ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)

  • 1960人登録
  • 4.29評価
    • (247)
    • (222)
    • (72)
    • (6)
    • (2)
  • 141レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2015年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047306769

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ゴーレム可愛いな。オークのところの話は、ちょっとしんみり。除霊アイスと、センシのお髭ふわっふわには笑った!

  • ただのゲテモノ料理でなく、モンスターをきちんと下ごしらえして調理しているのが魅力的。多種多様なモンスターに合わせて、多種多様な調理方法をみせるセンシの腕前はお見事。

  • 相変わらずユルくて目的忘れがちに…しかしそこがいい(笑)
    ゴーレムを利用して野菜作るなんてよく思いつきますね。
    料理としては1巻の方が美味しそうで面白かったかな。
    でもセンシは本当にすごい…

  • マルシルかわいい

  • 安定の第2巻。ダンジョン3階はゴーレムやゴーストや呪いの絵画など、食べれない魔物ばかりだが……!?
    そう来たかー。ってかんじ。食糧ネタもありつつ種族の話なんかも織り混ぜて。マルシルBBA可愛いよマルシルって感じ。いったいいくつなんだ笑
    魔物の生態ネタがやや少なくて物足りない感じもあるが……。あと2巻くらいでスッキリ終わりそうにも見える。

  • 1巻がおもしろかったので2巻も読了。もっと食材(モンスター)を調理を見たい。次も楽しみ。

  • 次々と色んな食材(モンスター?)が登場して、飽きることなく楽しめました!
    ファンタジー生物の生態も楽しめる点がお気に入りです。ゴーレムと食・・・斬新でした(笑)

  • 最初の話を読んでの第一声が「すごい!普通の食べ物だ!」でした。
    育てた場所はちょいとアレですが、普通のお野菜にベーコン!家でも作れそうな料理でした。
    2話目もわりと普通の食べ物でしたが、3話目ががが。
    扱い的にはあれですよね、イナゴの佃煮。
    そして絵に描いた餅はやっぱり絵に描いた餅なんですね。
    今回も楽しく読めました。
    もう今から次巻が楽しみ。

  • センシがふわふわに!!

    一巻よりはゲテモノ食い感が薄いかな。
    ケルピーは美味そう。

  • この素朴さがいつまでも続くと嬉しい。

全141件中 1 - 10件を表示

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダンジョン飯 2巻 (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする