ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 841人登録
  • 4.25評価
    • (81)
    • (101)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346314

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • ようやく助けたファリンが…



    狂乱の魔術師だけでなく

    ライオス以外のパーティやかつての仲間たちも


    加わって新展開に!


    新章の始まりとしては期待が持てそうです。

  • ”ダンジョン飯”の”飯”要素は薄くなりましたが
    やはり面白い。
    今後タンスじーちゃんやカブルー達と
    どう絡んでいくのかも楽しみ♪

  • 飯要素が少なくて、アレレ?「飯」はタイトルだけになっちゃうのかい!?とか思ってやや焦ったけれど、それを補って余りあるニューカマーが登場したのでオールオッケーです。
    引用した文がドンピシャにわたしが抱いてたイメージそのものを言葉にしてくれてて「そうだそうだ、あんちゃん若いのによく分かってるな!」ってなってしまったよ。

  • “狂乱の魔術師"とファリン… というか、あれはファリンじゃないの? あとカブルーの胡散臭さが今後どうなっていくのか心配です。ちょっときな臭い展開の中、ライオスの魔術レッスンとマルシルの石化は笑った。石化になるには体勢も重要なのねw 感謝のお借り本。

  • 狂乱の魔術師の正体判明!
    再びファリンが行方不明となり、
    ライオス一行は仕切り直しに地上へ向かう・・・が、
    動くダンジョン、何故か助けてくれる亡霊たち。
    そして、出会った冒険者たちとは・・・人間、
    いや、生物関係がなんだかこんがらがってきたぞ~。
    そしてデルガル国王・・・新たな謎が深まってきました。
    チルチャックに男気を感じたなぁ~ちっちゃいけど♪

  • ネカフェにて読了。

    毎度毎度グイグイ読ませるなぁ。
    それぞれのキャラの背景が少しずつ見えて来た感じがします。

    石化にしてもただ石化させないあたりはこの作者流石だな。

    ファリンどこいっちゃうんだろう……。

  • ファリンが。。。
    ダンジョンの謎が少しわかってきた?!

  • 一難去ってまた一難

  • センシの「若者には飯を食わせなければ」がとても愛おしい。材料はモンスターなのに、毎回本当においしそうだなあ。漬物石(マルシル)のところは笑った。
    別パーティーとの関係が気になるところ。ファリンもせっかく蘇らせたのになー…。

  • 邪教のヴィーナスマルシルの爆誕 ドォン
    パーティの状態異常を料理の道具として使うのはダンジョン飯ならではないでしょうか。
    でも、ダンジョン×飯からダンジョン>飯の割合で飯要素は少なめな今巻。更に不穏な空気漂うシリアスな展開へと向かいそうである。
    最初の和気藹々としたダンジョンの探索、料理から迷宮の解明へとシフトチェンジし、危険と隣り合わせなシビアな雰囲気になるつれてマルシルのボケとツッコミを熟せるキャラクターの愉快さと一服の清涼剤としての存在感が有難い。
    センシは完全にお母さんになっていて笑う。今までこなしてきた冒険と違い、なんだかんだでみんなと旅してここまで来たんだよなと思うと感慨深い。
    今後の展開はまだ読めないので心配ですが、九井諒子なので期待も膨らむ。あと、次巻の表紙、背表紙は誰になるか気になる。ライオス一行以外からかなぁ。

    ダンジョン飯より先にハクメイとミコチがアニメ化決定し、メイドインアビスもアニメになってまさかのゴールデンカムイもアニメ化決定で続々とこういった飯漫画がアニメ化、アニメになっているのでダンジョン飯もいずれあるのかな。

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする