ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)

  • 1359人登録
  • 4.30評価
    • (161)
    • (127)
    • (50)
    • (2)
    • (1)
  • 93レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA/エンターブレイン (2016年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047342439

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)の感想・レビュー・書評

  • やっぱり短編を描いてきてた人は強いなぁ、というか、料理ネタでマンネリ化させずにしっかりストーリーを描いていて、読み応えがある。シリアスになり過ぎずにお話を展開させているのもうまい。人気も実力も兼ね揃えてる感じがします。アニメ化まっしぐらですよこれは!/とはいえ、料理ネタがスパイス程度になってしまっているような気も、するけれど……(でもこれくらいも好き)。

  • 他のとこも食わせろ!!かえるすーつ!!!顔。笑

  • ライオス、何故寄生虫を生で食べた…w

  • モンスターを美味しそうに料理していく過程もですが、それ以外のストーリーも楽しい。
    追いかけてきてる新人グループとか、前の仲間とかキャラも多く様々な関係が見れたのも良かったです。
    目的に近づいて来ていますが、もう少し続いて欲しい。

  • 購入して読み。

    帯に「魚介フェスティバル!」って書いてあるのが笑いを誘う。

    マルシルとファリンの出会いがすごくいい話でキュンとなる。

    「見返りはいらないとか抜かす奴が この世じゃ最も信用ならないの」(p161)っていうチルチャックの一言が深いわあ…。

  • やっとでたぁ~!
    出るの待ってるマンガって意外に少ないですがこれ本命!
    そして、
    こういうダンジョン生活してみたですわぁー。
    と、
    夢想しているポケモントレーナーですが、
    ポケモンって食えるのか?!
    と、
    いうちょっとした疑問が。。。

    ・雑炊
    犬人間ってなんていう種族なんでしょう?
    2巻からの続きの色が強いですね。
    ケルピーの水辺から人魚登場!
    なぜに、
    ライオスはメーメイドの歌を歌えるのか?!
    ちょっと怖い。。。

    僕もチルチャックと同じで、
    亜人はないわぁ~。
    人間っぽくないか?


    ・蒲焼き
    刃魚ってモンスター知識になかったっす。
    どこのロープレにでてきますかね?
    少なくとも、
    ポケモンGOにはいない感じがします!
    つか、
    ピカチュウとか食べるとか無理だなぁ。。。
    でも、
    ニョロモならありか?!

    クラーケン登場!
    つか、
    ほぼほぼイカやな。
    イカや。
    まごうなきイカや!
    そのまんまのイカ!
    イカはてんぷらがいいなぁ。。。
    蒲焼ってイカをか?!
    と、
    思いつつのクラーケンについてる寄生虫ですか?!
    ミギー笑

    しかし、
    ダンジョンにも生態系があり、
    創ったのが魔術師なんですね!
    人の力なのか?!

    ・木苺
    マルシルとファリンって同じ学校だったんですか!
    天才と秀才だったんですね!
    つか、
    マルシル天才か?!
    天然の間違いか?!

    ・焼肉
    マルシルがウンディーネにぼっこぼこにされてる。。。
    で、
    血と魔力が枯渇気味。。。
    血の補給=ケルピーの焼肉ですか!
    レバー!
    レバーオンリー焼肉はアカンわぁ。。。

    ・テンタクルス
    テンタクルスってのも知らんモンスターでした。
    触手な!
    で、
    ナマリなる昔のパーティー仲間も登場!
    今は、
    タンス夫婦なるノームの学者さんと、
    カカとキキの双子さんとパーティー組んでるみたいですね。
    で、
    一時的に協力することになる!
    なにしろ、
    マルシルの治療が報酬ですからね。

    びっくりしたのが、
    兜ととったセンシの顔というか、物体?!
    まぁ、
    気になる人は見てくれ!

    テンタクルス=触手植物なんでが、
    酢で和えたよ。。。
    なんか、
    バナナみたいなのは気のせいか?!

    ・シチュー
    マルシル離脱の危機?!
    否!
    マルシルがいなきゃアカンでしょうこのマンガ!
    でも、
    魔力がないんじゃしょーがないか?
    と、
    言う事でウンディーネを倒して飲む!
    って、
    マルシルの思考がややライオス化してないか?

    アダマントってアダマンタイトですかね?
    某、
    ロールプレイイングゲームではオリハルコンなみの最高クラスの金属ですね!
    そんな金属で作った鍋だったんですか?!
    つか、
    それで精霊ウンディーネを倒そうと?!
    まぁ、
    やっちゃうのがこのパーティーなんですけどね。
    で、
    ウンディーネで煮たケルピーとテンタクルスのシチューです!
    魔力がない人が飲んだ場合何かあるのですかね?
    で、
    なんとなく、
    パーティーのナマリが和解して次へ!
    もう1人のシュローもでてくるのかな?
    まぁ、
    4巻も楽しみですなダンジョン飯!

    ・大ガエル
    カエルにライオスはケン助を奪われ、
    カエルにマルシルはアンブロシア(杖)を奪われる!
    つか、
    剣や杖に名前って付けるものですかね?
    エクスカリバーとか?!
    カエルは、
    チルチャックの機転で倒すこと成功!
    カエルは、
    テンタクルスに襲われないのをヒントに、
    カエルスーツを創る!
    つか、
    ずっとカエルスーツ着てるの?
    カエルスーツ着てレッドドラゴン倒すの?!

    オマケ... 続きを読む

  • 死にながら進んでいくパーティ笑った。ライオスがお気に召さない生イカ。寄生虫とか触手とか、ライトなグロさがあった。食中毒とはトイレが大変そう。大ガエルは爆笑した。

  • 安定の面白さ。グルメ色は若干薄まり、TRPGのリプレイみたいになってきた。

  • ダンジョンに出てくるモンスターを、倒しては食べ、倒しては食べ、彼らは食料を作りつつ先に進む。
    お金も時間も無くて準備できなかったから仕方ないけど、効率悪いね。(^_^;
    と言う「側」があるお話なのですが、何か知っている料理のような何かができあがるので、とても面白いのです♪
    早く次を~~~!!

  • 安定の面白さ。チルチャックが仲間思いでパーティ組んでないところに驚きと納得

  • 食物連鎖に魔物の生育環境と、
    なかなか深い内容になってきました。
    亜人系って食材???なんて深いテーマも。
    かつての仲間との再会、
    過去のマルシルとファリンの出会い等、
    エピソードも登場して、物語が深まります。
    魔物のみならず、冒険者たちにもいろいろな種族があり、
    また、事情がある。人間中心ではない描き方が良いです。

    しかしクラーケン・・・イカ・・・淡水にも棲息するんだ?

  • ベタだがマルシルとファリンの過去話がほっこりした。
    1,2巻よりも面白いと感じた。

  • 術を水棲モンスターにかけるというのは面白いな。そしてそれを捌くとかもw ファリンとマルシルの過去話や、最初に抜けたキャラが再登場。こうやってちらっとキャラクターを出して徐々に編み込んでいくスタイルなのかな。

  • マンネリ化というか、食材にあまり魅力を感じない。

    食材選びは大切。
    調理器具も大切。

  • 【目次】
     第15話 雑炊
     第16話 蒲焼き
     第17話 木苺
     第18話 焼き肉
     第19話 テンタクルス
     第20話 シチュー
     第21話 大ガエル
     おまけ モンスターよもやま話(3)

  • 地下4階、水辺の魔物たちとの戦いと料理ですw 人魚の歌に勝手に合わせるライオスに笑った(笑) 何においても生ものには気をつけましょうっていうね。ファリンとマルシルの出会いも少し載っていて、ファリン可愛い♡ 早く助けてあげてほしいです。カエルスーツは私無理! 絶対無理! カエルはダメ!

  • 今回もグルメ道中だけど、ちゃんと冒険もしてるねぇ。一難去って、また、一難って。楽しさがアップしています。いよいよ炎竜がいるダンジョンまでたどり着きましたね。

  • 最後の第21話、ワシの駄目な奴。タイトルで回避可能でよかったよ…。

  • ダンジョンの外では生き返らないのかー
    その辺の設定とかも面白い。

  • 今巻も「こんなの食べられるのか?」と甚だ疑問なモンスターがいっぱい。

    巨大クラーケンについている○○○のかば焼きは、絶対ムリ!
    NO生食!!!(笑)

    最初はあんなに嫌がっていたマルシルの順応性がすごい。
    そういえば目的を完全に見失っていたけど……
    本来の目的は、妹を救出することだった……

    カエルスーツには笑いました。

  • 毎度新刊が楽しみな作品です。購入、読了したのでレビューします。

    魚介系のモンスター、食ったら何気に旨いんだろうなぁ、とはRPGやりながら思ったことはあります。

    しかし、食うのは寄生虫のほうなのね……

    私もイカを捌いたことがありますが、居ますよね。なかなか取れないオレンジがかったものがこびりついていたんですが、取り除いたらまな板で微妙にウネウネ動くんですよね。
    「うぇぇ、きんもー!」
    あれ以来イカを生食で食うのすら抵抗を感じるようになりました。後で調べたら「ニベリニア」という人体に無害(ただし食ったら喉等に張り付くことも)寄生虫だそうですが……

    それでも寄生虫を食うっていう発想はないわ!

    ナマリのエピソードもいいですね。今回も読んでて面白く、笑えるエピソードばかりでした。

  • 「ケン助」って誰だよ!!!!
    三巻目です。名前つけてもらってよかったね。この剣はいずれ食べられてしまうのかな…(コミックス派なので続きを知らない)。
    今回の見どころは、カエルスーツの合わせ目から髭が飛び出してたセンシさんだと思いました。

  • ダンジョンで自給自足(モンスターを食べる)しながら、最奥のドラゴンを倒して妹を助けようという話
    今回はクラーケン食べたりしてた
    再現はしたくないけど、見ているとおいしそうではある

  • 地下4階は、強敵揃いの水のフィールド。人魚、ウンディーネ、大ガエル--水の下から急襲してくるモンスター達をライオス一行はどう倒す?どう食べる!?かつての仲間・ナマリも登場し、物語が大きく動く第3巻!(Amazon紹介より)

全93件中 1 - 25件を表示

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)の作品紹介

地下4階は、強敵揃いの水のフィールド。
人魚、ウンディーネ、大ガエル--水の下から急襲してくるモンスター達を
ライオス一行はどう倒す? どう食べる!?
かつての仲間・ナマリも登場し、物語が大きく動く第3巻!

ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)のKindle版

ツイートする