心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書

  • 725人登録
  • 3.62評価
    • (37)
    • (92)
    • (66)
    • (20)
    • (5)
  • 100レビュー
著者 : 名越康文
  • 角川SSコミュニケーションズ (2010年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315211

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 精神科医でありカウンセラーである名越康文氏が、10年来の外来診療からつかみ取ったある心理モデルについて、具体的なノウハウとして人の悩みから解放されるためのノウハウを打ち立てた本。
    名越さん曰く、カウンセリングの経験から、人間がもつ感情(とくに怒りの感情)に振りまわれることが人間の健康にとって脅威であるとのこと。そのような怒りをもってしまう出来事のエピソード分析などはある程度は役に立つけども感情をコントロールする決定打にはならないという。それは、感情というものが、日常の生活のなかで、ぶくぶくと泡のように沸き立っては消えていくものだからだ。このことに注目することの臨床的な意義は大きいという。そして、名越さん曰く、瞬間瞬間にフッと楽になって、一瞬であってもいいから、感情から離れて自分が楽になるという経験を重ねることが大切だということだそうだ。
    名越さんのこの仮説には、とても面白いものを感じた。

  • 2年くらい前、「怒りをコントロールする」みたいなテーマで近所に名越先生が講演に来てくださる!とのことで会場に向かっていたところ、おじさま&若い女性にぶつかりそうになった。すいません!とそのまま失礼し、連れが来ないので喫茶店で時間を潰すことに。講演開始。あっ名越先生さっきのおじさまの服装と似て…あっご本人?!!!ぁああああああ となったことがある。その講演会で紹介されていた本。目が悪いのをこんなに後悔したことはない。読みたい。

  • いろいろ自分を言い当てられた。
    過去にも縛られ、未来にも希望を見いだせない自分を改めて認識。
    フッと軽くする練習は、わたしの課題に通じていた。
    めんどくさがってしまってやってなかった。

    ただ漫然と毎日を過ごす人と創意工夫して毎日を二度と同じ日はこない大切な経験として過ごす人と既に途方もない差ができてしまったなあ。
    、ってもんもんとするのは過去に縛られてることなんだよね。

    あとは自分がやるだけだ。

  • 朝の過ごし方ひとつで変わりますね。
    大きく深呼吸して。
    それから、早朝ウォーキングに出掛けます。
    英語ニュースをiPodで聞きながら。
    今に集中。

  • 「今ここ」を大切に意識して過ごすことで、妄想的な不安は少なくなるとのこと。少し宗教的にも聞こえますが、心理学的には自明のことかも。自分はこのごろ「今ここ」で精一杯だなぁ…別の問題あるかも。

  • 多くの人が不安を抱えて生きる時代に、どのような心の持ちようができるかの非常に具体的な処方箋。不安というのは過去を悔やんだり、未来を恐れたりする事からくるもの。だから「今、ここ」の達人になること。開き直れること。とても説得力がある。何度でも読みたい。

  • 人はどうあるべきか、問題にぶつかった時どうやって対処すればいいかがわかるバイブル。心が洗われる本。

    過去や未来を憂えるのではなく、今ここにいることを認めて精一杯取り組む、幸せを感じることが大事。
    最後は腹をくくって、開き直ることも必要。
    性格は変わらないが、心は変わる。心という部屋にジャックは沢山あって、差し替えれば現金にも暗い部屋から楽しい部屋に切り替わる。

    心を切り替える練習をすればいい。何かに夢中になったり、朝の散歩も心のスイッチなのかも。ストレス解消は、日常の中で日々やっておく。

    閉塞感とは何?こだわりは大事?貢献感っていいこと?自信を持つには?

    トリガーワード 閉塞感40 過程35 求められる108 こだわり91 貢献感1% 目の前のことにちゃんと取り組む66 腹をくくる170 自信172

    信頼できる人からのオススメの本、自分でもチェック済みだっただけにセレンディピティした本

  • 2017年43冊目。

    前半のなぜ自殺が増えたのか?論は仮説を並べただけで根拠にかけ、読むに耐えなかったが、中盤から語られる心を軽くする方法はアドラー心理学に精通するものが多く理解できる内容だった。
    次から次へとネガティヴな思想や妄想が頭をかき乱す時は、集中していない時。
    集中力を高め、「今、ここ」に意識を集中させることができれば、ネガティヴな妄想にとりつかれることはなくなるだろう。

  • 「気がする」「と思う」が多くてなんで読んでるのか分からなくなった。

  • コミュニケーション自体が人とつながることだというのは大きな誤解である。
    会ったことのない人物、例えばジョン・レノンやガンジーとさえ心の中で対話できる。
    本を読んだり音楽を聴いたり映画を見る、これもつながりであると。

    まさしく金言である。
    絆というものを考えさせられた。

    コミュニケーションを取らなければならない、という強迫観念を捨てる勇気。

    これこそが今を生きる力になる。

全100件中 1 - 10件を表示

名越康文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
村上 春樹
村上 春樹
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
村上 春樹
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書を本棚に「読みたい」で登録しているひと

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書の作品紹介

うつに向かいそうな重い気分、暗い気持ちを切り替えて、前向きに生きるにはどうすればいいのか。すぐにネガティブ思考に陥ってしまいそうな時代の「今を生きる力」を、10のヒントとしてまとめた。

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書のKindle版

ツイートする