ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 841人登録
  • 4.25評価
    • (81)
    • (101)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346314

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • なんだか不穏なムードに。続いて欲しいがあのままな感じで終わって欲しかった気も。

  • まぁファリン生き返らせてめでたしめでたし……でもよかったとは思うんだけど,やはり狂乱の魔術師と迷宮をどうにかしないとね.

  • ドラゴン攻略後の新展開は意外な展開。
    気持ちを切り替えて再度冒険だッ!

    「ドライアド」は食べたくない…
    できれば「コカトリス」も…

  • 一気に展開が動く巻。

    人間関係が複雑になって、これからどうなるのかわくわくする。

    センシのみんなに飯を食わさねば、という使命感(?)を見てると、「オカンか!」と思う。

  • 圧倒的な迷宮の主が現れたり、主人公たちの化けの皮が剥がれるのを待っているんだ、という別視点が導入されたりと、ますます重層的になってきた。
    モンスターを料理、というワンアイデアでは、もはやない。

  • 本作のキモが、「飯」から「RPG的ダンジョンのリアリティ」にシフトしてきている気がしますな。キャラや設定が増えるのは本作にとって吉と出るか凶と出るか。

  • ファリンが!!みんなでようやくご飯が食べられるようになったのに!…というシリアス展開なのに相変わらず緊張感があるんだか無いんだかなダンジョン飯。
    マルシルの石化には思わず吹き出しました。あの格好卑怯だろ(笑)
    それにしても腹黒そうな、ついでに肌も黒い色男が何を考えて居るんだかよくわからなくて不安。まあでもあのメンバーなら大丈夫かな、うん。
    さてこれから地上に戻るのか、大人数でさらに深層に潜るのか。次巻も楽しみ。

  • もはやグルメ(?)漫画ではないw

  • 表紙がファリンなんだけどなぁ。。。
    ねぇー。

    第29話・レッドドラゴン7
    レッドドラゴンをハムに・・・。
    さすが「センシ」ですなぁー。
    寝てる間にふらふら「ファリン」さんどうした?
    と、
    思ったら例の褐色のエルフ登場!
    つか、
    迷宮の主の「狂乱の魔術師」さんなんですね!
    「ファリン」がおかしくあって、
    「マルシル」が魔法合戦なう!
    ちょっとシリアスなのが逆に笑えるのはなんでだ?!
    つか、
    「ファリン」さんドラゴンになっちゃった?
    一方、
    「狂乱の魔術師」さんの作った落とし穴に落ちちゃったみなさんは、
    壁に挟まれて死にそう・・・。
    バッドエンドかダンジョン飯と思ったが、
    助けたのは幽霊?


    第30話・良薬
    と、
    思ったら幽霊がいなくなってオークとエンカウント!
    殺されそうなところを「センシ」がネゴシエーション!
    つか、
    オークは顔ではなく臭いで判断するのか!
    つか、
    薬はいいんだけどなんで口移しなんでしょう・・・。
    で、
    オークからさっきのエルフが「狂乱の魔術師」と知って、
    「チルチャック」落ち着かない。。。
    ダンジョンから早く逃げい「チルチャック」君。
    まぁ、
    気持ちはわかるよね。
    で、
    「ライオス」と「チルチャック」が話し合い。
    ダンジョンを出るか出ないかで揉める感じに。
    でも、
    「ライオス」が折れる形でダンジョンを出ることに。
    シリアスすぎてちょっと違う・・・。


    第31話・シーサーペント前編
    「ライオス」たちではなく「カブルー」は主人公の話し。
    脇役かと思ったら重要なポジションにいるっぽいのな。
    で、
    幻惑的な魔法に翻弄されるパーティー。
    意外にできる「カブルー」さん。
    なんで死んでたんでしょうね笑
    で、
    「カブルー」さんできるだけでなく意外に残忍なのな。


    第32話・シーサーペント後編
    続いて「カブルー」たち。
    普通の冒険者の普通の食事をしているよ。
    ダンジョン飯っぽくないのがここな。
    で、
    「カブルー」さんは推理もできるのな。
    ここから、
    「ライオス」たちと関わりを持っていくのかな?
    と、
    いう展開になるわけだ。
    ケルピーのいたところにシーサーペントさんもいたのか?
    で、
    「カブルー」たちが応戦なう!
    そこに、
    「シュロー」さん?
    かつて「ライオス」たちをパーティー組んでた「シュロー」さんか?
    登場!?


    第33話・ドライアド
    「ライオス」たちに戻って、
    道に迷ってるなう。。。
    で、
    ドライアドとエンカウント!
    って、
    木の妖精ってのがドライアドでしょう?
    斬ったら花粉が舞って花粉攻撃を受けるパーティー笑
    確かに辛いよな、
    花粉症もちのかぐりんにはわかるよ笑
    で、
    ドライアドの果実がかぼちゃっぽい件について!
    で、
    料理したらジャックオーランタンって笑

    さらに急展開!?
    「マルシル」の弟子に「ライオス」がなって魔法を覚えるだとう!?
    そんなに簡単なのか魔法って!?


    第34話・コカトリス
    で、
    「ライオス」さん回復魔法ができてきた!?
    さわりを、
    「ファリン」に教えてもらってたからってできるもんなんだ。
    で、
    ちょっと魔法について「マルシル」が説明してるが、シリアスだ。。。
    ダンジョン飯っぽくない。。。
    そうそう、
    コカトリスから逃げてる感じがダンジョン飯っぽいよ!
    で、
    石化する「マルシル」いいねぇー。
    ダンジョン飯っぽいねぇー。
    つか、
    漬物石になる「マルシル」さん。。。
    これがダンジョン飯だよな!
    今日は漬物かぁー。


    第35話・掃除屋
    「ライオス」が魔法に目覚め、
    そのまま「ファリン」と同じような霊と話せる才能も目覚めたんじゃないのかな?
    と、
    そこの現れたのは「シュロー」たちと「カブルー」たち。
    こりゃ、
    5巻は波乱っぽいですなぁー。

    早く出ろ5巻!

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする