神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)

  • 41人登録
  • 3.89評価
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 石田リンネ
制作 : motai 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2015年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047307513

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)の感想・レビュー・書評

  • 『おこぼれ姫』が凄く好きなので、石田リンネさんの別の作品も読んでみたくて購入。思っていた以上に面白かった❗

  • 読み終わってから『おこぼれ姫』の作者だと気づきました。まだシリーズの始めながらも、盛り上がり楽しくなる予感。千鳥様は人たらしか(笑)?東雲様の千鳥様に対する執着?は今後どの様に書かれるのか気になります。神様の執着って。

全2件中 1 - 2件を表示

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)を本棚に「積読」で登録しているひと

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)の作品紹介

「ご隠居と呼べ!」 気楽な神さま生活、始まり始まり……の、はずが!?

現代日本。関東の『土地神』である千鳥(←四百歳越え)は、神さま歴一カ月半! 忙しい人間生活をようやく引退した千鳥は「ご隠居と呼べ」と皆に要求しつつも、やっぱりなにか仕事ない……? とそわそわする毎日。ある日、頼りになる右腕の柏、現代っ子の帯刀と共に、月に一度の神さま会議に出向くが……先輩神さま方から「平氏の亡霊が蘇った」と厄介な仕事を押しつけられて!? 土地の記憶に眠る『伝説の武器』を手に、彼らの戦いが始まる――!

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)はこんな本です

神さまになりまして、 ヒトの名前を捨てました。 (ビーズログ文庫アリス)のKindle版

ツイートする