僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)

  • 53人登録
  • 3.33評価
    • (1)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 師走トオル
制作 : 八宝備仁 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年5月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048651318

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 電撃文庫のキャラクターが『電撃文庫ファイティングクライマックス』をプレイしている様子は何とも違和感が。又、一応ストⅣでそれなりの立ち回りができていたはずの岸嶺がこちらでは素人同然の動きになっていたのは、作品が違うから?

    本編の大部分を占めるのはLoLについて。そうか、LoLって5人チーム制だからJBGCの対象に含まれないのか。でも近年のゲーム業界の変遷を扱うなら避けては通れない作品ではあるか
    LoLの大会では再び<宵闇の魔術師>達と闘うことに。前巻では岸嶺の活躍によって<宵闇の魔術師>を翻弄していたし、今回も中盤までは岸嶺達が押していたようだけど、流石に何度も上級者チームを倒すことは出来ないのか。そういえば大会で岸嶺が悔しい形で負けるのは第一巻以来だっけ?
    ストⅣで白滝に負けた時は猛特訓の末に勝利を掴み返した岸峰。権田原からの助言を元にどう巻き返していくのだろうか?

  • このシリーズ、作中で出るゲームを無性にやりたくなるのが常だったんだが、今回は思わなかったなぁ。
    聞いたこともないジャンルのゲームだったせいだろうか。

    でもまあいつもの平常運転。
    中級者になって難しいところが見え始めた、といったところなのかな?

    今後のどうやって成長させるか、その方法に期待。

  • 口絵での男女格差が酷い(笑)いや、ゲームの仕様上間違ってないんだろうけどさ。まぁ男のむさ苦しい絵を前面に出されてもそれはそれでよろしくないのか(← 今回は電撃の格闘とMOBAと呼ばれるジャンルのLoL。前者はともかく、後者は聞いたこともなかったゲームなので新鮮でした。実際やるのは難しそうだけど。リーマンチームはまがりなりにもプロを目指す面子が集まってるから面目躍如といったところか。上級者の壁にぶち当たった岸嶺君の成長に期待しつつ、今回はあまり目立たなかったヒロインズへのスポットもお願いします。

全3件中 1 - 3件を表示

師走トオルの作品一覧

師走トオルの作品ランキング・新刊情報

僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)の作品紹介

秋葉原のゲーセンで遊んでいたことが父にバレてしまい、ゲーム禁止を言い渡された天道。彼女の父を説得するため、岸嶺たちは、ユーザー数世界一のゲーム『League of Legends』の大会に挑む!

僕と彼女のゲーム戦争 (8) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする