「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)

  • 59人登録
  • 3.38評価
    • (2)
    • (3)
    • (10)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 水島広子
  • KADOKAWA/角川マガジンズ (2014年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (171ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047316584

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読んで納得する部分が多々あり。自分は心の中にむなしさを抱えていると実感した。むなしさからどう前向きに切り替えるか、気持ちの持ち方が解説してあるので、参考になった。

  • むなしさ、という感情にはなっていないことがわかった。今の自分には不要な情報だった。

  • クライエントの簡単な質問に答える形で書いていて、その質問が自分にピンと心当たりがあるものだとぐっと親近感を感じることができた。

  • むなしさってのは日常的に誰しもが感じるもの、というくらい普遍的な事例がいくつも出てくるんですが、どうも自分が感じているのはむなしさではないかもしれない…それはともかく完璧主義者が陥りやすい自己犠牲的な鬱の世界といいますか、思考パターンというのはなかなか変えられないですけどクセをつけるための提言ってのがちゃんとあるなと思います。憎まれっ子世にはばかるってのは、このことの裏返しなんだなと…。

  • 一言で言えば「期待するな」。セミナーの悩み相談に医師が回答するという形式で、内容的にはありきたりで薄い。もう少し医学的な内容を期待していたのだが拍子抜け。

  •  このご時世、むなしさを感じるのは、仕方がないかもしれませんが、自分の力に気づき、希望を持って生きていくことはできます。
     むなしさは、「自分の中からやってくる癒し」でしか、手放すことはできないとのこと。
     本書は、多くの人が感じる「むなしさ」の原因を解説し、克服するためのヒントをわかりやすくまとめた一冊です。

     詳細なレビューはこちらです↓
    http://maemuki-blog.com/?p=5147

全7件中 1 - 7件を表示

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)はこんな本です

「むなしさ」を感じたときに読む本 (角川SSC新書)のKindle版

ツイートする