おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)

  • 133人登録
  • 3.40評価
    • (5)
    • (13)
    • (22)
    • (5)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : ミズノ内木
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048545174

おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 学生さんばかりの短編集。
    むっつり攻めはあまり好みではないので、表題作が一番好きかなあ。
    基本どの話も両思いのハッピーエンドなので、都合いいっちゃ都合いいのですけれど、同じ都合がいいのだったら付き合いが長い幼なじみが一番しっくりくる気がします。

    ミズノさん、好きで結構読んでいますが、どれも読みやすくて読後感は非常にいいのですけれど、逆に読んだ後にあまり残らないのも正直なところ。
    良くも悪くも毒がないと思います。
    短編しか読んだ事がないので、長編描かれたらどういう話になるんだろう。
    いつか読んでみたいです。
    だからこそ、ほんわか読めるのですが。

  • 体育会系男子×文系男子

  • 短編集。どれももうちょっとじっくり読んでみたかったかな~

  • おさななじみの圭ちゃんが帰省するたび一度だけキスをする。それを特別だと思っていたのは、俺だけだったのか? せつない初恋物語。

  • サーファーさんのお話が好きです。

  • 最近凄く好きなミズノさん。 この一冊もかなり好みだった(*´Д`)

    表題作は、5年間で7回キスをしてきた年上の幼なじみに理由を聞きたいけど、いつも何もなかったように振る舞われて聞けない…という話。 攻めは年上なので必死に気持ちを隠してきて「我慢が効かない時にうっかり行動に出ていた」という、特に変哲もない話なんだけど。
    ミズノさんは台詞回しがスゴい的確で、ストレートな部分が私の心をぐわんぐわん揺さぶる(笑) 土手っぷちで勢いに任せて青カン(初めてなのに…)しちゃった後の2人が可愛い過ぎた!

    他にもボート部やサーファー、図書委員など、設定や作画に変化の努力が垣間見えて凄く好きな作家さん。
    特に図書委員のショート連作は、高校生ならではの「身体からなし崩し」的な強引さが良かった♪ 言動が端的過ぎる攻めが、実はかなり受けを愛しちゃってる雰囲気が伝わって、最後はニヤニヤしてしまった…(* ̄∀ ̄)

  • 受けの子がかわいいよう。登場人物にワンコ系が多くて好き。

  • ☆4+
    連作のがやっぱいい。表題と図書室の。

  • 優しかった幼馴染みとだんだん距離が空いていって、それを悲しいと思うよりもあきらめの方が強い。みたいな感じがすっごく好きだった。
    自分がだんだん育って大きくなって、かわいくなくなったから距離を置かれたんだなと、痛い胸に手を当てながら諦めようと頑張って、でもできなくてー。みたいなのがすっごく好物でした。
    でも最初がアオカンってどうかな。せっかくの雰囲気が台無しじゃないのっ!!もったいない。

    同時収録作、全部好みだった。

全9件中 1 - 9件を表示

ミズノ内木の作品

おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おさななじみの、 (あすかコミックスCL-DX)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする