すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体

  • 39人登録
  • 3.80評価
    • (3)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : James Bamford  瀧沢 一郎 
  • 角川書店 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (657ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047914421

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ティム・ワイナー
シーナ・アイエン...
ハーバート・A....
有効な右矢印 無効な右矢印

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体の感想・レビュー・書評

  • ものすごい情報量で、同種の日本の本と比べて雲泥。歴史を記述していることは変わり無いのだが取材量が段違い。

  • [ 内容 ]
    世界戦争は、ここから始まる。
    国民をだまし、戦争をでっち上げ、戦わせて死なせるのは、ペンタゴンの最高レベルでは標準的な、是認された政策であった。
    徹底した取材をもとに、剛胆な筆致で一気に読ませる、世界最大・最強の諜報機関NSAの真実。

    [ 目次 ]
    第1章 記憶
    第2章 汗
    第3章 神経
    第4章 拳骨
    第5章 眼
    第6章 耳
    第7章 血液
    第8章 背骨
    第9章 アドレナリン
    第10章 脂肪
    第11章 筋肉
    第12章 心臓
    第13章 魂
    第14章 脳

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • こりゃまた凄い。
    分厚くて、読むのも時間がかかりますが、
    アメリカや世界、冷戦といったものが
    どういうものか、戦略というものがどう実行されているか、
    知るには最適な書かもしれません。
    こういった本が日本では絶対にでないところに悲嘆してしまいますね。
    これだけぶっといペンをつきつけられてしまうと・・

  • CIAよりも巨大な情報機関でありながら最近まで馴染みの薄い組織であったNSAの今を知るにはこの本しかありません。

全5件中 1 - 5件を表示

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体に関連する談話室の質問

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体を本棚に「積読」で登録しているひと

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体の作品紹介

世界戦争は、ここから始まる。国民をだまし、戦争をでっち上げ、戦わせて死なせるのは、ペンタゴンの最高レベルでは標準的な、是認された政策であった。徹底した取材をもとに、剛胆な筆致で一気に読ませる、世界最大・最強の諜報機関NSAの真実。

すべては傍受されている―米国国家安全保障局の正体はこんな本です

ツイートする