最高の彼氏 (B-PRINCE文庫)

  • 38人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (6)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 川琴ゆい華
制作 : 鈴倉温 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年11月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048654791

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

最高の彼氏 (B-PRINCE文庫)の感想・レビュー・書評

  • レンタル彼氏×味覚障害のデザイナー。
    川琴センセらしい安定のちょっぴり切ない甘々ラブストーリーでした。
    女友達は12人もいるのに誰とも本気になれず、プロダクトデザイナーとしての才能に恵まれ何不自由ない生活を送っているのに愛には恵まれていない侑陽が主人公です。
    愛する人がほしくて、あれこれ努力している一生懸命な侑陽なのですが、両親からの愛情が希薄だったために根本的なところで愛を得るための方法がわかってないんです。
    接触恐怖は、愛に飢えてるのに失った時のことまで考えてしまう恐怖心からの拒絶反応で、味覚障害はストレスから起こってしまったのかなと想像させられます。
    でも、本人はとても明るくて前向きでかわいくて、誰からも好かれそうな性格なんですよね。モテを伝授してもらおうとレンタル彼氏を部屋に呼んでしまう怖いもの知らずなところも、侑陽なら仕方ないな~と思わせます。

    呼ばれてやって来た流星は、お客にはソツなく、でも好きな相手にはとことん尽くす男という感じで好青年というのがぴったり。
    そんな二人が擬似デートを重ねるうちにだんだん本気になってしまって…という王道展開でした。
    …いろいろ、ツッコミどころは満載でしたね~
    センセの作品にはいつも非常にクセのあるキャラが登場するのが恒例?ですが、今回はちょっとそのあたりが弱かったかも。

    レンタル彼氏はお金で買えるけど、彼の気持ちはお金では買えないことを身をもって知り、好きだという気持ちを伝えようと生まれて初めて自分から行動した侑陽のがんばりにキュンとしました。でも虚弱体質だから、なんか危なっかしい!思わず守ってあげたくなります…
    きっと流星もそこらへんにほだされたんだろうな~
    しかも流星、すごくオカンで笑いました。料理上手で気も利いて、本当に面倒見がいい!!
    侑陽がルカちゃんにヤキモチ焼いたのがきっかけで、やっと本心を伝えることができたのはいい場面だったけど、盛り上がるシーンがそこだけでちょっともの足りなかったです。
    芹口がもっと拘わってくるんじゃないかと期待してたんですが…残念。

    ヤマ場はそこそこでしたが、エロ的にはしっかりサービスされていて楽しく読めました!

  • 今までこういう感じのBLに偏見があつたけど、考えを改めた。
    予想以上にちゃんとしてたしその上で面白かった。テンプレ設定でもなかったし…
    「ちゃんと恋愛しろ」っていうアドバイス、むしろBLでは珍しいのでは…

  • 確かに、突っ込みどころが多い。笑

    あま〜くて、優しい、可愛いお話。
    嫌な人も出てきません。
    前半の攻めの人のイケメンぷりがとても良かったのだけど、後半なんだかそれが崩れてきて、個人的には残念だった。
    スパダリのままでいて欲しいというか…

    あと、受けの人が触られたくないけど、攻めになら触られても…の垣根が低すぎる気がした。
    いい人で、優しくて落ち着くから触ってもいいの???みたいな。

    全体的には読みやすい文体で、可愛いかったです。



    あ、表紙とかカラーは素敵だけど
    白黒になるとなんだか雰囲気が違って「??」となりました。

  • レンタル彼氏×寂しがり屋デザイナー

全4件中 1 - 4件を表示

最高の彼氏 (B-PRINCE文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

最高の彼氏 (B-PRINCE文庫)の作品紹介

プロのモテ技を盗むはずが、恋の虜に!?

「二時間で僕を誑かしてみせてよ」
プロ彼氏の持つモテ技を盗もうと、レンタル彼氏を部屋に呼んだ侑陽。やってきたレンタル彼氏・流星は、客が男だということにも動じずに、膝抱っこして触れてきて!?
その後も何かと気遣っては、侑陽のもとにやってくる流星。でも、流星のこの行動は、「仕事だから」? それとも「好きだから」…?
相手の気持ちが分からなくて怖くて、でも甘くて幸せなピュアラブストーリーv

最高の彼氏 (B-PRINCE文庫)のKindle版

ツイートする