木島日記 (2) (ニュータイプ100%コミックス)

  • 260人登録
  • 3.48評価
    • (25)
    • (21)
    • (101)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
  • 角川書店 (2000年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048532792

木島日記 (2) (ニュータイプ100%コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一巻以上にオカルト的な色彩が強まった感があるが、そうした開き直りが増したことで、作品としてのまとまりはより良くなった。

    特に、新しく登場してくる人物の造形が、いよいよ露骨に胡散臭くておもしろい。

  • ジプシーの話が超厭だった。
    あぁゆう強制収容→大量虐殺はちょっと駄目なツボ。

  • 帯表
    正史の裏に追いやられた「あってはならぬ歴史」を綴る日記の扉が開かれる・・・。
    帯裏
    昭和初頭、太平洋戦争へと向かう混沌の時代。民俗学者の始祖にして歌人の折口信夫は、奇怪な仮面をつけたある男との出会いから怪しげな事件に次々と巻き込まれてゆく。その男、古書店「八坂堂」の店主・木島平八郎は、軍に繋がる“組織”の元研究員であり「この世にあってはならないもの」を仕分けし始末する役目を負っているというのだ。彼らの赴く所、今日も常識では説明のつかない現象、物、人物たちが待ち受ける・・・。

  • 大塚英志です。

  • 安江とか安江とか一ツ橋とか安江とか…いいね。

  • 個性的な作風の前に脱帽!良いですよこの世界感!

  • 2巻。
    ところでこれってどの雑誌で連載されていたのか知らない私。

  • オカルト総決算漫画。

  • ジプシー・ミハエルの持つ水がもたらすヒトラーの秘密の話、戦艦大和の持衰の話、津山三十人殺しの話等。それぞれがとてもリアル。

  • 安江大佐…登場シーンからしてキュート

全12件中 1 - 10件を表示

大塚英志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大塚 英志
有効な右矢印 無効な右矢印

木島日記 (2) (ニュータイプ100%コミックス)はこんなマンガです

木島日記 (2) (ニュータイプ100%コミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木島日記 (2) (ニュータイプ100%コミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする