死者の書(下) (ビームコミックス)

  • 85人登録
  • 3.59評価
    • (2)
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 近藤ようこ
制作 : (原作)折口 信夫 
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2016年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (198ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047340589

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

死者の書(下) (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • うむむ、終わってしまった。
    結局大津皇子のことは放置なのかいな。
    美しい物語ではあったのだけれども、何かすっきりとしないものが残る。
    原作あたってみます。
    それにしても、郎女がかすかに見たおもかげが、日本の神道の神でもなく仏でもなく、どこかキリスト教の神を思わせる風貌なのが、何かぐっとくるものがあります。
    あの肩を温めたいと蓮の糸を織り織り縫い縫い進む一日とは、幸福なのか不幸なのか。そんな人の身の言葉すらもうおこがましいのかもしれない。

  • 「もう人間の手へは戻らぬかもしれんぞ…」郎女の向かったは、御仏の元へか、はた死者の元か。

  • 原作の
    今すこし著しるく み姿顕あらわしたまえ――。
    郎女の口よりも、皮膚をつんざいて、あげた叫びである。
    の描写のコマがぐっとくる。

  • 耽美な霊験ここにあり。

    はた はた ゆら ゆら

全5件中 1 - 5件を表示

死者の書(下) (ビームコミックス)を本棚に登録しているひと

死者の書(下) (ビームコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死者の書(下) (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死者の書(下) (ビームコミックス)の作品紹介

時は八世紀半ば、奈良の都・平城京が栄えた頃。二上山の峰の間に、荘厳な俤びとの姿を見た藤原南家の娘――郎女は、館から姿を消し、女人禁制の万法蔵院に入り込む。「姫の咎は、姫が贖う」――長期の物忌みに入った郎女の元に、五十年前、謀反の罪で斬首された滋賀津彦の亡霊が現れる。その、白玉が並んだような、白い骨ばかりの指を見た郎女は――。日本民俗学の基礎を築いた折口信夫の傑作小説を、近藤ようこが初読四十年にして、宿願の漫画化。古代へと誘う魂の物語、完結の下巻。

死者の書(下) (ビームコミックス)はこんなマンガです

死者の書(下) (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする