を掴まれたかのような切ない感情に襲われました。
    自分にとっては忘れられない作品となりそうです。
    1人でも多くの方がこの傑作を読まれる事を願っています。

  • まさに奇蹟の一冊。みんな言ってるけど、津原泰水のあの原作をビジュアル化してしまうなんて。ひとつひとつの場面は思い描きやすいが、それをつないでいくことは不可能と思っていた。
    そして生まれたものは原作を離れ新たな神話となる。産業奨励館のある風景の美しさよ。

  • 必読。ただその一言です。

    名手・津原泰水の手になる短篇「五色の舟」(短篇集『11』所収)、そのコミカライズですね。
    見世物一座の少年、和郎を語り部とする本作は、原作からして傑作といえるものでした。津原泰水一流の高密度な文体を見事に視覚化した本書もまた、原作に勝るとも劣らない素晴らしいものです。

    いずれも何かしらの欠損を抱えながら、互いに「家族」として日々を過ごす見世物一座の人々。彼らが出会う、未来を予言するという化生「くだん」。そして和郎が見る「五色の舟」の夢……あくまで静かに語られる物語の末に和郎たち家族が迎える運命は、幸福でいながら喪失感に満ちています。

    わけても終盤のモノローグ、そして最後に描かれる俯瞰の構図はあまりにも切ない。和郎と、彼の半身ともいえる少女・桜のやり取りが強く胸に迫ります。

    とにかく読め、としかいえない一作。是非。

  • もう一回じっくり読むつもり

  •  ビームでの連載で読んでいて、改めて単行本で通して読んだ。フリークスたちが身を寄せ合って健気に生きている感じが心に沁みる。ただどんなに仲がよくても、あんな狭い舟で寝泊りするのはオレには無理だ。

     言葉を話せなくて、テレパシーで意思の疎通をしているところをとてもすっきりと表現されていて素晴らしい。桜が初めて言葉を話すところがじわじわと感動的だった。

     くだんがとても不思議な存在で、平行世界のSF的な展開がすんなり入ってくる。今より古いけどそんなに古くないテクノロジーの時代と悲惨な展開を迎える場所がとてもよかった。

  • もう斜め上すぎる

  • なんというか。再読したい。良い。
    奇妙で暖かでひんやりしていて、どこか悲しい。
    ラストの心の不安定さは、表現できない。

  •  人間ポンプや見世物について調べていると、このマンガについて言及されている方がいたので読んでみました。
     太平洋戦争末期に身体に障害を負った人々が見世物一座として生きていく様が淡々と描かれています。
    “件”という異形の生物に出会ってからは怒涛の展開。登場人物がパラレルワールドに移動して、その世界が微妙に違う。読者である私も頭がクラクラします。
     このセンス・オブ・ワンダーをどう表現したらいいのか。
     私には表現する能力はありません。
     他の方の感想文を検索して読むと、皆さんうまいですね。
     私もそのような文章を書けるように努力しないと。
           
     それにしてもこの“件”という伝説上の動物、非常に不気味な存在です。
     しかし本作品では、美しい言葉使いだし言動も立派なので、いい人というかいい生き物のように思えてきます。
     ネット上で“件”の伝説について調べてみると、非常に不気味な言い伝え・都市伝説が出てきます。
     私は何でも真に受けて信じてしまう方だから怖くなってきます。
       http://d.hatena.ne.jp/nazegaku/20170125/p1

  • 特別な人たちが、世間とは少し違う家族となる話。
    特に巻末の原作・津原泰水さんと漫画・近藤ようこさんのコメントが素晴らしい。

全33件中 1 - 10件を表示

近藤ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂口 安吾
有効な右矢印 無効な右矢印

五色の舟 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五色の舟 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

五色の舟 (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする