ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)

  • 2991人登録
  • 4.33評価
    • (449)
    • (344)
    • (115)
    • (14)
    • (1)
  • 277レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2015年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047301535

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 1年半ぐらい前、本屋でちらっと立ち読みして一気に好きになった作品。ようやく単行本買いました。

    要は、「ダンジョン深層部でドラゴンに喰われた妹を助けるため、ほぼ一文無しでダンジョンに潜る主人公たちがダンジョン内のモンスターを食事にして進んでいく」という作品です。倒しては喰い、喰っては倒す。この世は弱肉強食です。

    この作者、RPGへの造詣が深いのだろうというのは容易に想像できますが、RPGの中でもドラクエとか最近のファイナルファンタジーみたいな「簡単な」造りの作品じゃなく、昔のウィザードリィとかイースとか女神転生とか、最近だったら世界樹の迷宮みたいな、一つ間違えるだけでサクっと全滅したり詰んだりするような「キツい」造りのRPGが好きなのではないかと思います。あるいは、20年ぐらい前に流行ったTable Talk RPGみたいなやつとか。そうでもなければ、この設定と作りこみには至らないでしょう。

    主人公、および料理上手のドワーフはそこそこ変人で、同じパーティのエルフとハーフフットは常識人。そこでの会話のやり取りも面白い。

    この巻でツボだったのは
    「こんなわけのわからないもの 食べられる筈ないでしょ」
    「どんな食べ物も 最初のひと口はわけのわからないものだ」
    「今やる挑戦じゃねーだろ!!」
    です。

  • 友達に借りて読んでみたら、すごく面白くてどんどん読み進めていきました!
    闘っているときは普通に気持ち悪いモンスターなのに、
    調理されたあとは美味しそうで、専門店ができてもいいんじゃないかってぐらい笑
    マルシルが空回りして拗ねるところが可愛い(´∀`)

  • RPG好きなので知ってる知ってると思う魔物たち。その魔物を料理する展開がビックリするも楽しくて(笑) 妹・ファリンを助けるためにダンジョンに戻るけど、ライオスの魔物を食べるという並々ならぬ思いがひしひし伝わってくる。リアルな料理方法で一瞬美味しそうに見えてしまうのがなんとも言えないけど、動く鎧は食べたくない(笑)

  • グルメギャグマンガ。

    と思いきや4巻からシリアスになってきた。
    良いね。

    黒魔術使う設定とかいい。

    グルメ?あり、バトルあり、
    そしてプラスα が良い。
    これから期待。

    絵も上手くなってる。

    どのキャラもいい。


    2017/3/15

  • ドラクエ世代に自分にとって、たまらない舞台設定。

    モンスターを狩って、調理して食べる。
    それだけなのに、なるほどと思えるところが多い。

    バジリスクは普通に美味しそう。

  • 面白くなくはないのですが、私はあんまりはまらなかったです。絵があんまり上手じゃないからかな。

  • ダンジョンを潜って行くRPGは、体力が消耗して、とてもお腹が減ります。確保したモンスターを 調理して美味しく頂くというシュールなグルメ薀蓄をネタに、アドヴェンチャーコミックを作るというアイデアが買いです。アドヴェンチャーなのに、ほのぼの感いっぱいです。

  • 確かにRPGって本当はこういうことがあるんだよなーと思う。
    多くの冒険者が挑んで全滅したら死体は転がっているだろうし、ダンジョンの中でもご飯は食べないといけないし、お金も必要だし。
    ファンタジーの中にあるリアリティが面白い。

  • 逆の意味で飯テロ。

  • ヨジデーが冷めますぞ。
    正統派ファンタジーから逸脱してないのに話のメインは料理。そしてしっかりギャグも入っている漫画。
    大体どんなストーリー化知ったうえで読んだんですけど、ファンタジー要素(真面目要素?)が思いの外多かった。
    もっと全力でモンスター料理に数値を振ってるかと思ってたのでチョイ意外でした。
    ファンタジー物大好きなので面白く読ませていただきました。お馴染みのモンスターの料理法を知れて一石二鳥(?)。
    1巻の一番の見どころだと個人的に思うのはマンドレイクですかね。うん。

  • ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう!」スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、ダンジョンの踏破を目指せ!冒険者よ!!(Amazon紹介より)

  • 一番食べてみたいのはミミック

  • ゲームやファンタジー小説に、モンスターの
    素材を使って作った武器防具は沢山登場するのに、
    モンスターを料理して食する話は
    目にする機会がありませんでした。
    モンハンの猫飯とか、ひょっとしたら
    という感じですが、具体的ではなかったはず。
    それだけに、この作品がヒットしたのは納得です。
    マルシルの常識的な考え方にすがりつつも行動は
    結構無茶苦茶なところや、チルチャックの
    ぶっきらぼうでも優しさがにじみ出る態度など
    キャラクターも魅力的。
    主人公がとにかく『モンスターを料理して食べたい』
    という雰囲気をばしばし出しているから
    状況は正直ベビーなのにコミカルな話になっていて
    親しみやすいと思います。

  • 連載中。
    「人気」ということで、1巻読みました。
    読み終わる時には早くも退屈していました。
    自分の経験値やコレクションにならないRPGを見ているような…
    巻数を重ねているので、ストーリー性が出てきているのでしょうか?いずれ再チャレンジしてみたいと思います。

    追記
    3巻読後。
    クッキングばかりしていて退屈だった1巻(確かにそういう趣旨のマンガですが…)
    ストーリーとクッキングが半々くらいになってきて読みやすくなってきました。

  • 書名を描いてくれた方に「激同!」とのご意見を描いてくれた方がいました。

    本館未所蔵ですが、ご紹介いただきましてありがとうございました!

  • 読む前にイメージしていたより冒険していて、冒険のために料理してる感じが好感持てた。
    ファンタジーの世界観も王道のRPG的なのも良い。
    王道RPGにモンハンをプラスした感じのバランスかな。

  • モンスターを食す。
    なにか、とてもキモイのに、料理したものを食べたくなってしまうから不思議。食材たちがととも魅力的なのも良い。

  • RPGグルメ漫画。ゲテモノかと思いきや普通に美味しそうなものが多くてまた笑える。チルチャック好きだから似てると言われるのは微妙に嬉しい

  • 【別置/請求記号】 726.1/ク/1 
    【資料ID】 1001012758 

  • RPGでおなじみのモンスターを料理して食べてしまう、という発想が面白い。

  • 「便所飯」みたいな話かと思ってました。異世界に転生してまで、便所飯みたいな境遇だと悲しいなと思っていたのですが、ぜんぜん違う話で、ダンジョンで倒したモンスターをいろいろ調理方法を工夫したりして食べてみよう、というお話。
    異世界転生モノの中でも珍しいタイプの話で、結構楽しめます。

  • ファンタジー/グルメ
    17.03.01 04巻up

    1-04巻 続

  • 怪物を食べるとは。。。分かっていてもちょっとね。

  • 昨今の食をテーマとした漫画のブームは抑圧された性的欲求の代替行為である、とかなんとか適当な評論を言い出す人がでそうなくらい食を扱った作品は濫作されている。そのなかで確固とたオリジナリティを持つのがこの作品だ。
    ダンジョンRPGな世界で飯を食う、だけならまだしもこの主人公は敵となる魔物の巣窟であるダンジョン内で自給自足をはじめようとする。食料は魔物やダンジョン内に生息するもの、作品世界でも普通の人間はしない所詮はゲテモノ食いである。しかし、ただ荒唐無稽に奇をてらったテーマを設定している訳ではなく主人公がダンジョン内で自給自足をはじめようとするのにはきちんとした理由がある。
    この作品の面白さは徹底した設定により空想世界を現実に落とし込んでいるところだ。描かれる食をメインとしたダンジョン内での生活や魔物の生態のディティールの細かさが読者に歩き茸やスライム、バジリスクという現実ではあり得ないものの味を説得力を持って想像させる。出来上がった料理が実在の料理と大差ないのが余計に味の想像を七色のものから「◯◯に似た味なのだろうか?」と現実味を帯びさせる。まさか動く鎧の味を想像することになるとは、発想に一番驚いた食材だ。
    そして主人公たちがダンジョン内で自給自足をする理由となったストーリーも少しずつ進行してゆき、2巻では怪しげな伏線も登場し始める。彼らの“冒険”の中での生活も非常に面白いのだが”冒険”自体もこれからどうなるのか興味深い。
    個人的に絵柄とキャラクターの表情の豊かさがとても好み。特にマルシルがオーバーリアクションで表情がコロコロ変わりとても可愛い。グルメ漫画にありがちな女性の発情したような表情の食事シーンが好きじゃないのでマルシルの素直な「おいしい」表情が非常に好ましい。
    これからどんな生物をどのように理屈付けして料理してくれるのかワクワクする。
    ダンジョン飯できるものなら再現したい。

    本編とは別の雑感としては、スライムやゴーレム、ミミック、動く鎧などRPGにでてくる定番の生物がある程度共通概念として伝わることが凄いなと思った。一番の功績はやはりゲームだろうか?偉大さを感じる。

全277件中 1 - 25件を表示

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)に関連する談話室の質問

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)に関連するまとめ

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)の作品紹介

待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!

九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化!
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

ダンジョン飯 1巻 (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする