ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)

  • 841人登録
  • 4.25評価
    • (81)
    • (101)
    • (22)
    • (2)
    • (1)
  • 70レビュー
著者 : 九井諒子
  • KADOKAWA (2017年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346314

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

絞り込み:

表示形式:

表示件数:

  • もうほんとマルシル大好き。シリアス要素多めの五巻の感想としてどうなの?とも思うがマルシル大好き。大事なことなので二度言いました。

  • 若い者を飢えさせるわけにわ、ってセンシ!

  • 5巻まで。
    魔物も生き物だから捕まえて料理しておいしく食べる話。RPGに出てくるような生き物がいっぱい出てきて楽しい。
    たとえ死んでも消化されてなければ(unkになってなければ)魔法で生き返る世界。
    ライオスは見た目戦士っぽいけど中身は魔物オタク。
    この世界の冒険者は、トールマン(人間)、ドワーフ(短身長寿力持ち)、エルフ(耳が長い長寿)、ハーフフット(短身耳が大きめ)、ノーム(耳が上の方についてる短身)、コボルト(獣人)がいるみたい。

  • 狂乱の魔術師とファリンの行く末も気になるが、何と言ってもマルシルの石化。これに尽きる。私も石化しそうになったら姿勢に気をつけよう。次回はカブルーがどの程度の悪党か楽しみ。

  • ダンジョン飯はまだまだ続く。
    ファリンせっかく戻ってきたのにw
    最近は肉系が多いので、また変なものも食べて欲しいな!

  • 新展開。
    ファリンは心配なものの、新しい要素がいっぱいでワクワクする。
    新たなキャラとの出会いが何を引き起こすのか楽しみ。

  • やばげな奴ら。漬物石のポーズウケる。

  • 短編で散見した仄暗さが垣間見れて満足。相変わらず面白い。

  • 一度は取り戻した妹、ファリンを再び失って
    ライオス一行の結束はむしろ深まるが
    そうなると逆に、そこにいないファリンが疎外されていくわけだ
    そのことに対する焦り、罪悪感、後ろめたさが生じれば
    やがて悪意の付け入る隙となるだろう
    でもサイコパスだからな

  • ■書名

    書名:ダンジョン飯 5巻
    著者:九井 諒子

    ■概要

    炎竜(レッドドラゴン)を倒し、ついに妹のファリンを救出したライオス。
    ホッとしたのも束の間、彼らの前に、迷宮の主・狂乱の魔術師が現れる……!
    果たして、ライオス達は生きて迷宮を脱出できるのか!? 
    生きて帰るまでが冒険だ! 食事もストーリーも怒涛の第5巻!
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    今回から少し毛色が変わってきたが、それはそれで面白い。
    話しの持っていきかたが上手い。最初は、急に何?と思ったけど、
    他の視点からの物語を描き、最後に上手くそれらの物語をまとめている。
    最初から考えていたのならさすがだし、途中でこうしようと思ってこのような
    物語に方向転換したなら、化け物。

    4巻までのドラゴンを倒すまでと、本作以降のドラゴンを倒したあとの話しの
    軸が違ってきているので、今後どうするのか、楽しみ。
    ここまで来ると、さすがに妹探しを軸にすることはもうないのかな?と思うし
    ただ、ダンジョンの完全攻略的な事を目指すという方向もなんとなく無いような
    気がするんですよね~

    あくまで「ダンジョン飯」。
    御飯をからめ、本作をどのように描くのか、今後も楽しみです。

九井諒子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ダンジョン飯 5巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする