6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)

  • 168人登録
  • 3.87評価
    • (11)
    • (29)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 37レビュー
制作 : 石巻日日新聞社 
  • 角川マガジンズ(角川グループパブリッシング) (2011年7月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047315532

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)の感想・レビュー・書評

  • 今年3月11日の大地震で被災した石巻日日新聞。輪転機が水没したり、記者が津波で流され漂流したり、と何もできないはずの中、自身の翌日からなんと手書きの壁新聞を発行。地域紙ならではの気概に元気が出た。 あの地震の日、森達也「A3」オフ会に参加するため東京に行っていた私は、大学生の娘の最寄駅に着いたところで大きな揺れに遭遇。てっきり東京が震源地かと思ったくらいだったのだけど、(だって過去二回経験した新潟の地震よりずっと衝撃的な揺れだったのだもの。)
    そのすぐ後に娘の部屋でテレビをつけ、東北のあまりの惨状に愕然・・。
    そのまま、ほぼ2日間、正座してテレビを見続けたのですが、同じ映像をこれでもか、と悲惨さを強調するコメントと共に流すテレビに辟易してスイッチを切った後、新潟に戻っても、先月くらいまでテレビも新聞も封印しておりました。
    知りたい情報、ではなくて、より刺激的で恐怖感を煽ったり、なんて気の毒な・・と言いながらも、自分の家や家族は無事でよかった、と思ってしまうような情報がただ怖くてたまらなかったからです。

    その意味で、いったいあの時、何が起こっていたのか、を地元のジャーナリストの目でありのままの姿を綴ったこの記録は、私にとってとても貴重な一冊となりました。

    前半は、社長自らが語る、「壁新聞を作るまで 作ってから」の六日間。電気も水もなく、もちろん食べるものもなく、それどころか、家族や記者たちの安否もわからないまま、目の前の事実を伝えなければならない、と手書きで壁新聞を作り、コンビニや避難所に貼りに行った日々。そして、私がうんうん、そうだよね!と思ったのは、紙面が限られていたことからという理由があったにせよ、いかに悲惨か、という情報よりも、支援の状況や、地域のここは大丈夫という明るい情報を中心に載せたことでした。ボランティアや炊き出しのお願い、など、地元民の力を募る記事もあり、まだまだ自分たちにやれることがある!と思わせてくれたことも大きいと思います。

    後半は、記者1人1人が、時間と日にちを追いながら、あの時の自分はどうしていたか、を語っておられ、ジャーナリストとして、また、1人の人間として、そして、家族を持つ親として子としての気持ちを率直に教えてくれます。若い記者のエネルギーに驚き、ベテラン記者の思いに共感し、と、ようやくじっくりと地震を追うことができました。

  • 東日本大震災の記憶を風化させてはいけないし語り継いでいかなければなりません。この本は、石巻日日新聞の記者達が震災後も「伝える使命」を持ち続けて闘った記録です。手書きの6枚の壁新聞はアメリカでも評価され展示されています。災害時の人間の力、希望を持つことの大事さを感じて欲しいと思います。
    *推薦者(セ教)M.N
    *所蔵情報 https://opac.lib.utsunomiya-u.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB00328490&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

  • 東日本大震災の翌日から貼られた6枚の壁新聞が、1枚1枚カラー写真で載っている点に感動。水道や電気と同じように「情報もライフラインになる」ことを物語っている。大切に保存版として残しておきたいと思う。

  • 石巻日日新聞の東日本大震災時の壁新聞のルポ。当時どのようなことを考えて壁新聞発行に至ったのかがよくわかる。また本書で指摘しているように、「危機管理能力が足りなかった」ことは否定できない。けれどこのジャーナリズム精神は多くのジャーナリストの手本となる姿勢である。その点はきちんと評価したい。

  • 以前ドラマ化されていた作品で、改めて原作本を読んでみることにしました。

    後半の、記者それぞれの体験談が、各々異なる場所や視点で記されていて、当時報道されなかった状況を、少しながら知ることができたように思います。

    以前、現地で市職員の方からお話を聞いたときに「長机を使った脱出用の橋」のエピソードをうかがったのですが、この本でも紹介されていて、改めてよく知ることができました。

    この時期は、努めて震災関連の本を読むようにしています。
    自分の中で年々記憶が薄れていくようで、なんとかリセットというか、記憶の上書きというか、そこらへんを試みています。

  • 自分も仙台で被災したが、被災のレベルが違う。石巻地域は重度被災人口が多いのが特徴か。

  • 石巻を舞台にした3.11の記録は、様々な団体や法人、企業が出してます。この本の舞台は石巻であり、本に登場する石巻日日新聞の記者が津波に巻き込まれて石巻赤十字病院に入院していたことから、『石巻赤十字病院の100日間』と併せて読むと、当時の臨場感がより強烈に伝わってきます。また、同じ被災地の新聞社という点で『河北新報のいちばん長い日』辺りと読み比べると、同じ被災地にありながら異なる環境下でそれぞれのベストを尽くそうとした人たちの気概が伝わってきて、また興味深いというところです。

    この本の出色としては、後半の6人の記者による時系列での活動記録。各自の行動が交差しているので、この記録を読むことで個人個人がどのように有機的に動き、絡み合って取材を続け、壁新聞を出すに至ったのかがクリアになっていきます。何度か、一足先に印刷された新聞を発行した河北新報への嫉妬と焦りが出てきますが、これはエゴとしてではなく、地元愛と会社愛のなせるワザと見るべきでしょう。

    もう少し内容が濃くても好かったかな、という気もします。あっさり読み終えられるぐらいの量なのが、ちょいと残念。

  • 手書きでも伝える使命を忘れず全うし、淡々と起こった出来事が書かれていました。ローカリストという言葉が印象的でした。伝えること、全国紙では伝えられないことを伝えた地元紙ならではの伝え方。そしてその熱意は評価されるにあたいします。読めて良かったです。ありがとうございます。

  • 資料ID:92113337
    請求記号:
    配置場所:新書コーナー

  • 淡々と起こったことを語っているのは、さすが記者。見習わなくては。

    家族を持つ人ほど、言葉数が少ないのが印象的だった。

  • 購入したのはずいぶん前だが、やっと読むことができた。

    震災当日からの7日間の石巻日日新聞社とそこから各地に散り、情報を集めた記者たちの記録。

    集めてきた記事を6日間壁新聞として手書きで発信。大手の河北新報などはすぐに印刷を再開するなか、もどかしい思いを抱えつつ、1枚の壁新聞として避難所に張り出した。

    それぞれの記者が自分の7日間の様子を記しているのも特徴的。

    正確な情報の大切さ、収集の難しさを感じさせられた。

    「地域のために」という共通の思いがみんなの気持ちを強くしたのだと思う。

  • あの時、3月11日の大震災で自分が経験したことを思い出します。
    事細かに大震災の記録が書かれています。6人の記者の各様の行動は必見。職員に犠牲者は出なかったものの、津波にのまれた人もいるとは。無事に帰ってこれたことに、一読者としても安堵しました。

  • 某SCの総会で夫が頂戴してきた。

  • すべての「当たり前の生活」がなくなってしまうということは、「何もわからない」ということで、それは人間にとっては、何をすべきなのか、何をしてよいのかわからないという異常事態なのだということが再認識できる。意外というか当然というかあっけないほどの記事しか載せられていないこの壁新聞が、切望され続けたということが、その現場で起きていた異常事態を外部の人間にも教えてくれる。

  • 世界の人々にも、あの衝撃、惨状をいまもなお
    訴え掛け続けている「6枚」の壁新聞。
    その製作までに至った過程を、たんたんと書き綴っている。
    そこには、地域に根付く本来の記者の姿があった。

    ただ、注目を浴びる一方で、記者たちは
    「おれたちはただ、普通のことをしているだけ」という世間との
    ギャップにも悩まされていた。

    本当に支援が必要な人たちをもっと取り上げてほしい、
    がれき問題など、伝えるべきことはたくさんあるじゃないか・・・

    記者という仕事を考える。

    **************************

    手を挙げたのは、12人中わずか2人だった。
    福島民友のA記者が分科会のメンバーに投げかけた質問。
    「福島の農産物買ってますか」
    「少なくてショックだった」。結果を見て、
    少し表情を曇らせたA記者の姿が、福島県民の心情を代弁している。
    震災後、連日福島の放射能事故が紙面をにぎわせた。
    一方でマスコミは風評被害に苦しむ農家を取り上げ、
    「福島産は安全」とPRしてきた。だが、安全を口にする、
    その自らの口に福島の農産物を入れない矛盾。
    記者として、この矛盾にどう向き合っていくべきなのか―
    責任ある報道が求められている。

    *************************

  • (ベテラン会員K.Tさんより)
    石巻日日新聞は石巻市や女川町などの地域を対象にした地域紙で、震災と津波の影響をまともに受けた。社屋も水につかり全くできなくなった状況で、3月12日から17日までの6日間、懐中電灯の明かりを頼りに6枚の壁新聞を作り、避難所に張り出して被災者に情報提供行った。自らも津波で流されるなど被災者である記者達6名が時系列ごとに日誌風に淡々と取材記録を残している。地域密着の地域紙ならではの被災状況が、紙とペンでも新聞を発行しようというジャーナリストの熱意が伝わる。

  • どうして壁新聞を作ったのか。なぜ壁新聞だったのか。

    私がテレビの前で呆然としていた時、石巻の新聞会社やその周辺では何が起きていたのかを記録した本です。

  • 2011年3月11日の東日本大震災の際、宮城県の地域紙・石巻日日新聞社では輪転機が一部水没し創刊99年の新聞発行が危機に立たされる中、彼らは『壁新聞』という方法で七日間新聞を発行し続けたその記録です。

    本書は2011年3月11日の東日本大震災のときに、宮城県地元紙である石巻日日新聞社にて、輪転機が一部水没し、新聞の発行が危うくなる中、なんと壁新聞として紙とペンだけで7日間、手書きの壁新聞を発行し、自身の家族の安否もわからないまま取材の最前線を走り続けた記者たちの様子や、発行された新聞によって励まされた現地の人々の記録を綴ったものです。

    あの壮絶な地震と総てをなぎ払い、飲み込んでいった津波のあった中で『伝えるとは何か?』ということを多言し続けた彼らの『心意気』に息を飲まれました。どんなことがあっても必要なものは『確実な情報』で、これは全国紙には決してできず、地元紙だからこそできたことだったのだ、ということを思いました。特に震災直後、混乱がピークになったときにも社長が自分の執務室に止まりこんで陣頭指揮を執っていたことや、取材に当たった記者たちの行動が時系列で記されている点。

    合間合間にはさまれている生々しいまでの震災の爪あとを写した写真の数々には圧倒させられました。彼らの貴重な記録は僕もいつかその新聞を見てみたいな、と思っております。

  • 偶然、図書館で目に付いた本。
    3.11が近いので、無意識に気にしていたのかもしれない。
    当日から一週間の石巻日日新聞の記録。
    読み進めるなかで、津波で亡くなった知人のことを思い出さざるをえないこともあったけど、読んでよかった。
    大手のマスコミは、大きな被害を伝えていたあの頃。
    被災地では、大きな事柄ではなく、自分の住む地域の情報を欲していた。
    それは当たり前のことなんだけど、それがかなわない時。それがあの時だった。
    壁新聞が有名になり、それに行き着いた事情もなにも知らなくて、この本を読んで、絶句した場面もあった。
    そして、家族や知り合いの安否もわからない不安だらけのなかで、たくさんの方々が周りを助けていることに、なんとも言えない気持ちになった。
    読み終わって思ったのは、「地域との絆が大事」「本当の報道とは、地域に密着した情報伝達」ということ。
    読んで良かった本です。

  • 資料番号:011421187
    請求記号:070.2/ロ

    ※3月11日(日)TBSで夜11時から放送の『情熱大陸』
    で特集される石巻日日新聞の出版の本です。

  • これは新聞社としての指命とかそういう内容ではなく、東日本大震災の発生直後に、現地で何が起きたのかのドキュメントとしての価値のほうが高いように思いました。惨状を伝えると共に、記者本人、そして周りの人の心の持ち方がストレートに描かれています。
    この「壁新聞」は、確かに当時の現地で何もわからないという人々には大きな価値があったに違いありません。しかし、機能としては通信社的機能であり、新聞社としてのジャーナリズムとは違うものだと思うのです。
    当時の著者らの行動は素晴らしいことですが、今の新聞というのは必ずしもその延長線上にあるべきではないはずです。逆の言い方をすれば、多くの地方誌は壁新聞を印刷しているようなものだということです。「伝える使命」というのはいい言葉ですが、油断すれば思考停止に陥る道だとも思います。
    というわけで、僕はあまり地方誌にいい印象をもっていませんが、この本に登場する記者の手記は、震災の記憶を薄れさせないための記録として、とても価値のあるものだと思います。

  •  東日本大震災ではソーシャルメディアが大きな役割を果たしたことが注目された。電話やメールが通じない中、Twitter等によるコミュニケーションが全国規模で行われたことは、今回の災害を強く特徴づけられるものだろう。
     そしてそれはTVやラジオ、新聞など既存メディアの役割を新たに見つめ直すきっかけにもなった。

     石巻日日新聞は宮城県石巻市に社屋を構え、同市の他、東松島市・女川町等を主な配達エリアとする8ページ建ての地域紙である。この小さな新聞社の名を一躍世界に知らしめたのが、地震の翌日から6日間に渡って発行された手書きの壁新聞だった。
     3月11日、地震とそれに伴う津波の影響で印刷機器が使用できなくなった同新聞は、手書きで新聞の発行を続けることを決定。新聞用ロール紙を切り取ってマジックペンで大きな壁新聞を制作、避難所等に貼り出してしていったのだ。
     輪転機どころか個人向けのプリンターでさえ高性能の機器が簡単に手に入る時代である。学級新聞でもあるまいに手書きの新聞なんて!と考えてしまうのは平常という恵まれた環境に身を置く者の特権だ。想像を絶する災害により全てを失った人々にとって情報は、水や食料、電気に匹敵する重要なライフラインである。
     5か所の避難所と、コンビニエンスストアのガラスに貼り出された壁新聞を被災者らは食い入るように見つめていたそうだ。
     本書は、そんな壁新聞発行をめぐる壮絶な記録である。

     夕刊紙である同新聞はあの日午後2時ごろには輪転機を回していたという。新聞社にとって当り前の光景。しかしそれは未曾有の災害によって破壊されてしまう。社長の近江弘一はめちゃくちゃになった社屋の中で決意する。「今、伝えなければ、地域の新聞社なんか存在する意味がない」
     もちろん社員ら自身も被災者である。家族の安否もわからない。同僚の生死もわからない。そんな異常な状況のもので手書き新聞を発行し続けた心境は如何なるものだったのか。

     ここで個人的な思い出を語る。先日、石巻日日新聞社の武内宏之常務取締役報道部長の講演会が私の地元で開催された。当時の写真のスライドを交えて話される内容は壮絶の一言だった。
    <会社の窓から津波に流されていく車が見えた。車内に助けを求める人の姿が見えたが、何もできなかった>
     終始穏やかな口調だったが、その言葉はとても重かった。
     受け入れがたい現実に直面させられた時、人はただ立ち止まってしまうのかも知れない。武内氏は「これは映画の一場面に違いない」と考えてやり過ごしていたという。そうしなければ正気を保つことができなかったのだ。
     当時、大手メディアの記者が次々と被災地入りし全国に向けてその様子をリポートしていたが、被災者に必要な情報はなかなか伝わらなかった。武内氏は語る。
    <被災地の様子を全国に伝えるのも大事だが、被災地の人々に必要な情報を届けることも大事だ>
     本書口絵には武内氏が6人の記者と写っている写真が収められている。ここに写っているのが石巻日日新聞に勤務する記者全員である。この合計7名が伝えようとした事は何だったのか。

     また同じく口絵に6日間の壁新聞の写真も収録されいてるが、日が経つにつれ情報量が多くなっていっているのがわかる。それは復興へ向けて少しずつ立ちあがろうとする鼓動のようだ。この壁新聞はワシントンの報道博物館「ニュージアム」に永久保存される事が決定し、また同新聞社に対し国際新聞編集者協会特別褒賞が授与される事も決定。さらに菊池寛賞が贈られることも決まった。
     わかるだけでいい。正確な情報を必要な人に届けること。すべてのメディアの役割の原点だ。

     もちろん物事は美談だけではない。震災直後の町ではカメラを向けられた人々から怒... 続きを読む

  • これこそがプロフェッショナルの仕事。
    原点に立ち返った時に単純に何ができるか。
    新聞の場合は「伝える」ということ。
    自分の場合は何か?を考えながら読んだ。

全37件中 1 - 25件を表示

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)に関連するまとめ

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)を本棚に「積読」で登録しているひと

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)はこんな本です

6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130)のKindle版

ツイートする