織子とナッツン 3巻 (ハルタコミックス)

  • 26人登録
  • 4.75評価
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 原鮎美
  • KADOKAWA (2017年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346291

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

織子とナッツン 3巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

  • この作品まで終わってしまったのか・・・・・・
    ここ最近、私の好きな作品ばかり終わってるような気がする。新たに好きになれる作品も次々と増えてきていると言っても、それはそれで、やっぱ、完結巻を読むと、寂しい気分になる
    まぁ、頭じゃ分かっちゃいるんだ、イイ作品ってのは良い終わり方をしてこそ、だってのは
    ただ、リアルタイムで最終回を読んでいると、単行本もある程度は覚悟を決めて読めるんだが、最新コミックス待ちの作品だと、完結のショックが少なくとも三倍になる
    実際、行きつけの本屋で、この(3・完)を手に取り、帯に「最終巻」の文字を見た時は、床が抜けたかのような錯覚を覚えた
    あっと、しまった、ここまで、自分勝手な愚痴ばかり並べて、大事な事を言い損なっていた
    原先生、『でこぼこガーリッシュ』を含め、キュンと来る、好い作品をありがとうございました
    織子と夏生、二人の友情を縦糸に、それぞれの恋の進展が横糸になって、二つが大胆かつ丁寧に交わる事で、実に美しい作品になっていたと思う
    大学生になっても、こんな気の置けない、同性の親友が出来るってのは、長い人生の上で、大きな財産になるだろうな
    この二人は、それぞれの夢を形にしても、相手とは違った「大事」を感じるパートナーと結ばれても、親友のままでいるんだろう。会う回数は減っても、むしろ、友情は別れ際に次の約束をするたびに強まりそう
    あんまりにも、二人が仲好いもんだから、パートナーは不安になるだろうなぁ
    最終巻だけあってか、織子と九条くんの距離が、本人たちからすりゃ、大分、ギュッと詰まっていた。しかし、ここからが、まだ、時を要しそうだ。いや、案外、こっから一気にピンクの雰囲気になるって可能性も低くないな
    夏生も最後の最後で、何気に、恋のイベントが起こったっぽい
    あー、それを読めないのは、やっぱ、辛い
    原先生、第三部、描いてくれないかな。できりゃ、形式をもう一回、四コマに戻してほしい。こっちも面白かったけど、四コマ漫画の方が、ラブコメ感を強くするなら、向いていると思う
    どの回も好きだが、やはり、最終回は質が違ったな。原先生、持ちうる実力の全てを、この回に傾けたな。やっぱ、最終回って大事だ。次点が、古典芸能研究部の合宿の、ハチャメチャが描かれている、EPISODE.18「今宵はお戯れの御宿」だ。枕投げが楽しそう、セクシーなシーンが眼福だったってのもあるが、何より、二宮先輩が男を魅せてくれた。惚れた女の為なら、後輩を生贄にする事も躊躇わない、そこに痺れる憧れるぅ。頑張った男には、ご褒美があるってのもグッと来た
    この台詞を引用に選んだのは、二宮先輩と岬さんの「これから」を祝福したくなるものだったから。聞かれない、と思っているとは言え、自然に、こういう事を言えちゃう男ってカッコえーわ。このカップルがいたからこそ、『織子とナッツン』は面白かったんだな。上で、続編を読みたいとお願いした手前、アレだが、王道のラブコメも読みたいなぁ

  • あれ?なんか言葉にするのが難しいや。
    すごく楽しいのに・・・

全2件中 1 - 2件を表示

織子とナッツン 3巻 (ハルタコミックス)の作品紹介

高身長でイケメンに間違われる天野織子。
低身長で小学生に間違われるナッツンこと小池夏生。
勘違いされるけど、ふたりはれっきとしたハタチの女子大生!
ルームシェアをはじめて1年。
クリスマスパーティーをしたり、一緒にお祭りに行ったり、恋の相談をしたり。
ふたりの仲良しエピソードが満載の、最終巻!

今まで登場したキャラクター大集合のおまけ漫画も収録。
よろしくね!

織子とナッツン 3巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする