猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)

  • 66人登録
  • 2.82評価
    • (1)
    • (1)
    • (11)
    • (2)
    • (2)
  • 6レビュー
著者 : 奇水
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048651325

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)の感想・レビュー・書評

  • 猫ものも多いなあ~
    これもシリーズになりそうな感じ。でも、微妙だなあ。

  • 語り手は中学生の女の子なんだけど、それ以上に猫立が活躍する話。集会を開く猫。人型に化けて喋る猫。普通の猫と盛りだくさん。

    主人公・沙由実とタッグを組む祈ちゃんがなかなかの良キャラ。ツンデレクール美少女。
    この二人の他にもう一人、喫茶店のマスター橘(イケメン)が三種の神器を持つ「猫の手」として猫たちと一緒に事件を解決していく。
    中学生が主役なだけあり、一つ一つの事件は規模があまり大きくなく、ゆったりと読み進められました。
    イケメン好きとしては、橘さんの活躍をもう少し見たい。
    沙由実のお兄さんは最後まで謎だったw

  • 現代ほっこりファンタジー。
    タイトルの「怪屋敷」に期待してしまうとがっかり。
    登場人物全員が薄いと思うのは、
    自分が中学生に感情移入できる年ではなくなってしまったからか。(成人も登場しますが)
    ローティーン向けのレーベルで出したら受けるかもしれない。

  • 読み終わりました!

    猫好きには、たまらにゃい一冊です♡
    ほんわかしてますね。。

    逆に、ほんわかしてるから
    読むのもゆっくり目になってしまいました!

    猫のペースにハマるという不思議な感覚。。苦笑



    でも後半になってくると、
    続きが気になってどんどん読み進み………笑




    猫が喋る……
    何だか夏目友人帳のニャンコ先生みたいです(笑)


    最後のあとがきを読んだら、
    なんと続きがあるみたい。。

    いつか出るのを楽しみに待っています(〃^^〃)

  • なんだか、一冊かかって序章という印象。前作ほどノリで進める作品ではないと思うが、それでも勢いに頼った作品であるような。続きものんびり期待。

    誤植
    P50L11[伊緒奈]→[沙由美]
    P190L8会話文終わり[」]抜け

  • 【猫には猫の、世界がある――かも? 不思議でとぼけた猫たちのエブリディ・ファンタジー。】

     上月沙由美は中学生の女の子。家族は普通の両親と、ちょっと変な兄。そして十年以上生きている三毛猫の伊緒奈。
     ある雨の降りそうな夕方、沙由美は姿の見えない伊緒奈を探すうちに、不思議な場所へと迷いこんでしまう。
     そこにいたのは、見たこともない巨大な猫と、言葉を喋る猫の群れだった。
     その集まりの名は“猫集会”。
     年経た猫は化ける――そして「猫の手」に任命した人間に、町の噂話を調べさせるのだという。
     沙由実もまた、伊緒奈と一緒に「猫の手」として仕事をすることになり……不思議な猫たちの世界に迷い込んだ少女の、ご近所冒険譚。

全6件中 1 - 6件を表示

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)はこんな本です

猫とわたしと三丁目の怪屋敷 (メディアワークス文庫)のKindle版

ツイートする