コララインとボタンの魔女

  • 173人登録
  • 3.69評価
    • (18)
    • (22)
    • (37)
    • (3)
    • (0)
  • 29レビュー
制作 : スドウ ピウ  金原 瑞人  中村 浩美 
  • 角川書店 (2003年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047914452

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
コルネーリア フ...
有川 浩
あさの あつこ
アレックス シア...
有効な右矢印 無効な右矢印

コララインとボタンの魔女の感想・レビュー・書評

  •  ミステリ風味のダークファンタジー、でも根幹は知恵と勇気を持ってがんばる女の子のお話。帰ってきたあとのコララインは、退屈でつまんないと思っていた日常だけど目を凝らしてみればそうでもない。ということに気付いたのかな。
     こどもたちとほんとうのパパとママを助けて元の世界に戻れた、と思ったらまだ魔女の手と戦わなければならないとなったときの「これで終わりだと思ったか?」感がたいへん素敵だった。魔女の手だけ追いかけてくる辺りや夜中に窓を引っ掻く辺りなんか王道だけど怖いホラー要素がちりばめられている。
     映像をイメージしながら読んだら相当不気味だった。もうひとりのパパだったモノの動きとか気持ち悪すぎてコララインよく頑張ったなあ……。これは映像化したら映える物語だろうなと思ったら実際映画化されているんですね。機会があったら映像の方も見てみたい。

  • こわいよー。

    よくある、異世界につながるドアがあって…て展開だけど、「ママによく似た??」「パパによく似た??」てこわいー。

    不気味やけどDVDも観たくなりました。

  • コララインの独特の世界観がすごい好きだった!!!(p`ω´q)

  • 著者紹介の写真がめちゃくちゃカッコイイ!!ダークファンタジー作家…かっけー!

    ダークファンタジーというジャンルわけにぴったりの作品。猫がとてもふてぶてしく可愛いく、そしていい味だしてるなぁとおもわせる。アリスのチェシャネコのようです。
    コラライン・という名前の響きが不思議ですね。

    2012/00/00

  • 映画が好きで原作を読んでみたら、お話というよりも映像が好きだったのだと気がついた。
    ワイビーとおばあちゃん、リトルミーは、映画オリジナルらしくちょっと寂しい。

  • 探検が大好きな少女コララインは、引っ越してきた家のひとつの扉の向こう側で、もうひとりのママやパパと出会う。ママは「待っていたわ」とコララインを歓迎したーー黒いボタンで。
    ボタンの魔女に捕らえられた両親と過去の子どもたちを救うべく、コララインは勇気と知識でもって戦う。

    丁寧かつわかりやすい展開、子どもなりの勇気を振り絞る行動、ホラーとしても良くできていて、楽しめました。物語の最後まできちんと書かれていることにも好感度アップで、星4つ!

  • どこにも通じていないはずの扉の向こう、
    コララインが出会ったのはもうひとりのパパとママ。

    優しい両親に素敵なおもちゃ、それに洋服。
    一見こっちとなんの変わりもない向こうの世界には、望むものが何でもあった。

    ただひとつ足りないのは、両親の目が真っ黒なボタンということだけ…。

    ***
    そら恐ろしさを覚えながらも、不思議と読んでしまいます。
    子供には不似合いに思えるほど落ち着きのあるコララインにも注目。
    児童書でありながら、大人をも十分に惹きつける魅力を持った作品です。

  • コラライン、すごい勇気だ・・。
    小さい頃に読んだのですが、当時はコララインの行動力に感服していました。こんな怖いなんて思ってなかったです。
    でも、読み始めると、もうひとつの世界の存在にぞっとして、びくびくしながらも引き込まれました。

    絵がまた不安な気持ちにさせるんですよね・・^^;

  • 原書を読み終えたので,読み比べ.
    日本語になったぶん,場面のひとつひとつがリアルに伝わってきてとても楽しめた.特に,もう一人のお父さんとおばあさんコンビのなれの果て,あと魔女の恐ろしさがすごかった.

    いい本です.
    ぜひ子供に勧めたい.

  • 映画でみましたが、原作が気になって借りてきました^^
    相変わらず、扉の向こう側にある「もう一つの不思議な世界」にぞっとします。
    何度読んでも、やっぱりスリル満天!

    先に映画を見ていたので、映像が目に浮かびました。
    どちらかというと、映画のほうが好みです。

  • 大嫌いだった読書感想文のおかげで出会って、
    コララインに惚れました。

  • 怖い・・・予想外に怖くてびっくりした・・・
    もう一つの世界、もう一人のママ。囚われた両親と子どもたちを救う女の子のお話。

  • 映画を観たいなと思っていたら、原作があることが分かったので読んでみました。
    何度か映画の宣伝を観たことがあったので、まさに映画のイメージ通りでした。結構怖い話なんですね^^;
    DVDになるのが楽しみです。

  • こっ…怖い
    おなかの底からの怖さが…!
    本の装丁もとても好きです。

  • 再読。前に読んだときの印象から、「映画にするほどの内容あったかな?」と思っていたので読んでみたのですが、読む端から映像が頭に浮んで、ああ、これは映画になるなと思いました。多分いい映画になりますよ。

  • 予想外におもしろかったです
    終始漂う心地よい程度の不気味な雰囲気は、さすがSFの文学賞を多数受賞している作家といいますか、何気ない表現が実は後々重要な手がかりになるのでは…というミステリーを読んでいる気分も味わえます。

    グロい描写はありませんが、雰囲気は『パンズ・ラビリンス』に似ています。満足しきれない家庭環境、十分な愛情を注いでもらえない女の子、つまらない日常に突然表れた魔女、恐怖に立ち向かう勇気あるコララインの姿、最後に迎えるハッピーエンド…あの映画が好きな人には、きっと楽しめる作品だと思います。

  • 夏に読むと良いと、友達に貰いました。ドアの向こうの「お母さん」が、少しずつ迫ってくる感じが、ぞくぞくしました。
    モーションアニメ映画になったそうですが、日本ではやらないのかな…

  • 外国のおはなし。
    かわゆす。こわい。

  • 少女が迷い込んだもうひとつの世界には、「もう一人のママ」がいた。しかし、そのママの目は「ボタン」だった。

  • 古い家に引っ越してきたコラライン。
    ある日、向こう側には別に何もないというドアを開けると、
    そこにはもう一つの自分の家があり、ボタンの目をしたもう一人のママがいた。
    ここで一緒に暮らそうという彼女から逃げ帰るが、そこにはもう両親はいなかった。
    両親を助け出すため、再び、コララインはドアを開ける……
    やはり、ゲイマンの『The Wolves In The Walls』とちょっと似てるかな?
    海外の作品には、壁の中とか、壁の向こうに何かがいる、ていう話が多いけど、なんでだろ? 
    日本ではあまり聞かないね。
    原著は、デイヴ・マッキーンが挿絵を描いてるんだけど、これはそのままにしてほしかったなぁ。
    日本版は、本当に普通の児童書絵で、かなり雰囲気を落としている。
    あのコラージュと渾然一体となって、ドアの向こうに広がる悪夢的な世界を創り出しいてる作品だと思うんだけどなぁ。
    どうせ、子供に、わざわざニール・ゲイマンの児童書を買う親なんてそんなにいないんだから(笑)、
    そういうところで媚びないでほしい。

  • とにかく面白かった……! 新刊で出た時に、これだと思った直感は正しかったなぁと、つくづく思います。この発想とユーモアと魔法は、どきどきはらはらしますよ!

  • これは・児童書なんだと思うけど大人でも十分読めます!子供が読むにしてはシリアスで怖い・・・ミステリーですね〜。コララインが新しい家のキッチンで扉を見つけて中に入るともう一人のお母さんを見つけるってはなし・・もう一人のお母さん怖い!ホントミステリー。でもかわいい(笑

  • これは・児童書なんだと思うけど
    大人でも十分読めます!
    子供が読むにしてはシリアスで怖い・・・
    ミステリーです。
    コララインは新しい家のキッチンで扉を見つけて
    中に入るともう一人のお母さんを見つけるってはなし・・
    もう一人のお母さん怖い!ホントミステリー。
    でもかわいい(笑

全29件中 1 - 25件を表示

コララインとボタンの魔女に関連するまとめ

コララインとボタンの魔女を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

コララインとボタンの魔女を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする