ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)

  • 791人登録
  • 4.03評価
    • (66)
    • (93)
    • (46)
    • (2)
    • (3)
  • 42レビュー
著者 : 川原礫
制作 : abec 
  • アスキー・メディアワークス (2013年12月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784048661638

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • 新しいエピソードでまたこの世界を楽しめるという点が売り、相変わらず主人公がひたすら有利な安心感(笑)。ただ、前の話をなぞるだけでなく、NPCの謎など上手く話を組み立てて次に繋げている。

  • SAO本編との矛盾に突っ込んだら負けなんだろうな。いや、面白いのでいいんですけど。
    あとがきにもあるように駆け足気味だった後半部分が惜しい! また出てくるんだよね、キズメルさん?
    この刊行ペースでどこまで行けるのか…まぁダレない程度に長く続けてもらいたいシリーズです。

  • キリトとアスナのコンビ、板についてきたな。
    それにAI NPCが絡んで、リズムが出てきた。
    後半の諍いネタはドロドロするな。この感覚は嫌な感じがする。

  •  パラレル・ワールド的外伝2巻目はアインクラッド三層攻略譚。

     そもそも、キリトの背景事情として存在していた孤独なビーターといったアウトロー気質が、初っ端からのアスナの存在でほぼ消失してしまった。
     少なくとも、本シリーズ読破開始の初手で感じた、ゲーム内にも関わらずゲームリタイアが死亡に繋がるという点、これで生まれる生き残りたいという切実な想いが、私がSAOに惹かれた要素であるが、これが大きく減殺された感じ。
     上手く例を挙げられないが、描写に感じていた、ひりひりとした緊張感がなくなったような気がする。

  • 第3層の話。
    このあたりからオリジナル版では全く描かれなかった部分なので、ほぼオリジナル。

    NPCなはずの黒エルフなキズメルのキャラ立ちが良すぎてキズメルがメインに。
    関わっているクエストも少し上の階層まで続くものなので、今後もキズメルは出てきそうな感じ。

  • アインクラッドを段階的に登っていく話.
    今回は第3層.
    負けイベントだと思って突撃したイベントで
    相手を倒しちゃった.
    あれ? 倒せるの?
    そんな感じで.

    黒エルフのおねいさん素敵です.
    あとなんかお風呂成分多いね.

    ベータ版とはどう考えても性能が違いすぎる一部NPC.
    これは単なるアップグレードなのか,
    それともこの頃からキリト氏の主人公特性的なアレで
    イレギュラーを呼び寄せているのか.

    私,気になります!

  • あいかわらずの一気読みでした。

  • 完結した最初のシリーズエピソードをやや設定を変えて焼きなおしという本編の補足というより矛盾する内容の別シリーズ。細かい部分は気にしない事にして、結構気に入ってます。ただ、エルフNPCのキズメルがメイン過ぎて、他のキャラが薄い。と言うより、新登場人物が少ない。焼き直しだから仕方ないか・・むしろ引っ張られて本編と完全に違ってしまっても面白いかな。まだ三層突破だけど、百層まで続けていいんじゃない?そのままアスナとのコンビ継続で(^.^)

  • NPC ギズメルとの邂逅をキッカケにしたSAOに対する意識の変化、アスナとのイチャイチャ、そしてまず間違いなくあの男なのだろうモルテとの初対決などなど1巻との矛盾を気にしなければRPG小説としてはきっちり面白かったんだが終盤あれだけ端折ってやっと3層クリアってがなあ。

    このペースでやってると途中端折ったとしても最低30年はかかりそうなんですが……。

  • 登録番号:10895 分類番号:913.6 カ(2)

  • SAOの世界を1層から書かれたプログレッシブの第2巻。
    今回は3層の攻略編。

    1巻を読んだとき本編と整合性が微妙にとれてなくて正直これを読むか読まないか迷っていましたが、好きな作者でアリシゼーションシリーズがちょっと合わなかったんでこちらを読もうという流れで買いました。
    アインクラッド編と別物語と思って読むとなかなか楽しめました!
    というより、バトルシーンの読みあいはやはりこの作品(作者)の持ち味なのでそこはホントに面白かったですね!

    懸念はやはりこのペースで巻を重ねて最後まで書けるのかが気になる。
    川原さんがアインクラッドに閉じ込めらるんじゃない(笑)

  • キリトが死なないのが分かっているので緊張感に欠ける。
    すこし飽きてきたかも。

  • アインクラッド攻略第二巻。
    ストーリーの内容云々より、これほんとに100層目指して書いてくの!?っていうスピード(°o° ;)
    戦闘はデュエルくらいしかなくて拍子抜けかも。
    それにしても、ここまでアスナさんと関わり持ってたんすね 笑

  • 5月2日読了。図書館。3層のクエスト。

  • もはやキリトさんパねえっすとしか。

  • やはり小説を家で読むのは時間がかかるな。こう言うときは電車通勤の時の方が読みやすかったwで、内容的には3階層攻略の話。本当にこの調子で1階層1巻やっていくのかな?キズメルも上の回まで続くキャンペーンのキャラで登場したし色んな所で登場しそうだね。年1冊ペースくらいだから続きも気長に待とう♪

  • 取りあえずお風呂。風呂(笑)。

  • 別に読めないほどツマラナイわけではないのだけど、どう頑張っても整合性が取れるわけないのに中途半端にリンクしようとしてるところが出来の良い二次創作を読んでいるような気分にさせられる。
    テーマとして書きたいものがあるのはわかるが、それなら新作でやってほしいという思いもある。
    終盤のプロット垂れ流しのような穴埋めには苦笑。全体的にテキトーになってないか?

  • SAOにはこういう、ストレートで読みやすい展開を期待しているんだなと実感。
    NPCであるキズメルとの、本来はAIである彼女に感じる心との交流とか。
    アリシゼーションがおもしろくないわけじゃないけど、なんだか期待しているものと違うらしい……

  • 攻略が進み、キリトたちは3層へ。
    今まで語られなかった各層の空白部分が少しづつ、だけど確実に埋められていく感じがとても良い。

  • これは、ソードアート・オンラインであってソードアート・オンラインではない。

    若干、無印SAOの残滓に引き摺られそうになりますが、
    完全に別の世界線。いっそ2次創作くらいの心構えで楽しむのが一番。
    無印SAOの人間関係のイメージは完全にリセットして読むべし…
    ってわかっててもちょっと引き摺られちゃうのはしゃーないよね…ファンとして。

    さて、今回は第三層から始まるキャンペーンイベント《翡翠の秘鍵》に纏わるお話。
    プログレッシブ001の時の様に短編がくっついてたりせずそのまま一冊三層のお話でした。

    そして新キャラとしましては、プレイヤーではなくNPCのダークエルフキズメルが登場。
    ユイより前にAIに触れる形になるお話ですね。
    ここでAIのお話を掘り下げちゃうと、原作(?)との差異について言及する流れになるので割愛しますが、
    AIとしての彼女を今後どう扱っていくのかって言うのも、
    AI萌えの自分としては注目かつ楽しみな部分であります。

    そんなことよりも!

    NPCに対してもラノベ主人公スキルを発動させるキリトさんマジぱねえっす。
    さすがにキズメルNPCだからそうゆう感情の動きは見られないけど、
    だからこそ怒られずにラッキースケベとかマジ爆発しろって話で、
    無駄にアスナのお叱りを受ければいいのに。

    そしてお風呂シーンのサービスカットですが、
    キズメルの肢体の美しさはおいといて、キリトさんの生っチョロさに目を奪われてしまった…。
    なんであんなに華奢なんってwもうすでに病弱ボディに見えるんですがw

    それにしても凄いですよね川原礫は。
    読んでるだけの人間でも前のSAOにひっぱられちゃうのに、
    自分が作り上げた物語を白紙に戻して書き上げてるわけですよね。
    それでちゃんと面白いもん。
    鍛冶屋での武器制作の話とか、
    キズメルの妹の話とか、
    細かい話もちゃんと手抜きせず入れてってるし、
    なんかこう、やっぱりワクワクするんですよねえ…
    すげーなー。ホントに100層までやるのかなコレ。

    本編とは別にして、これもすげえ楽しみだな今後。

  • MMORPGやりたくなる。。

  • ソードアート・オンラインのゲームらしさを、キリトのベータ時代の知識やゲームセオリーから導き出される効率厨っぷりがうまく描いてくれているので、デスゲームでなければSAOプレイしてみたくなる。
    それと同時にゲームらしくない部分もあちこちにばらまかれていて、そこから作中のSAO、茅場晶彦、ひいてはこのソードアート・オンラインという作品自体の特徴も浮き彫りになるのが面白い

  •  『2013年 12月 10日 初版 発行』版、読了。


     文体はあいかわらず読みやすく、分厚い印象のあるページ数ではありますが、読み始めればスラスラ読み進められました☆


     今回はSAOの3層でのお話。あとNPCさんであるキズメルさんの物語でもあったり。予期せぬ展開に内心あわあわしながら、それでも心の成長が伺えるキリト先生と、マイペースながらもSAOの仕組みに馴染みつつあるアスナが印象的でした(^-^;;

     とはいえ、終盤からのキリト先生の本鯖での初デュエルやギルドとの関係、キズメルとの別離など、今後が気になる展開でもあります。

     次回は4層のお話な様子。のんびりと刊行を待っておりまする。

  • SAOのプログレッシブ編は完全に別物と割り切っているので、今回は読もうか悩んだが結局惰性で読んでしまった。
    舞台は第三層。キャンペーンクエストで出会ったNPC「キズメル」と共にクエストを進めていくのが大筋ではあるが、今後の展開に大きな影響を与えるであろう新キャラの登場もあり、ゲーム内のモンスターや三層ボスキャラなどよりも人間を相手にキリトが苦戦している姿が興味深い。

    作者もあとがきで言っている通り、前半はのんびり進んでいたわりに後半は駆け足になってしまった感じ。最後までぐいぐい読ませるのがこの作者の特徴とはいえ、これは駆け足過ぎるだろう、とアンバランスさが気になった。

全42件中 1 - 25件を表示

川原礫の作品一覧

川原礫の作品ランキング・新刊情報

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)の作品紹介

アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した"ビーター"のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。森の中で戦う二種族のエルフの騎士たち。そのどちらかに加勢することで、クエストは開始される。"ベータテスト"時は必ず相討ちになっていた二人のNPCだが、キリトたちは黒エルフの女性騎士"キズメル"を生き残らせることになぜか成功してしまう。ベータ時との違いに戸惑いながらも、NPCであるキズメルと交流を深める二人。一方、他プレイヤーたちによって、ついに第三層初の"攻略会議"も開催される。そしてその会議の場で、キリトとアスナは、ひとつの重大な選択を迫られる…。

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)のKindle版

ツイートする