記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記

  • 54人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (11)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : Claire Sylvia  William Novak  飛田野 裕子 
  • 角川書店 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047912960

記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記の感想・レビュー・書評

  • 心臓移植患者が、移植後に、自己の中に別の人格、即ち臓器提供者の存在を感じ、数々の不思議な出来事を体験していく手記。
    筆者曰く、そういったことは移植患者にはままあることらしいです。

  • 心肺を同時移植された女性の手記。移植後はドナーの食事の好みや性格がその女性に反映されるようになったとあり、びっくり!この女性だけではなく、移植手術を受けた人で同じような体験をした人は多いらしい。
    好みや性格などは脳に記憶されていると思っていましたが、そうではないんですね。
    今、西原克成さんの「内臓が生みだす心」を読んでいますが、さらにそのことについての詳細が明らかになっており、スリリングな展開です。

  • 脳も心臓も、心が存在するには奥まりすぎている。
    心は外界に接する場所にあるのではないだろうか。
    肺や、皮膚や、消化器官に。

    メアリー・ベイカー・エディ『母の夕べの祈り』
    リチャード・ブラクサー『手術による心理体験』
    ロバート・ボズナック
    オーウィン・サーマン
    ポール・ピアソール
    ディーパック・チョプラ 細胞記憶
    アンドリュー・アーマー
    リンダ・ルセック
    ルパート・シェルドレイク
    ブライアン・ワイス

  • 原発性肺高血圧症という難病に冒され、
    心肺同時移植手術を受けたクレアは、手術後、
    自分の中に別の誰かが存在していると感じ始めた。
    食べ物の好みや性格にも変化があらわれ、
    不思議な夢を見るようになる。
    一体自分に何が起こっているのか、
    答えを求めてクレアの旅が始まる。
    脳死の定義に大きな疑問符を投じる衝撃のノンフィクション。

全6件中 1 - 6件を表示

記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記を本棚に「積読」で登録しているひと

記憶する心臓―ある心臓移植患者の手記はこんな本です

ツイートする