辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子

  • 53人登録
  • 4.56評価
    • (10)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 支援BIS
制作 : 笹井一個 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2015年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (439ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047304710

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 久しぶりに重厚な、ファンタジー冒険小説に出会えたことに感謝したい。
    デルフィニア戦記を読んでいたあの頃と同じくらいワクワクしている。

  • ジュールラントは王太子になったからではなく、元からあんな性格なんだろうけど、いつか策士策に溺れる的な目に遭うんではないかと思ってしまう。
    あと、ドリアテッサアがどのようにバルドたちを語ったのか読んでみたいのと、このまま暴走していてもらいたい(笑)

  • 主人公バルドはお爺ちゃんだし~と毎回思うのだが読みだしたら止まらない。味のあるストーリーとメシウマ描写、味のあるイラストにノックダウンされます。
    もちろん過去のある凄腕剣士のカーズの居ますし、ここぞと云う所で活躍する盗賊のジャルチャガも大好きです。
    要所要所に女性の影もありスキのない物語です。
    今回は辺境競武会での試合や歌にバルドもカーズもドリアテッサも活躍します。新登場のシャンティリオンと水戸黄門の世直し旅もどきもします。魔剣の謎も解明です。
    外伝は『レイリアの恋』ザイッフェルト・ボーエンの息子ティグエルトと、ゴドン・ザルコスの姪レイリアの恋バナです。

  • ネット公開版を読みいつか買わねばと思った次第

    3巻はあのシーンだなあと思い返せる表紙だな。
    料理が取り上げられているので鬼平犯科帳を連想する方も多いようだけど、どこか荒涼とした世界と生きることを当たり前当然の素晴らしい軌跡の現れとする感覚は宮城谷昌光さんを思い起こさせる。

  • 闘技大会の開催少し前から、大きな戦が始まりそうになる辺りまで。

    3本フォークが出てきた。
    魔剣の力で(外見はともかく)若返っている…。

  •  パルザム王国での諸事を描き、中原に巻き起こる戦乱の始まりを描いた今巻は、一言で言うのなら、大変面白かった。いま現在読んでいるシリーズの中でも屈指の作品だろう。
     文物への深い知識もさることながら、そこでの洞察の鋭さには本当に驚かされる。たとえば、私でもわかるもので言えば、歌が共鳴するものだ、という見解。これ体験でしか理解できないものに思われるのだが、折り返しを見て納得。なるほど、東京音大のご出身だったのか。
     ストーリー展開のテンポの良さと、その裏で働く大きな動きとがよく計算されていて、様々な設定と展開が結びつき、少しずつ物語が披露されていく様は本当に心地よい。

     不動の星五つである。次は冬に出るとのことで、刊行ペースが上がっているのは読者としては本当にありがたいところである。楽しみに待ちたい。

全6件中 1 - 6件を表示

支援BISの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ゼン
有効な右矢印 無効な右矢印

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子はこんな本です

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子の作品紹介

老騎士の周囲にはいつでも冒険があり、正義があり、気高い志がある。騎士としての生涯に一点の曇りなし。だが、しかし-。秘めたる過去と使命ある未来。架空飯なのに美味しそう!話題の飯テロ小説!!グルメ・エピック・ファンタジー。

辺境の老騎士3 バルド・ローエンと王国の太子のKindle版

ツイートする