ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 541人登録
  • 4.26評価
    • (42)
    • (54)
    • (9)
    • (1)
    • (1)
  • 38レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346314

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 飯要素が少なくて、アレレ?「飯」はタイトルだけになっちゃうのかい!?とか思ってやや焦ったけれど、それを補って余りあるニューカマーが登場したのでオールオッケーです。
    引用した文がドンピシャにわたしが抱いてたイメージそのものを言葉にしてくれてて「そうだそうだ、あんちゃん若いのによく分かってるな!」ってなってしまったよ。

  • 飯要素がやや少なめで、普通のダンジョン冒険ものみたいな印象がちょっと強かったけど、こういう物語背景もそれなりにしっかり描いていかないと、この先続かないですもんね。という訳で、別のパーティーとの接触とか、根本的なダンジョンの謎とか、先の展開が気になるような内容でした。

  • カブルー黒っ!(ニヤリ)族長の妹の薬口移しとジャック・オー・ランタンの表情とクロの威嚇顔が楽しい巻だった。いや何度でも再読したい。

  • もうほんとマルシル大好き。シリアス要素多めの五巻の感想としてどうなの?とも思うがマルシル大好き。大事なことなので二度言いました。

  • 2017/08/17
    表紙のファリンがかわいい

  • 本作のキモが、「飯」から「RPG的ダンジョンのリアリティ」にシフトしてきている気がしますな。キャラや設定が増えるのは本作にとって吉と出るか凶と出るか。

  • ”ダンジョン飯”の”飯”要素は薄くなりましたが
    やはり面白い。
    今後タンスじーちゃんやカブルー達と
    どう絡んでいくのかも楽しみ♪

  • 相変わらずの楽しさがあって良いですね。
    今回のオチは「人を漬物石に使うな」かな...(^○^)

  • 初期の頃はゲテモノグルメ漫画だと思ってたのにだんだんシリアス展開になってきた…
    でもちょいちょいマルシルが石化したトコみたいな笑い所挟んでくるから好きよ。
    めっちゃ笑ったわ<邪教の偶像>w

  • ファリンが!!みんなでようやくご飯が食べられるようになったのに!…というシリアス展開なのに相変わらず緊張感があるんだか無いんだかなダンジョン飯。
    マルシルの石化には思わず吹き出しました。あの格好卑怯だろ(笑)
    それにしても腹黒そうな、ついでに肌も黒い色男が何を考えて居るんだかよくわからなくて不安。まあでもあのメンバーなら大丈夫かな、うん。
    さてこれから地上に戻るのか、大人数でさらに深層に潜るのか。次巻も楽しみ。

  • せっかくファリンが戻ってきたと思ったら・・・。
    てか、ドラゴンハムすら吸収されているってことは、ライオス達が食べたドラゴンステーキなんかも胃袋を破って出てくるんじゃないか?とちょっと怖かったよ。

    そして相変わらずマルシル大活躍。
    石化の対処法が“動けるウチに折れにくい体勢を取る”って斬新だと思った。
    そっち方向の対処か~って。

    褐色パーティが奪われた財宝って宝石虫のことだよね。
    真相がわかったら褐色すっげぇカッコ悪いことになるけど、どうするんだろう。

    しかし、ライオスの元のパーティって
     魔術学院始まって以来の才女(自称?)
     ハーフフットのまとめ役(自称)
     お坊ちゃま武士
     有名ドワーフの娘
    と、なかなか有能なメンツが揃ってたパーティだったんだね。



    ちなみにこの巻は非常に飯成分が少ない。
    数少ない飯話も、以前のように食材のために採取方法などを工夫をする描写が減って、たまたまイベントで入手できた食材を利用しての調理が増えてきている。
    っていうかドライアドポタージュは趣味悪すぎ。

  • あれ?最初はもっと能天気な「ダンジョン探検グルめぐり」みたいな話だったはずなのに?(笑)
    とはいえ相変らずのちょっとゆるい感じも健在だし、ダンジョングルメも今回は少なかったけどあったし、満足。

  • 別の漫画が始まったのかと。
    これまでの積み重ねがあったのでこの新展開はかなりわくわくしたし、まだ続くんだと思うとすごく嬉しい。
    要所要所にちゃんと料理も出てきてその辺の面白さも健在。

    とはいえ、あれこれ不安要素が押し寄せてきたので今後どう捌いていくのか。

  • 一件落着かと思いきや!まあダンジョンの謎とかかつての仲間とか、この作者がほっとくわけなかったよな…。
    しかし兄妹の化けの皮って言ってもなあ…うんまあ…恐れおののけばいいさ…。

  • ファリンが、、、話を続けるにはこうなるのか・・・
    新しいキャラがどっと増え、中に1匹嫌な感じのが混じっているのが とても気分が悪い 展開。
    しかも、そいつ中心に動き始めそうなのよね~
    続きがとても心配です。( ´・ω・`)
    このマンガのタイトルである食事的なところは、目新しさもかなり薄くなり、これからどうするんだろう? という感じです。

  • どうやって続けるのかなーと思っていたが、いとも簡単に続けましたね。すごいね。継ぎ目が見当たらん。
    表紙絵はご褒美だったのね。うまいね。やられたね。

    しかし。

    クロ可愛い。可愛くない?え?なんで誰もそこに言及しないの?
    パーティ組むなら絶対スカウトするわぁ。

    お腹いっぱい食べさせたいセンシの「食わせなければ!」からの満足顔も良い。

    以上、個人的なツボでした。

  • 一難去ってまた一難。せっかく帰ってきたのにあっという間のフェードアウト。表紙を飾っているし、一緒に冒険できるものだと思っていたので残念。ファリンのリアクションも楽しみにしていたのに。
    色黒の冒険者とは穏便に済ませて欲しいなあ。人間対人間はあんまりやってほしくないです。
    平然とマンドラゴラの頭を食べているマルシル。強くなったなあ、と。石化は腹を抱えて笑いました。仮にもヒロイン、そんな扱いでいいのかと思いましたが、よく考えてみると初期のころからリアクション要員だったことを思い出しました。カエルスーツを脱がないあたり、本人もそんなに悪いと思っていないのかもしれませんね。

  • 4巻からシリアスな展開が続いたが5巻では久しぶりにダンジョン飯らしいコミカルなエピソードが収録されていて、とても和んだ。

    4巻で生き返ったファリンと早々に別れることになってしまったのは寂しいが(4巻の彼女がかわいすぎた、もっと動いてしゃべってほしかった)、代わりにマルシルが体を張って笑わせてくれたので、前半の重い空気も最後にはダンジョン飯らしい日常となってほっこりした。まるで我が家に帰ってきたかのような安堵感、これぞダンジョン飯。

    また第31話と第32話はライオス達の話でなく、ライオスを追いかけていたあのパーティーのエピソードが2話もあって驚いた。え、この人達脇役じゃないの?
    でも読み進めてみると、彼らの視点からみるライオス一行の人物像とその考察がおもしろい。読者視点からみるとただの愉快なライオス一行だけど、接点も何もない人間の噂話だけ聞くと、なんかすっごい強者扱いされてて吹き出す。
    実力的にはライオスの足元にも及ばないパーティーとそのリーダーのカブルーが今後どう動くのか俄然興味が湧いた。

  • まだまだライオスたちの冒険はつづく!な第五巻。
    魔物食成分は今回薄めだけど、気がつけばウィザードリィをオマージュした本格地下迷宮探索ものに。この橋渡しは唸るなぁ。 いし の なか に いる! も原作リスペクトを感じる。なんつって原作やったことないのだけれど。
    今回地味にフォーカスされた「迷宮に潜る理由」。お宝や金は大きな理由。たまにはダンジョンと共生をしようとするセンシのような奴やダンジョニウムの研究を進めたいマルシルもいる。カブルーのような正義もまたあるとして。そうやってライオスの「理由」が明かされていないことに気づく。「人間に興味がない」とも称される彼らの目標や、そんな行きちがいの行方も気になる。あー早く続きが読みたい。
    石になっても安全なポーズとか最高でしょ!そんなん絶対笑うわ!

  • 新しく腹黒そうな褐色キャラも出てきていい感じ。長編漫画っぽくなってきたけど料理シーンは減らないで欲しいな。マルシルの石化のところがとても面白かった

  • ふむん。
    復活できたフェリンはやはり……。
    大パーティーになっていくのは、まあ敵が強大だし、シャー無いのだろうが、今回の飯要素は。
    いや、ダンジョンクリーナーはRPGあるあるとかかんがえると面白いところではあるけど。

  • 登場人物が揃ってきた。ていうか、腹黒いあいつ腹黒い。

  • ええー
    ファリンどうなるの?禁忌の技にはやはり禁忌になるだけの理由があったということか…。
    ダンジョンは今後呪いが解かれて、住民も魔術師も死ねない呪いから離れると思うけど、その時ファリンはどうなるんだろう…。

  • もはやグルメ(?)漫画ではないw

  •  油断してたら噴いた。

全38件中 1 - 25件を表示

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする