なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)

  • 32人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 小田菜摘
制作 : 凪 かすみ 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047305922

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 舞台は、宮中へ。
    縋子が帝に即位し、新しい体制の基板を作る中で、帥職を解かれた三の宮が問題に…
    というわけで、さぞや華やかで妬みの絡んだ宮中絵巻になるのかと思いきや、そうでもなく、明槻と塔子の仲は横に置かれ、三の宮とその関係者が登場。
    いろいろと複雑な姻戚関係の説明が少々ややこしいが、頑張って乗り越えてくれたまえ。
    全体的に続刊への布石的な要素ばかりで終わったので、この巻だけでの感想はなんとも言えない。
    あらすじなど下記
    http://books117117.blog110.fc2.com/blog-entry-4769.html

  • ヒロインが元気良すぎて、もう少し落ち着いて考えて行動したら…と言いたくなってしまう。1巻ではもうちょっと考え深い子だったような気がするんだけど。

全2件中 1 - 2件を表示

小田菜摘の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)を本棚に登録しているひと

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)の作品紹介

東宮・明槻と向き合っていくため、宮中に帰ってきた塔子。しかし、明槻の義母・縋子が帝に即位した関係で明槻の異母弟・三の宮が帥職を解かれてしまう!!明槻の妃候補だった苑子が三の宮が奪ったことによる報復人事ではと噂されるなか、塔子は、明槻が本当は三の宮を解任したくなかった思いに気づく。そんなある日、塔子はなぜか苑子の母親に呼び出しを受け…!?

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)はこんな本です

なりゆき斎王の入内 -心惑ひははかりなし- (ビーズログ文庫)のKindle版

ツイートする