安倍晋三と岸信介 角川SSC新書

  • 25人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大下英治
  • 角川マガジンズ (2013年5月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (415ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047316058

安倍晋三と岸信介 角川SSC新書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中曽根さんが戦後政治家で最も尊敬できるのは岸とのこと。
    北朝鮮が拉致を認めたのは安倍の行政におけるリーダーシップの発揮と関係との深い信頼関係を築き上げたことによる。
    小泉は基本的に自由人(ボヘミアン)だったから、いい加減なところは徹底していい加減だったから5年半ももった。
    政治家にとって一番大事なのは信念と名誉。
    安倍総理は方向性がはっきりしているからサポートする側もしやすい。
    高村が副総理として中国を担当している。彼にはもう上昇志向がないから支えやすいのだろう。

  • タイトルは、2人の名前があるが、実際は安倍総理について書いてある。筆者の大下氏の著作はこれまでも見たが、ボリュームのある本が人間の心理なんかの描写が上手でスラスラ読める。アルジェリアの日本人が犠牲になったテロを迎えにいく政府専用機の出動の際の官僚と政治家(側近の世耕氏)の認識の違いなんかが書かれていて面白かった。

全2件中 1 - 2件を表示

大下英治の作品

安倍晋三と岸信介 角川SSC新書の作品紹介

首相の座に返り咲いた安倍晋三は、父よりも日米安保を改定した親米保守のリーダー、祖父・岸信介の影響を強く受けていると言われている。安倍晋三が描く日本の将来、真の保守の姿とは何かを綴っていく。

安倍晋三と岸信介 角川SSC新書はこんな本です

安倍晋三と岸信介 角川SSC新書のKindle版

ツイートする