ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)

  • 89人登録
  • 3.90評価
    • (7)
    • (13)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 三雲岳斗
制作 : マニャ子 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (312ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655033

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 検査薬とか反応とはまずもって狙ってやっているよね。
    最後まで引っ張るとか思わなかったし、
    抑止アイテムも絶対その指でなくてもよかろ?と思うけど。
    明らかに狙っているからねぇ。

    最後も近いか?

  • カインの巫女と聖殲の決着回。

    ここ何巻かに渡って伏線を張り煽られてきた聖殲だけど、期待の割にはスペクタクル度が足らなかったかなあ。
    聖殲の完全開放じゃなかったし。
    でもラストの引きから考えるともしかしてそれは次巻にあるのかな?

    むしろ今回は雪菜の体調不良の方に注意が行ってしまった。
    割と唐突な感じだったけど、すわ!古城に血を吸われすぎてとうとう吸血鬼化したのかと思ったのだけど、違った。
    でも、結果的には似たようなもんになっちゃったけど(笑)
    いや、でもあの指輪、量産すれば浅葱も紗矢華も夏音も簡単に眷属にできるわけで、これで古城ハーレムミレニアム誕生だよ、万歳!(爆)

    それにしてもいつもながら浅葱さんが報われないなあ。
    いっそ、本当にアイドルデビューしちゃえばイイのに。
    口絵のアイドル姿がめちゃ可愛いです。

    さて、あとがきによれば次巻で一区切りだそうですが、第一部ってなんだよ⁉︎
    14巻も書いといてまだ一部なのか?
    三雲さんやり過ぎ(笑)
    確かに登場してない真祖とかもいるし、いくらでも物語自体は続けられそうだけどね。

    次巻ではバトラーとの決着がつくのかな?
    思いっきりスペクタクルな展開を期待する。

  • それでも彼らは理解していた。
    この人工の島で、なにかが起ころうとしていることを。
    そして彼らの知らないところで、それに抗おうとしている者がいることを。
    (p248 「第四章 聖殲」)
      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    先の事件で絃神島を救った「美少女ハッカー」として、
    アイドルに祭り上げられる藍羽浅葱。
    しかしその裏には、他ならぬ人工島管理公社の策謀があった。

    「カインの巫女」を利用して、
    聖殲の再現をもくろむ人工島の長老たち。

    しかし事態は、複数の介入者によって
    彼らの制御下から離れて動き始める。

    人工島・絃神島は、カイン復活のための祭壇に過ぎないのか―?

      ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

    インフレどんと来いなスケール感!
    「最強の吸血鬼」の物語もいよいよ佳境の14巻です。

    咎神カインと彼が引き起こした「聖殲」…
    そして、それらに対抗するための第四真祖。
    物語を彩る謎も、核心へと近づいていきますね。


    いっぽうバトルシーンは相変わらずのインフレっぷり!
    またもや眷獣総進撃です。

    それにしても、
    ここんとこ敵が(味方も?)キャンセル能力ばっかりなのは気になります。
    「最強」モノの定めとは言え…むぅ。



    以下、ややネタバレになります。


    この14巻で
    聖殲⇔第四真祖という対抗関係が明らかになりましたが…

    そうなると古城がグレンダ経由で
    カインの「情報」を吸っていることが
    今後重要さを持ってくるのかなぁ、と思ったり思わなかったり。
     それではっ

  • 浅葱の時代が遂にやってきたかと思いきや、
    全部雪菜にもっていかれた。
    たまには、ええ思いしてもええと思うねんけどな。

  • 今までのよくわからんかったことを回収する巻でした。テンポ良く読めました。

  • いろいろ楽しみどころ満載のシリーズなのですが、少し話も収斂してきています。出来ればもう少し続いて欲しいのですが。

  • 浅葱さんがアイドルデビューだってよ、やったね!…と予想通り事は上手く運ばないもので。せっかくの囚われの姫ポジションだったのに正妻がマジの意味で正妻になりそうな雪菜嬢にもってかれていつもの浅葱さんでしたとさ。そんなこの作品も次でひと段落らしい。どうまとめていくか楽しみ。そして浅葱さんのポジションはどう変化していくのか。…変化は難しいかぁ(苦笑)

全7件中 1 - 7件を表示

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)の作品紹介

"聖殲"発動! 囚われた浅葱! そして雪菜の身体に異変が!
物語はクライマックスへ突入!!

『タルタロスの薔薇』事件で絃神島を救った浅葱は、絃神島復興のシンボルとしてローカルアイドル活動をやらされる羽目になる。だがそれは浅葱を幽閉した事実を隠蔽するための、人工島管理公社の謀略だった。それを知った古城と雪菜は、浅葱を救出するためにキーストーンゲート第零層へと潜入する。しかし度重なる戦闘によって、そのとき雪菜の身体にはある異変が起きていた。
絃神島に秘められた"聖殲"の真実と、雪霞狼に隠された秘密。そして雪菜の決断とは――
世界最強の吸血鬼が、常夏の人工島で繰り広げる学園アクションファンタジー、待望の第十四弾!

ストライク・ザ・ブラッド (14) 黄金の日々 (電撃文庫)のKindle版

ツイートする