ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)

  • 108人登録
  • 3.91評価
    • (5)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 佐々大河
  • KADOKAWA (2017年11月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047348349

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新潟から山形へ。伊藤とマリーズの過去やバードの体のこと、いろいろと分かってくる。越後街道の歩荷、おゆうが印象的。

  • 今回の巻は旅行の行程がそれほど進んでいない代わりに登場人物の雲行きが怪しくなっていく話でした。

    マリーズの態度は人に対するそれではないけれど当時としては当たり前だったんだんだろうなとも思います。
    イギリス内でさえキッチリ階級があるくらいだし「イエローモンキー」なんて人間ではないと思う人もいたんじゃんないかな。
    鹿鳴館でのパーティーを新聞で取り上げている時でさえそんな感じだったし。

    でもイトどうするんだろー。
    家族っていう外堀まで埋められちゃって。

  • 話が全っ然進んでいない。
    いや、新しい登場人物が出てはいるが、肝心の旅行がなかなか進まない。
    とはいえ、一つ一つのエピソードは面白いし、何より当時の日本の雰囲気が何となくでも分かるのは面白いと思う。

  • 巻数が進むごとに、バードさんの顔が幼くなってきておるよ

全4件中 1 - 4件を表示

佐々大河の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)はこんなマンガです

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)の作品紹介

近代都市、山形を満喫するバードと伊藤。
しかし、伊藤のもとに、元雇い主・マリーズからの手紙が届く。
遥かなる蝦夷を目指す、ふたりの旅はどうなってしまうのか? 
大人気・日本発見紀行、第4弾!

ふしぎの国のバード 4巻 (ハルタコミックス)のKindle版

ツイートする