「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)

  • 135人登録
  • 2.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (22)
    • (13)
    • (7)
  • 21レビュー
著者 : 林望
  • 角川マーケティング(角川グループパブリッシング) (2011年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315419

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)の感想・レビュー・書評

  • 情けないことですが、最近体が思ったように素早く反応できなくなってきていると痛感します。自分に残された時間の定義は、観点によって長さは異なってくると思いますが、何をとっても限られた時間しかないことを悟り始めました。この本は時間を有効に使うための生活や仕事をする上でのヒントが書かれています。

    来るであろう瞬間に、自分は充実した人生を送ったと自分に対して言えるように、この本に書かれたことを参考にして、これからを過ごしていきたいと思いました。

    はしがき(p7)に書かれてあった「無駄な時間を省くとは、有用な時間を生産する」という考え方は、私にとって重要なものでした。

    以下は気になったポイントです。

    ・A4サイズの1枚の紙を、まず縦長に4等分に折って、それを垂直方向に折ると名刺サイズの大きさになり持ち運びに便利になる(p22)

    ・キーワードは3脚と同じ、1脚、2脚では自立できないが、3脚ならしっかりと地に足をつけられる(p27)

    ・日頃からよく読む好きな作家がいれば、まずは自分が読んで面白いと思った文章を真似る(p41)

    ・文章を書き始める前に、3つほどのキーワードをパソコンの入力画面に入力しておく(p47)

    ・何十回と同じ単語を使うかわりに、具体的な描写で表現する(p53)

    ・読書は個人的な体験であり、本を読み続けるには、自分の中にモチベーションが必要、それに合った本であれば読破できる(p72)

    ・一流の人は、どなたも物腰が穏やか、自然体で優しく人に接してくれる、自分の「眉間」(しわを寄せない)と「目線」(相手の目を見て話す)に気を付ける(p81、82)

    ・美空ひばりはステージから出た瞬間に、周りを見回ることであった、そうするとみなの心は引き込まれる、話を人に確実に伝えるには、語りかける姿勢が必要(p86)

    ・90分の講演であれば、聞いている人に満足してもらえるには、その10倍時間をかける努力が必要(p88)

    ・外国語を効率よく勉強するには、国内の英会話学校へ行くよりも、海外で数か月間、現地で苦労してみることである(p97)

    ・海外で話し掛けるには、お年寄りに定めるとハードルが低くなる、どこの国にもお年寄りには親切な人が多い(p103)

    ・時間の見える化をするには、「いつまでに仕上げる」というように、一つの物事にかかる時間を見極めながら常に動く(p125)

    ・失敗しないためには、一つ一つの仕事の内容をどう組み合わせて同時進行するか、重層的に使うことが必要である(p127)

    2012年9月30日作成

  •  タイトルがちょっと気になったので手に取った本です。
     林望さんの著作はエッセイや小説など何冊か読んでいますが、今回のものは、とても実務的・功利的な内容です。情緒的・文学的な風情を感じる余韻は全くありません。そのうえ、本書で紹介されている時間の使い方に関する「リンボウ流の勧め」は、残念ながらほとんど私には響きませんでした。
     正直な言い方が許されるならば、こういった趣向のエッセイなら、あえて林望さんのものを選ぶこともなかったように思います。

  • 以前から、思ったことをすぐ忘れている。思ったことすら忘れることにすら気づいていなかったこと、にやっと気づいた。思った瞬間に脳波みたいなものを使って、自動的にメモをとれる未来はいつ来るのだろうか。それほど、忘れることへの対策を立ててきた。忘れることの効能は言うまでもないのだが。
    現代人の生活は、古代人と比べると、スピードが早く刺激が多いような気がする。それに、脳が対応していないのかもしれないなんて。
    著者の時間の作法の根本は、生きている時間をどうしたいかだ。生きているにはなにか残したい、何かしら成果を残したい、残さなければならない、残すべきだ。という価値観の基においては生き急ぐように1分1秒一瞬を大切にして、無駄なく効率の良さを追求する。具体的な方法を写真を交えて解説してくれるのはありがたい。
    時間は常に止まることなく、すべてにおいて同じ速度で進んでいる。体感的には、それぞれの感覚で違い、私の中でも時間は速度を変える。私たちの感覚は、そういう性質としてしか時間を捉えられないから、それぞれの時間の作法を持つことは、生きやすくするのにつながる。

  • A4メモは実践してみたい。3つのキーワードをまずpcに打ち込み文章の骨格を作る。
    相手が何を知りたいのかからメモを作成する=自分の書きたいことだけを書かない

    洗濯乾燥は機械で。食洗機は自分で洗う。

    相手の目を見て語りかけるように話す。回り道はなく、常に準備をする。

  • 時間は取り返せない

  • あまり目新しい内容はなかったかな

  • エキセントリックな人だから、極論多い。
    126ページ
    茶はだらだら飲まずに1秒で飲むべし、とか
    英語の勉強は海外でOJTとか

    あと風邪を引かないように、冬場は外出せず
    買い物はネットで済ませ
    外出の時も密閉されるエレベーターは使わず階段で移動
    どうしても必要な時は
    人のいない時間を見計らって深夜スーパーで買いものなど

    タバコは時間と人生の無駄、というのは同感

    30、パソコンにメモ、ファイル冒頭に20131027とか日付入れるべし
    61、A4の8つ折り用紙をメモ帳に
    などは使えそうなアイデア

    自分の挫折の話なんかもアケスケに語る

  • 2013/5/2読了
    作家の林望先生による時間活用の考え方。基本的には急いで急いで人生を突き進むという方向性だ。そのためにいかに効率よく日常生活を送るかについて考察されている。押し付けがましいハウツー物ではなく時間活用についての考え方の一つであるから受け入れ易く仕事へのモチベーションも上げてくれる一冊である。

  • 作家であり学者でもある著者が40年以上取り組んできた時間との戦い。日々の生活、仕事、人生それぞれについて時間の作法を紹介している。

    (メモ)~8章「人生という枠で時間を見る」より
    ・遠回りが近道になる。
    ・チャンスはどんなものでも受け入れる。
    ・急がば回るな。

    【時間マネジメントの心構え】
    「人は誰でも自分が思っている以上の事ができる。」

    そうした上で、

    「できる事はできる。できない事はできない。」

  • なるほどー!が満載。
    仕事についての件は納得。やっぱり、気乗りしないことも、与えられたチャンスはやってみた方がいいのねφ(..)
    えぇ!?そこまでは出来ません(>_<)というのもあったけど、自分で取り入れていけそうなのから、やってみようかな…!

  • イギリスはおいしいなどのエッセイをキッカケに好きになった、林望さん。

    どんな時間の作法だろうと期待して読んだが、私の心には響かなかった。

  • 失った財物は、努力によって、
    失った知識は、勉学によって、
    失った健康は、医学や養生によって、
    取り戻せるかもしれぬ。
    しかし、失った“時”は、二度と取り戻せない。

    著者である林望先生の-無駄な「時間」は一切省く-といった生き方がまさに凝縮されている本だ。
    そしてその考えを軸として、章ごとに異なったテーマで話が進められている。
    「アイディア」をいかに効率的に、正確に使うこと
    「文章」を素早く適切に書くこと
    本やニュースなどの「情報」を効率的に読み取ること
    から、料理や家事といった「生活」時間の重層的利用
    と、ワーク、ライフに関するあらゆるテーマを“リンボウ”先生が
    独自の経験、実用例を基にとてもわかりやすく述べてくれている。

    一番印象に残ったのは、
    第8章“「人生」という枠で時間を見る”「チャンスは受け入れる」
    この章は林先生のたどってきた“自分史”を述べつつ、改めて人生における「時間」の大切さを読者に語りかけている。
    与えられたチャンスはどんなものであっても受け入れること。
    そうすれば、次のチャンスにつながっていく。
    でも、目先の利益とか成果にとらわれるのではなく人生という長い目で、取捨選択を行うこと。

    日々、心がけるべき、忘れてはいけないことにハッと気付かされた一冊でした。

  • リンボウ先生流の時間節約術。ブログにメモしました。http://kimkatsu.com/wp/post4231.html

  • 書籍化する必要があったのか?目次を読めば事足りる内容。

  • 内容はいま一つ。

    ★人生という枠で時間を見ること。そのための時間の有効活用は欠かせない。

  • 食器の洗い方は、すぐに試せます。^^;

  • エッセーと思えばいい。お説教集と思えばいい。

  • 林望さんはぼくと同じ1949年の生まれ。林さんを知ったのは、1996年に初めてイギリスへ行ったあと『イギリスはおいしい』を読んでからだ。それ以後何冊か読んだが、そのうち林さんは大学をやめて作家になってしまった。一頃の林望ブームは去ったかもしれないが、今でもそれなりにファンはいるのだろう。ぼくがこの本を買ったのは、この手の本は立ち読みをすればいいかと思って読んでいるうちに、林望さんが人生で3度挫折をしたと書いた一節を読んでしまったからである。そうか、林望さんも挫折をしたことがあるのか。林さんはイギリス本でイギリスブームを巻き起こしたが、本当は書誌学者で、オックスフォードやケンブリッジの日本書の目録をつくった人である。そんな林望さんがなぜイギリスに行くことになったのか、本書を読めばそれがわかる。塞翁が馬とは言うが、人生において、なにがいい方に働くかわからない。林望さんの人生はその見本のようなものだ。本書は全体として「時間」をいかに有効に使うかという話で、ぼくはそこはあまり感心しなかった。たとえば、ご飯はさっさとつくり、お茶はさっさと飲むという。それはそこになんの生産性もないからだという。そうだろうか。それこそ時間を有効に使うといいながら、時簡に追われる人生だ。ご飯は楽しんで食べたいし、お茶はゆっくり語らいながら飲みたい。そんな時間も惜しんでなにをやろうとするのでしょう。人のためにものを書く?講演する?ふ~ん。洗濯もほさないで、乾燥機だというけど、電気がなくなったらどうするのですか。お天道様のもとに干すのは、花粉や放射能が飛んでいなければ気持ちのいいものです。もっともぼくの知っているスイス人などは、1週間に1度地下洗濯場で洗って、乾燥機にかけていたが、これは要するに日照時間の少ないヨーロッパ人のまねではないですか。林望さんの本で、あとぐっときたのは、「60歳になると終着駅が見えてくる。70歳を過ぎたら残りは余生だ」という一節だ。林望さんは、そんな時間を遮二無二「意味あるものとして使う」ことだという。後半は心がけたいが、遮二無二はお断りだ。

  • あっという間に読み終わった。酒とタバコは時間の無駄というのはとても共感できる。

  • 1hで読める、読みやすい新書。
    なるほど、この人なりの人生が詰まっている。

全21件中 1 - 21件を表示

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「時間」の作法 角川SSC新書 (角川SSC新書)はこんな本です

ツイートする