ザ・シークレット

  • 4367人登録
  • 3.72評価
    • (481)
    • (403)
    • (521)
    • (104)
    • (63)
  • 526レビュー
制作 : 山川 紘矢  山川 亜希子  佐野 美代子 
  • 角川書店 (2007年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047915572

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
ジェームス W....
劇団ひとり
マイケル・J・ロ...
スペンサー ジョ...
トニー・ブザン
有効な右矢印 無効な右矢印

ザ・シークレットの感想・レビュー・書評

  • 「引き寄せの法則」に触れている自己啓発本の中で、おそらく世界で一番知られている本。
    2006年発行で、2007年には邦訳されています。
    意外と新しいんですね。

    タイトルではどんな本かわからず、気になりながらも、すぐには手が出なかった覚えが。
    とにかく、前向きなパワーが溢れています。

    ずっと考え続けていると、それが引き寄せられる、ということ。
    幸せな気持ちでいれば、幸せなことが起きる。
    愛情と感謝の気持ちを発し、願いをありありと思い描き、すでに実現したような喜びを感じていれば、それが必ず実現する。
    毎日、希望を抱いて笑いに満ちた暮らしをしていれば、病気も遠のいていく。

    良くなると信じることが大切。
    心のどこかで、どうせ上手く行かないだろうと疑っていれば、上手くは行かない。
    嫌なことを解決するつもりでいても、そのことばかり考えていると‥同じような嫌なことばかり続いてしまうというわけ。
    世の中に起きていることについても、ただ悪く言うのではなく、良くなったイメージを描くことが効果的だと。

    著者が落ち込んでいたときに読んだ本がきっかけとなり、世界の著名人や歴史上有名な人物の多くがこの秘密に気がついていて、そのことを書き記していた、と。
    この発見を広めようと、わかりやすい形で書いてあります。
    話の細部にわたっては、全部はついていけない人もいるかもしれませんが‥

    核心部分は、確かに思い当たるところもあり、納得いく気がしますね。
    繰り返し、語りかけられるポジティブなメッセージに、元気をもらえます。
    前向きに生きられるよう、力強く、応援してくれる、そんな本です。
    一度は読んでみて、損はないですよ☆

  • 【評価★理由】
    ・豪華な作り。
    ・スピリチュアルな自己啓発本というのが新しい。
    ・目次がシンプル。
    ・様々な人のコメントがあり、気に入った言葉を探すことができる。

    【コメント】
    みなさんの中には「引き寄せの法則」という言葉を聞いた方もいるかもしれません。

    これは、自分が考えていることが現実となる法則です。

    本書は、スピリチュアルな視点からこの「引き寄せの法則」について説明しています。
    さらに、その法則を引き出す習慣や、使い方も教えています。

    例えば、あなたがお金持ちになりたいと思っているとします。
    そしたら、お金持ちになっている姿を強く想像し、実際にそのように振る舞えば良いのです。

    するとその考えが引き寄せられ現実となります。

    最も、スピリチュアルな考え方なので抵抗感がある方もいるかもしれません。
    その場合には、ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』が参考になるでしょう。

  • スピリチュアル要素が強いので、読む人を選ぶ。

    目に見えるものがすべてではない、ということを知っていれば、そこまで胡散臭く感じないと思います。
    これまでの経験上、思考が現実を作っていることに気づいた人も、宇宙と自分を結びつけるというのはピンとこない・・・という人も多いはず。
    身体が小さな原子や分子から成り立っているように、モノの存在そのものもなにかを引き寄せるエネルギーを発しているというのは、いろんなところで説明されています。
    だけど、この本の説明のしかたはかなり直感的です。

    「感謝」こそがもっとも大切なことだと書かれていたので、心の中で「ありがとう」とつぶやきながら仕事をしていると、不思議とウキウキした気分になってきました。

  • 手放しで最高!と言えないのはなんとも不思議だが笑
    考えてみると、そういうことがあったようなきもする。ずっと欲しいと思ってたものがひょんと人からもらえたりとか。
    しかしそこから1ドルもらうのも100万ドルもらえるもの同じなんだよと思えるかどうか。
    常識を疑うのは納得。
    人生はただただ楽しく、素晴らしいものなんだよ、と。
    (反対のことを言う人が実に多いものか)

  • 「引き寄せの法則」について書かれた本。書かれていることは正しいと思うが、1つのことを言いたい時の引用が3つも4つもあり冗長過ぎる気がしたので★3。『引き寄せの法則』(マイケル・J・ロオジエ著)を読んだ後だと、特にそう感じた。

    しかし、繰り返しになるが、書かれている内容自体は悪くないので、速読(もしくは飛ばし読み)が出来る人なら読んでみてもよいと思う。内容自体は★4くらいの価値あり。

    本書では、「引き寄せの法則」つまり「自分が考えていることが良い考えであれ、悪い考えであれ実現する。だから良い事のみ考え、悪い事は考えないようにしよう」ということが書かれている。

    自分が触れたことのない考え方で、有益な考え方だと思ったのは、
    「自分を大切にしていないと、(自分には十分価値があるというシグナルを発していないことになるため)他の人からも大切に扱われない状況が続く」と、
    「自己犠牲とは、絶対的な不足という考えに由来している。豊かさは全員に準備されている。(犠牲になる=不足しているというシグナル。心から与えたい=充分にあるというシグナル)」
    の主に2つであった。

    本書では、「お金」「人間関係」「健康(これについては本書でも書かれているが医者にかかるのと+アルファの心の持ちようのことである)」「この世界」「あなた」「人生」について、それぞれ具体例が載っているので、1つか2つ以上は、琴線に触れる考え方を見つけることができるはずである。

  • 人生の秘密とは「引き寄せの法則」
    引き寄せの法則とは「類は友を呼ぶ」
    ある思いを抱くとそれに類似した思いが引き寄せられる
    思考は現実となる

    結果はすべてあなたが意識的にもたらしている

    宇宙に命令してください。
    感謝してることを述べてから、何が欲しいか。
    あとは必ずもらえると信じ、爽快な気分で受け取ってください。

    心から感謝する。
    地面を踏みしめる度に感謝。

    良い人間関係が欲しいなら、それに対して、考え方、言葉、行動が反してないか気をつける。

    笑いは奇跡的な治癒を起こす。

    嫌なことに抵抗すると引き寄せる。

    過去を手放す。人生を創造するのはあなた。

    あなたの力はあなたの思考にある。
    自分が考えていることにいつも気付きなさい。いつも思い出しなさい。

    あなたがすべきことは心地よい状態でいる。それだけ。

  • スピリチュアル系で最も売れている本だろう。今更ながら読んでみた。自分が欲しいものやなりたいものを、いかに自分に引き付けるかという本。
    理論はとてもシンプルで、「強く願う」もしくは、「もう実現したものとしてそれが手に入ったかのようにふるまうと、実際に手に入る」というもの。健康や人間関係や仕事やお金など、いろいろな分野に応用できるようだ。
    出し惜しみせずに、最初からバーンと出てくるのはすごい。ただ、本を通して同じコンセプトの繰り返しで、いろいろな人が入れ代わり立ち代わり説明するのだが、途中でやや飽きてしまう。
    ただ、この本のおかげではないが、自分がたまたまこの方法を実践して、過去に手に入れたものがある。その時は持てる集中力すべてを使って強く念じたら、見事に叶ったので、この本の言っていることは間違ってはいない。つまり、自己暗示である。「こうなったらいいな」程度では変えることはできない。
    心の中でいつも意識していたら、良くも悪くも実際にそうなるという教え。叶えたいことがある人は、一度トライしてみてもいいかもしれない。

  • 引き寄せの法則
    同じようなことが繰り返し書かれているから、退屈で途中で挫折した。その分、繰り返し断言されて書かれてる文章は印象に残る。

    この法則は全ての事柄に当てはまるとは思わないけれど、日常生活では出来る範囲で実践してる。

    この法則を意識してから、気持ちの切り替えがしやすくなった気がする。偶然か物事がよく進んでいる。

    また気が向いたら続きを読み進めて、この法則を頭の片隅に入れておいたら便利だと思った。

  • あまりにもたくさん感動したことがあるので、
    少しだけ抜粋することにする。

    〈本から〉
    ● 思考は磁石のようなもので、その思いにはある特定の
      周波数があります。あなたが思考やイメージを抱くと、
      それが宇宙に放射されて、同じ周波数を持った事象を
      引き寄せます。あなたが放射する全てのものがその
      源であるあなたに戻ってくるのです。

    ● 愛はあなたが放射することのできる最高の波動です。
      愛を強く感じれば感じるほど、また、愛を発すれば
      発するほど、あなたはより大きな力を利用することが
      できるようになります。

    ●「引き寄せの法則」はアラジンのジニーのように私達
      の願いを全部叶えてくれます。

    ● あなたが欲しいものに対して前もって感謝すれば、
      あなたのあ願望は爆発的に強められて、より力強い
      シグナルが宇宙に送り出されます。

    ● 今、幸せな気持ちになると、お金があなたの人生に
      やってきます。

    ● 笑いは喜びを引き寄せ、否定的なものを消し去り、
      奇跡的な治療を起こします。

    ● あなたが否定的なものに焦点を合わせていたのでは
      世界を救うことは出来ません。世界中の否定的な
      出来事に焦点を合わせると、それをさらに悪化させる
      だけでなく、あなた自身の人生にも否定的なものを
      引き寄せてしまいます。

    ● 全てのものはエネルギーです。あなたはエネルギーの
      磁石で、自分の欲しいもの全てに電気を送り出し、
      自分に向かわせ、また、あなた自身も電気を帯びて、
      欲しいものへと向かいます。

    ● あなたがしなければならないことは、今、心地よい
      気持ちになることだけです。

  • ❤︎思考は現実化する

    ❤︎自分が何になりたいのか、何が欲しいのか、何をしたいのかを決め、その周波数を発する。

    ❤︎自分の人生には良いことしか起こらない、と信じる。

    ❤︎明るい気持ちでいることが重要。爽快な気分が宇宙に放射されると、もっと、良い気分が引き寄せられるから。

    ❤︎気分転換法のリスト
    いい香りのハンドクリーム、お気に入りの音楽、紅茶を飲む、ペットと遊ぶ、将来の夢

    ❤︎人生はとても楽だ!人生は素晴らしい!いいもの全てがどんどん自分にやってくる!

    ❤︎お願いし、それを受け取ったと信じ、そのあと気分をよくしていると、実際にそれを受け取れる。
    それは既に私に起こりつつあるのだ、と信じる。

    ❤今あるものに感謝

  • 自己啓発書等を数多く読んだことがある人ならば、本書が真実であることが分かる。具体的な事例や示唆に富む言葉がちりばめられており、一読の価値あり。

  • 「引き寄せの法則に従うとどんないいことが起こるか」ということがあの手この手で綴られている。具体的な根拠が述べられておらず(根拠なんて理屈っぽくなるな、感じるんだ!的な)胡散臭い雰囲気があり、どうも好きになれない。新書で購入して後悔。

  • 引き寄せの法則、自分の願いを
    意識下に登らせ、そのことに対して
    考える時間を増やし、成功する確率を上げたり、行動を起きやすくすると
    いう事と思ったが、そういう説明は
    一切なく、ただ宇宙の法則とかいう
    オカルトな話に終始している。
    まるで、新興宗教の勧誘の様で、
    読み進めるのが辛い本

  • ずっとそばにおいておきたい本。

  • 引き寄せの法則で幸せを引き寄せます

  • 私は信じてみたいと思った。どうせなら笑って生きたい。

  • 「引き寄せの法則」をいろんな人がいろんな言い方で説明をしているけれど、この本は、宇宙と自分の関係性、という文脈を使っている。

    残念ながら私の好みではないけれど、エッセンスとしては言いたいことは理解できる。

    引き寄せ本の中では、やはりスピリチュアル要素を極力排除したマイケル・J・ロオジエの本が受け入れやすかった。

  • 引き寄せの法則
    思考は実現する

    人の思考は止まることなく、無意識にも何か考えを巡らしている。
    今の自分の状況、在り方を創り出しているのも、過去の自分の思考のあり方によるらしい。
    ようするに、実現したい自分を強く思考するとそうなりますよ、っていう。
    まぁ自己暗示だよね。

    「〜なりたくない。」っていう否定的な思考には、なりたくない自分をも想像してしまってるこら、それを引き寄せてしまう。
    確かに「〜なりたい。」っていう思考にシフトすることは大切かな。

    こうなりたい。こうしたい。

    そう思考し続けることが、おそらくその目標に近い選択を自然にできるようになるから実現できるんじゃないかな。

    思考って、人間って面白いね。

  • 心で確信するだけで全てがうまくいくというのは正直甘いと思いますが、常にあることを思い浮かべてその夢を具体化していく、というのはそれなりに効果はあるんじゃないかな。思いを口にするとある程度周りもその方向に動いてくれますし。

  • 欲しいものがしっかり決まると、
    その情報が見えやすくなるということを、
    奇跡のように書いているように感じた。
    嫌なことを考えなければ、嫌なことは見えなるなるけど、
    実際は起こっていること。
    見えなきゃいけない嫌なことも見えなくしてしまいそうで、かなり、怖いなと、自分は感じました。
    が、
    読んで前向きになれる人が多いのであれば、良い本なのかな?
    ということで、高評価。

  • 図書館で借りました。他の本の引用文献になっていたので、よいのかな、と思って手に取りましたが、スピリチュアルな雰囲気が強すぎて、ほとんど読み進められませんでした。言いたいことは正しいと思うのだけれど、本の装丁とか、デザインが個人的にはあまり好きではなかったなぁ。

  • 第一章で終わっていればよかった。読み進めれば進めるほど、評価が下がっていった。「与える」とか事実はそれであっているのだけど、なぜ?という部分が、彼女の考えの部分が違うと思った。そうじゃないでしょう、と。

    「かわいい子には旅をさせろ」とか「若いときの苦労は買ってでもしろ」という概念が抜け落ちている気がする。本当に自分にとって大事なときって、一番しんどくて、でもそれを乗り越えたときなのに。

    スピリチュアル系なのに唯物的な願いばかりがちらつくのが気になった。

  • 強く思う事で引き寄せる

    この間にあるものは宇宙の力?

    どうしっくり、こなくて、スピリチュアルに偏り過ぎている気がする

  • この種の書籍を評価するのは難しい。これまでの同種の書籍に書かれていることと内容は凡そ同じである。だからと言って二番煎じとケチをつけるのは妥当ではないと思う。著者或いは、この本の中に出てくる啓蒙家はきっとこれまでの書籍では言い表せていないといった思いもあるのだろうと想像するからである。
    結局は、同じとか、似ているとかがこの種の本で大切なことではなく、読んだ後、少しでも書かれていたことを実践し、人生を自分の掌中に取り戻せたかどうかが大切なのである。

  • 信じるものは救われる。信じないものは救われない。

全526件中 1 - 25件を表示

ザ・シークレットに関連するまとめ

ザ・シークレットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ザ・シークレットを本棚に「積読」で登録しているひと

ザ・シークレットの作品紹介

「偉大な秘密」の片鱗は何世紀にもわたり文学、宗教、哲学等の口承伝説の中に見出されてきました。今回初めてこの本で「秘密」の断片が集められ、驚くべき形で世に明らかにされることになりました。これを体験する全ての人々にとって、本書は人生の大きな転機となることでしょう。この本では、あなたのお金、健康、人間関係、幸せ、世の中との関係など人生のあらゆる面において、「秘密」をどのように使うかを学ぶことができます。あなたは自己に内在する未開発の力を理解し始めるでしょう。それが明らかにされるに連れて、あなたの人生のあらゆる面が喜びで満たされるでしょう。この本には、「秘密」を実践して、健康、富、幸せを手に入れた現代の師達の叡知が紹介されています。また、本書の中で明らかにされている知識を応用することで、病気を治したり、莫大な富を手に入れたり、障害を克服したり、不可能と思われたことを達成した経験など説得力のある話が紹介されています。

ツイートする