ロスト・シンボル 上

  • 2115人登録
  • 3.52評価
    • (121)
    • (295)
    • (330)
    • (69)
    • (17)
  • 237レビュー
制作 : 越前 敏弥 
  • 角川書店 (2010年3月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (351ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784047916234

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
冲方 丁
ダン・ブラウン
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
村上 春樹
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
ダン ブラウン
有効な右矢印 無効な右矢印

ロスト・シンボル 上の感想・レビュー・書評

  • 「ダ・ヴィンチ・コード」から数年後、あのラングドン教授がまた事件に巻き込まれます。
    急に連邦議会議事堂での講演の代役を頼まれて、ワシントンへ向かったラングドン。
    これが実は罠だった‥!
    建物の入り口には、依頼してきた旧友ピーター・ソロモンの手首が‥
    今夜中にフリーメイソンの秘密を解読して知らせなければ、ピーターの命はないというマラークと名乗る男の脅迫が。
    CIAも信頼できない?
    実はピーターから大事な物を預かっていたラングドン。
    ピーターはスミソニアン協会会長で大富豪、歴史家、科学者、慈善家で、フリーメイソンの最高幹部でもありました。
    フリーメイソンの最高幹部だけに伝えられた「古の秘密」に至る門とは?
    切断された手にあった入れ墨には、第一のヒントが‥
    ラングドン自身はフリーメイソンの会員ではなく、そんな門などあるわけがないといいつつ、巻き込まれていきます。
    ピーターの妹で研究者の美女キャサリンにも魔の手が…
    ソロモン一家には過去に悲劇があったのだ。
    ラングドンはキャサリンと共に、恐ろしい男から逃げ回ることになるが‥?
    わかりやすく派手で、スリリングです。
    「ダ・ヴィンチ・コード」ほどではないけど、ワシントンの観光案内にもなっているみたい。
    「ジョージ・ワシントンの神格化」という絵は確かにあるんですよね~不思議なセンスだと思ってました。

  • 良く調べてあると感心
    しかし ダビンチコードや天使と悪魔の方が読みごたえあったかも

  • 相変わらず面白い。最初はころころと場面が変わり登場人物も初めから多いので戸惑ったけど、少しずつ背景が見えて来た。一気読み確実です。

  • ある日曜日の早朝、恩師でもあり、父親がわりといえるほど親しい友人でもあるピーター・ソロモンから講演の代役を頼まれたロバート・ラングドンは首都ワシントンへ向かう。しかしそこで待っていたのは、思いがけない謎だった。

    ダヴィンチコードは読んだし映画も見たけど、天使と悪魔はみてない、というスタンスでしたが問題なく読めました。
    世界一有名な秘密組織(矛盾)フリーメーソンのお話ということで、フリーメーソンがどんな組織なのか基本的なことが分かってなかなか興味深かったです。
    序盤から怪しい男マラールだの、CIA保安局のサトウだの、罠に嵌っていくキャサリンだの、先が気になる展開はさすが。
    個人的には議会図書館が出てきたのが嬉しかったのですが、図書館の蔵書や建物が被害を受けなくてよかったです笑
    ワシントンなんてそれこそ図書館くらいしか興味なかったのですが、一気に行きたい場所ランキング上位に入った感じです笑

    なんとか議会議事堂を抜け出したロバートと、研究所を抜け出したキャサリンは、ピラミッドの謎を解いてピーターを救えるのか。下巻に続く。

  • 上下巻とも読み終えました。

    いや、さすが!の一言。

    三大欲求
    …食欲、睡眠欲…といいますが、それと並ぶ、もしくは超えるものとして、『知欲』があると思うのです。

    知りたい!もっと知りたい!
    その思いが、人類の発展を導いてくれたし、容易に解らないものほど、情熱を掻き立ててくれます。

    次はどうなる?次は…次は…どうして?なぜ?

    絶えずに浮かぶ思いがページをめくらせる、まさに徹夜本!

  • 先月テレビで『ダ・ヴィンチ・コード』と『天使と悪魔』の映画を見て、まんまと『インフェルノ』も観たい!と思わされたのだけど、まだ映画になっていないこちらを先に読むことに。
    前二作を見たときはパリ行きたい!ローマ行きたい!って思ったけど、今回はワシントンD.C.行きたい!とはならなかった。ただ、スミソニアン博物館には行ってみたい。上野の科学博物館の超でっかいバージョンみたいな感じだろうか。一般客の入れない、展示しきれない収蔵品が収められているエリアってとっても気になる。ダイオウイカはそばで見たら怖いだろうなぁ…。こんなのの水槽に沈められるって…不憫すぎる。
    キャサリンの研究とフリーメイソンの守る秘密と、どう関係するのか気になりながら一気に読んだ。
    それにしても『ダ・ヴィンチ・コード』のシラスといい、このシリーズの敵役気持ち悪いというかぶっ飛んでいるというか…。刺青ってコンシーラーで隠せるものなの?

  • 再読。
    記憶からすっぱ抜けていた。

  • ダビンチコードや天使と悪魔を読んだときみたいな
    土台となる知識がないから、面白いと思えないのかな

  • フリーメイソンに関する話

  • 978-4-04-791623-4 351p 2010・3・3 初版

  • ラングドンシリーズ。今回のテーマは「フリーメイソン」。多分に漏れず、私もいろいろ誤解していました。というよりろくに知りませんでした。だからこそ、「国家の危機」がどういうものだったのかはなんとなしに理解できるような気も。
    さまざまな暗号をちりばめた知的サスペンスでありながら、はらはらどきどきの要素も余すところなく詰め込まれたスリリングな作品です。なんといってもラングドン最大の危機が! いや、主役だし死なないってのは分かってるんだけどさあ(笑)。だけどここからいったいどうやって助かるのかと思っちゃいましたよ。それくらい絶体絶命。
    フリーメイソンの暗号にまつわる壮大な謎もさながら、謎の男・マラークの正体と動機にも絶句させられました。何たる真相! しかし一番の驚きは、作品中の経過時間です。うそぉ、そんな短時間だったのか!!!

  • 次作の「インフェルノ」が映画化されると聞いて、まだ読んでなかった本作を読み始める。前作の「天使と悪魔」でラングドンがスーパーマンになってしまい多少興味を失いかけていたので未読のままだったが、読んでいけばやはりそれなりに引き込まれるものはある。上巻はほとんど地下を逃げ回ってばかりいて、これでは映画化には向かないなと納得してしまったが、下巻がどういう展開になるかはまだ不明。

  • 3巻目。

    今度は謎の人物に騙されてワシントンDCまで来た上、友を人質に警察に追われつつフリーメイソンの謎を追うことに。

    今作のヒロインはキャサリン・ソロモンという女性なんだけど、年齢という失礼な理由で別のヒロインが出るのかと思ってしまった
    (前2作のヒロインは若かったイメージがあったので、50歳という年齢で。。。と言ってもラングドン教授は45歳なんですね)。

    「ミスター・ソロモンに確認なさいましたか」なんて聞くし、本人の状態も直接書かれたわけじゃない(片腕もアクマで指輪から判断だし)ので黒幕だったり、無傷だったりするんじゃないかと邪推してしまいますが。

    まだまだ謎はこれからという感じなので下巻が楽しみです。


    それにしてもCIAのサトウはもう少し事情を説明してくれてもいいと思う

  • 「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチ・コード」に続く、ラングドンシリーズ第3作目。
    がしかし、何も知らずにこの本を手にとった私にとっては初のラングドンシリーズ、初のダン・ブラウン氏ワールドということで、前情報もないまま一気に引き込まれた形となった。
    フリーメイソンには謎が多く、日本でも嘘か誠か…的な懐疑的TV番組もあったりするのでその名前はよく知っているが、そのフリーメイソンが大々的に登場するのでビックリ!!!
    そういえば表紙のマークは見たことがある!!!(それほど何も知らずに選んだ一冊ということ)
    途中からズンズン引き込まれ一気読み。
    ラングドンとキャサリンは謎を解明できるのか。
    ピーターは無事なのか、、、、。
    ここへきて、ADの謎が出てきましたか!!!
    絵に興味がある方はよく知ってますよね、このマーク(笑)
    わたし的にはいい感じで引き込まれております。続編に続く。

  • 本書の舞台となったワシントンD.C.に今月主張する予定です。現地の審査官と面談するだけですので、滞在時間はほとんどないと思います。時間があれば、The United States Capitolなど訪れてみたいと思います。

    そもそも、一般人が入れる建物なのでしょうか。あと、寒波が心配です。

    内容について何も書いてませんね。たまには、こんな文章でもいいと思いました。

  • 積読状態だったのをようやく解放^^;

    気になるのはサトウ。
    どうしても男性のイメージで読み進めてしまいました^^;

  • ラングドン・シリーズの3作目
    今回の舞台はワシントンDC

    異常者らしき人物が事件を動かし、権力者が捕らわれ、ラングドンは否応なく事件に巻き込まれていく。このへんは定式ですね。
    知的な美女も登場するし、狭い場所に閉じこめられたりもします。

    さて、下巻でどんな展開が待っているのか!

  • 今回のテーマはフリーメイソン
    78ページにいきなり擬似科学の話を真実であるかのように書いていてゲンナリ
    ※水の結晶のアレ

    でもワシントンDCは行ったことが無いし
    今見ているDVDの「BONES」の
    舞台でもあるから興味深い

    いきなり呼び出されて、
    フリーメーソンの謎の解読を迫られるラングドン
    富豪の友人とその妹に迫る危機
    CIAの日系人が印象深い

    例によっての追走劇は、あれこれ不自然な気もするが
    勢いで読ませる
    最近の熱感知装置は優秀なんだなぁ

    シリーストリングの効果、319
    ラストにADの謎
    知ってるぞ、私は、と自慢

  • 外国ものは、説明が長くてあまりすきではないのですが、これはとても面白く読めました。
    フリーメイソンとか、古の伝説とか、わかりづらい部分もありますが、映画を見ているような感覚で読めました。下巻も楽しみです。

  • いや、なんかもうフリーメイソンとかどうでもいいから、と相当冒頭で挫けてしまいましたが(じゃあ読むなよなんですが)流石に中盤はテンポ良くなった。

    でもやっぱりちょっとワンパターンかな?下巻に期待。

  • なかなか読めてなかった積読本。
    読み出したらおもしろいんですけどね。
    でも、なかなか進まない。。

    上巻の半分くらいまではこの世界観に戻ってくるのに時間がかかり。。
    下巻になると早いんですけどね。

  • 感想は下巻で

  • ラングドンシリーズ。今回はアメリカワシントン編。
    いつもと同じ展開で、映像が浮かぶようである。が、女性に対しても本当に同じ展開なのが少し・・・。
    「象徴」についての講義をするように物語は進むが、テンポ感が少しゆっくりな気がする。

  • 今度はアメリカが舞台。謎解きが面白い。

全237件中 1 - 25件を表示

ロスト・シンボル 上に関連する談話室の質問

ロスト・シンボル 上を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ロスト・シンボル 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ロスト・シンボル 上を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ロスト・シンボル 上を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする