乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)

  • 950人登録
  • 4.42評価
    • (138)
    • (89)
    • (27)
    • (0)
    • (1)
  • 75レビュー
著者 : 森薫
  • KADOKAWA (2016年12月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047343788

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • パリヤさんが可愛くてニヤニヤしながら読んでしまった。

    ちょうど一巻から読み返していたのだけど、この
    巻で描かれるパリヤさんの話も一巻からの様々な細部の積み重ねなんだなぁと改めて思った。
    パリヤは最初からパリヤで、今もパリヤなんだけど、彼女が自分自身について思い悩んでいることが友人たちとの交流と彼女自身の勇気で少しずつ瓦解していくのを眺めてるとほんとに幸せな気分になる。

    ウマルとパリヤとの距離の縮まっていく様も定番の流れながらとても丁寧に描かれていて、ニヤニヤが止まらない。

    この人と一緒に生きていくことはとても素敵なことかもしれない、と思わせるのは多分劇的な、甘い言葉とかなんかではなくて日常の中で起こる些細な出来事をどう乗り切るか、という姿勢と行動なんだと思う。

    この人はこんな時こういう顔をするんだ、こういう風にしてくれるんだっていうような、信頼の積み重ね。


    家を守る為の結婚なんて窮屈そうだなぁって単純に思ってしまうんだけど、そう単純なことじゃないのよね。
    恋愛だけが人生の全てではもちろんないように、恋も情もないところから人は関係を築いていけるんだっていうことはすごいことだなって思うし、いくら自分の生きている世界が狭かろうと、豊かに生きていくことはできるのだ、生活に面白さを発見するのは自分自身なのだってことを森薫の作品読んでると思い出す。

    自分はこんなに丁寧に日常を生きてるかなー、細部に目を向けられているだろうかと、背筋を伸ばす。


    しかしパリヤさんのパン、一度食べてみたい。

  • パリヤみたいな不器用な子の良さをわかってくれるウマル親子すごいっ! 夫婦どっちかが社交的ならなんとかなるさ♪(´ε` ) パンが美味しい宿って評判になるかも? でも遠くに行っちゃったら淋しいなあ。アミルとカルルク夫妻、なんでも出来ちゃう妻がいたら、頑張っちゃうよね、男の子!

  • 大好きなウマルに嫌われたと思い込んだパリヤは、焼いたパンに想いを込めた。
    不器用なパリヤが気持ちを伝える為には…?

    ともかく今回はひたすらにパリヤさんのターンで実に微笑ましかった。
    ウマルさんとの結婚話が持ち上がったことで不器用ながらも懸命に頑張る姿がすごく可愛らしい。頭の中でああでもないこうでもないと色々考えすぎちゃって、全然口に出せないとかめっちゃ乙女してた。
    ウマルさんもあの不器用っぷりで呆れる事もなく、何だかんだぎこちなくも進展しててニヤニヤする。責任とる、にはやられた。

  • パリヤさんよかったわ~。
    刺繍が終わればお嫁入りだけどその刺繍がいつ終わるのやら見当も付かない(苦笑)

  • 結構時間をかけて読んだ。
    途中、頬が緩んじゃうシーンが結構あって、久々ににやけたりした。
    読了した感想を率直にいうと感動した。
    面白かった。とてもいい巻だった。
    お幸せに。

  • 表紙にもなってる、パンを解説するパリヤさん、最高にかわいい!
    も~その、一生懸命だけどうまく言えなくって、っていう不器用な性格、見守っていたい・・・。
    ウマルがパリヤのことを気に入った理由もわかって、これはうまくいくでしょ!と、ほくほく嬉しい気持ちがふくらむ。
    それにしても、パリヤの想像力・・・というか妄想力のたくましさといったら。カモーラさんとウマルが会ったら?!とか(笑)

    「どうぞ!わたくし丈夫にできてますので!」

  • パリヤさんのトキメキがキュンキュン伝わってきて微笑ましかったところにウマルの「責任とるから!」。撃ち抜かれました。もう男前なウマルさんと息がピッタリだしね。布仕度は大変そうだけど、好きな相手のことを想って作れるのは幸せだね。

  • いやもう、とにかくパリヤさんが可愛い。
    でもこの人の可愛らしさは作者の目というか神の目で彼女の葛藤とかがわかる上からの視点だから可愛いのがわかるけれども実際、生身の人間で同学年とか会社に居たら友達になるも難しそう… 多分不愛想なヤツとか言われて孤立しているんだろうな。まあアミルさんが来る前は作中でもそんな感じだったんだろうけれども。

    確かに死ぬほど客商売とか向いて無さそうなパリヤさんですがまあ夢は夢だし。裏方仕事をがんばればきっと大丈夫!商売はダンナと親類に任せればきっと大丈夫だ!

  • 思いや考えを言葉にすることは難しい。


    パリヤの気持ちやもどかしさはよくわかるな(笑)



    スミスの動向が気になるので、


    次巻には期待!

  • パリヤさんが無茶苦茶可愛かった。頭のなかでは色々と考えているのに、なかなかそれを表に出すことが出来ない彼女のモヤモヤしたところがだんだん晴れていくような展開が素晴らしい。

全75件中 1 - 10件を表示

森薫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)の作品紹介

アミルの友人パリヤの恋模様を描く、好評コミカル第5シーズン! 布支度は進まないし、友達も少なく、自分の気持ちは上手に伝えられない。八方ふさがりのパリヤだが、お遣いの案内役をウマルが申し出たことにより物語は一気に急展開する!

乙嫁語り 9巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする