幻獣調査員2 (ファミ通文庫)

  • 15人登録
  • 4.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 綾里けいし
制作 : lack 
  • KADOKAWA (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047346789

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 特典のあるアニメイトで買おうと画策するも元来の出不精で約1か月、近所で買った。本より往復の汽車賃の方が高いの。

    WEB掲載分はもちろん楽しく読んでいた。書き下ろしも良いお話だった。
    闇の王様が生まれて、戦争が落ち着いて国が統合されて、幻獣調査官が任命された。ということは、フェリの活動開始は幻獣調査官が始まった前なのか後なのか。まあそれは別の話か。トローは試験管の小人の中でもハイスペックなのだな。ベールの上に正立する足の造り、カバンに押し込まれても問題ない頑丈な体を持ちながら飛べるコウモリな時点で随分とオーバースペックであるが。幻獣がいて錬金術があってどうやら精霊もいる世界観でなんとも夢のないことを考えながら楽しく読みました。

全1件中 1 - 1件を表示

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)の作品紹介

伝説の悪竜に攫われた村娘。その御伽話にも似た事態の真相とは――。かつて海豹乙女を嫁にもらった老人。だが人と幻獣の結婚の先にあったのは……。第一種危険幻獣の中でも伝説級に該当する生物ヒュドラ。行く手を全て毒に染め、不死の体を持つヒュドラを倒すには幻獣、それも「火の王」の炎が必要だという。フェリ達は王都が保護していた“勇者”を連れて「火の王」の元に赴くことになり――。人と幻獣の関わりが生む残酷で優しい幻想幻獣譚、第二集!

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)はこんな本です

幻獣調査員2 (ファミ通文庫)のKindle版

ツイートする