黄昏街の殺さない暗殺者 (電撃文庫)

  • 44人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 寺田海月
制作 : 柏井 
  • KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2015年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048655859

黄昏街の殺さない暗殺者 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文句のつけようのない面白さだった。まず、キャラクターの描き方が素晴らしい、ヒロインの周囲への振る舞い方に対する天性の才能のようなものを、見事な描写で表現しきっている。
    ストーリーについても、行き当たりばったりな感はあるものの伏線などが上手く使われていて、1巻完結にしては合格点だろう。後半からいままで脇役だったメイドが一気にメインの登場人物になる転回も面白く、メイドに対するヒロインの振る舞いがまた、胸を熱くさせる出来。
    終始見どころがあってあきさせない作品だった。

  • クッキー馬鹿という設定が綺麗に最後に効いていた。ちょっと主人公が万能過ぎて、緊張感のない雑な挿絵と相まって、どうも盛り上がりに欠けた感じ。色々と解決したけど、あの生活水準は保っていけないと思うのだけれど。そしてなぜルフィナ絵がないのか。

全2件中 1 - 2件を表示

黄昏街の殺さない暗殺者 (電撃文庫)の作品紹介

汚れを知らぬ貴族令嬢と、闇に生きる暗殺者。
「菓子」と「死」が彩る、とある国での物語。

裏社会では名の知れた殺し屋・レヴンは、貴族の文化である「菓子」を市民に広めようとし、自ら店を切り盛りする巷では話題の貴族令嬢・カミーリアから、ある依頼をされる。それは「傍にいて、誰も殺すな」という、奇妙な内容だった。陽の下を生きてきたお嬢様と、闇の世界を這いずってきた暗殺者。死を与える者と、生の笑顔を与える者。まったく別の生き方をしてきた二人は、時に対立しながらも日々を過ごす。
しかし、その裏では国を揺るがす巨大な陰謀が蠢いていた――。

黄昏街の殺さない暗殺者 (電撃文庫)はこんな本です

ツイートする